IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2018.01.17

日本製“世話焼き”音声認識AIは掃除機から始まった
「空気を読む」日本語対話で海外製に立ち向かう

BY

2017年後半から一躍脚光を浴びているスマートスピーカー(AIスピーカー)。そして、スマートスピーカーに搭載されている音声認識AIアシスタント(以下、音声アシスタント)。むしろ、トレンドの肝となるのはこちらと言える。スピーカーを皮切りに、音声アシスタントは様々な家電製品に搭載されようとしているのだ。

1月9日から12日にかけて米国ラスベガスで開催されたCES 2018でも、音声アシスタント搭載のデバイスが多数発表された。しかしそれらに搭載されている音声アシスタントはほとんどがAmazonのAlexa、もしくはGoogleアシスタント。つまり、海外産の人工知能である。

「スマートスピーカー」という言葉は国内でも着々と知名度を高めているが、実際のところまだ日本での購入者は多いとは言えない。言い換えれば、日本でのスマートスピーカーや音声アシスタントのシェア争いはまだ始まったばかり。日本産の音声アシスタントがAlexaやGoogleアシスタントを抜き去り、国内シェア1位を取る可能性はまだゼロではないだろう。

前回の記事では、日本産の音声アシスタントの例として、NTTドコモの「しゃべってコンシェル」とヤフーの「Yahoo!音声アシスト」を取り上げた。どちらもまだ、単純に「アシスタント」という道具として見た場合、完成度はAmazonのAlexaやGoogleアシスタントには及ばない。しかしそれぞれに歴史と強みがあり、今後国内シェアを伸ばしていく可能性は十分にある、と結論付けた。

今回は、前出の2つに比べて少々異質な音声アシスタントを紹介する。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

日本企業を「ノキアの二の舞」にしないためにできることは?

積極的な取り組みが相次ぐ「MaaS」で日本の移動は本当に変わるのか:佐野正弘のITトレンドウォッチ

IDC Japan、国内でIoT事業を手掛ける企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第20回)単三で20年の電池寿命、最大150kbpsのIoTアプリ向けネットワーク「Milli 5」【ネット新技術】

DHT、IoTシステムの保守や連携検証などを行える月額制のマネージドサービス

製造業におけるERP-MES-FA間の「垂直統合」、代替できない“あの業務”がカギとなる

マウスコンピューター、IoT製品「スマートホーム」を販売終了

「mouse スマートホーム」の製品販売が終了 サービスも2022年6月30日終了に

2024年にセルラーIoT接続デバイスが41億個に、鉱工業、自動車が主役

意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏

PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来

IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」

ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に

狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は

今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表

レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」

ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた

アマゾンと正面対決!ウォルマートの意外な秘策とは

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】

IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

日本企業を「ノキアの二の舞」にしないためにできることは?

積極的な取り組みが相次ぐ「MaaS」で日本の移動は本当に変わるのか:佐野正弘のITトレンドウォッチ

IDC Japan、国内でIoT事業を手掛ける企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第20回)単三で20年の電池寿命、最大150kbpsのIoTアプリ向けネットワーク「Milli 5」【ネット新技術】

DHT、IoTシステムの保守や連携検証などを行える月額制のマネージドサービス

製造業におけるERP-MES-FA間の「垂直統合」、代替できない“あの業務”がカギとなる

マウスコンピューター、IoT製品「スマートホーム」を販売終了

「mouse スマートホーム」の製品販売が終了 サービスも2022年6月30日終了に

2024年にセルラーIoT接続デバイスが41億個に、鉱工業、自動車が主役

意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏

PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来

IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」

ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に

狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は

今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表

レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」

ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた

アマゾンと正面対決!ウォルマートの意外な秘策とは

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】

IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集

IoTニュース

日本企業を「ノキアの二の舞」にしないためにできることは?
積極的な取り組みが相次ぐ「MaaS」で日本の移動は本当に変わるのか:佐野正弘のITトレンドウォッチ
IDC Japan、国内でIoT事業を手掛ける企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第20回)単三で20年の電池寿命、最大150kbpsのIoTアプリ向けネットワーク「Milli 5」【ネット新技術】
DHT、IoTシステムの保守や連携検証などを行える月額制のマネージドサービス
製造業におけるERP-MES-FA間の「垂直統合」、代替できない“あの業務”がカギとなる
マウスコンピューター、IoT製品「スマートホーム」を販売終了
「mouse スマートホーム」の製品販売が終了 サービスも2022年6月30日終了に
2024年にセルラーIoT接続デバイスが41億個に、鉱工業、自動車が主役
意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏
PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。