Appleのスマートスピーカー「HomePod」は何が違う?

遅れたSiri搭載AIスピーカーは巻き返しを図れるか

IoT Today/2018.1.30

いいね ツイートする

2018年1月23日(現地時間)、米Appleは同社のAIアシスタント「Siri」を搭載したスマートスピーカー「HomePod」を2月9日よりアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売すると発表した。1月26日より予約受付を開始しており、フランス、ドイツでも今春発売予定。残念ながら、現状日本での発売時期は未定だ。

昨年6月の時点では2017年12月発売と発表されていたが、延期となっていたHomePod。発売を待ち望んでいたAppleファンも多いのではないだろうか。

ウェイクワード(スマートスピーカーを起動させるための言葉)はもちろん「Hey Siri」。最新のニュースや天気などを教えてくれる他、リマインダーを設定したりメッセージを送ったり、ハンズフリー通話、スマート家電の操作にも対応するとのこと。一般的なスマートスピーカーでできることは一通りできると思って良さそうだ。

だが、そもそもHomePodの頭脳となるSiriは、音声アシスタントとして後発のAmazon AlexaやGoogleアシスタントに一歩及ばない、と言われるようになって久しい。シェア争いが激化するスマートスピーカー市場に後れて参入する以上、既存のスマートスピーカーにはない魅力を提示できない限り、独走するAmazonはおろかGoogleやMicrosoftと並ぶことも難しいだろう。

ただでさえ、HomePodは349ドル(約3万9千円)というスマートスピーカーとしてはかなり強気な価格設定となっている。当然、他とは違う魅力を用意しているはずだ。

既存のスマートスピーカーとの違いや、日本で発売された際に既存製品と渡り合っていけるのかを見てみよう。