IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.05.21

顔認証システム「天網」にみる中国の深謀遠慮
IoT時代、<AI監視カメラの役割>が変わる

BY

2020年には中国全土を100%カバーする「天網」

「天網」とは、顔認証システムを活用して、動くもの(例:人間やクルマ)を追跡・判別する監視カメラと、中国国民のデータベース(間違いなく海外からの入国者も含まれる)が連動したAIネットワークシステムである。

 前回の連載記事でもご紹介した通り、この「天網」の摩訶不思議な存在感と、Ofo(オッフォ)、MoBike(モバイク)に代表されるシェア自転車の洪水が現在の中国の大都市の二大風物詩になっていると言っても過言ではないだろう。

【参照記事】中国シェア自転車ビジネスが示す勝利の方程式
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52771

「天網」は2000年代から、まず地方都市で試験的に導入され始めた。

 2012年には首都・北京でも本格的な運用がスタートし、早くも2015年には農村部を除く中国全土の全都市が100%カバーされた、と中国政府から発表された。

 2017年時点で、中国には1億7000万台の監視カメラとネットワークが構築されているという。

 それが決して誇張された数字でないことは、実際に中国の都市を歩いてみると実感できる。

 写真は、上海を代表する目抜き通りのひとつ、淮海中路(ワイハイチュンルー)の街頭風景だが、まず信号機の数よりも街頭監視カメラの台数の方がはるかに多いことに驚かされる。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

話題の統一QR「JPQR」の実際をローンチ初日の和歌山で見てきた:モバイル決済最前線
USB充電にも対応の進化した学習型IoTアルコールガジェット「TISPY2」
アクセルラボ、不動産会社と入居者が使用できるプラットフォーム「SpaceCore」
遠隔地と“窓”で繋がる新しいビデオ通話のかたち
ビッグデータやAIを活用してドライバー不足などの問題解決 セイノーHDが長崎に拠点開設へ
トークイベントにフリマも開催!「Engadget 夏祭り」イベントレポート
仮想通貨やIoTに留まらないブロックチェーンの活用法【8/26セッション観覧募集中】
中小企業のクラウド活用を促進する日本商工会議所の思惑
なぜ「5G」がバブル気味の盛り上がりを見せるようになったのか
IoT・AI技術にまつわるオープンイノベーション最前線を知る【8/26セッション観覧募集中】
本当に使えるビッグデータはどこにあるのか?-倶楽部情報局
IoT機器の見守り駆けつけサービス「IoT Saver」
ロシアNo.1キャリアのビッグデータ活用術「340万人の批判者を原因別に分類」
名機「PC-8001」発売40周年~LAVIE記念モデルよりもミニチュア版に注目?! ほか【中島由弘の「いま知っておくべき5つのニュース」2019/8/1~8/8】
5Gは産業用イーサを代替する――「真のURLLC」へ、さらに進化する5G
アップル子会社のクラリスが“復活”して狙う「新たな市場」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。