IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.26

損保会社が注目するMomoの“ながら運転”防止デバイス
飲料メーカー、物流会社も採用を決めた低コストのIoTソリューション

BY

スマートフォンを操作しながらの行動は、歩行中であれ乗り物の運転中であれ、危険な行為である。先日はついに、スマホを操作しながら自転車に乗っていた女子大生がぶつかった歩行者を死なせてしまうという重大事故が起きてしまった。またクルマの場合は以前から事故の原因として運転手がスマートフォン操作をしていたなど、“ながら運転”であるケースが後を絶たない。実際、警察庁のデータによると平成23年と比較した平成28年は、事故件数全体が減っている中でスマホ等を使用中の事故件数は約1.6倍になっているという。

原付以上運転者(第1当事者)の交通事故件数と携帯電話使用等に係る交通事故の発生状況(平成23年以降) ※警察庁提供数字よりMomoにて作成

そんな社会問題化している“ながら運転”をなくす事業用車向けのIoTソリューションについて、IoTベンチャーのMomoが12月20日に発表会を開催した。発表会の席上では同社の代表取締役である大津真人氏によるプレゼンテーションを展開。その技術についての紹介が行われた。

Momo代表取締役 大津真人氏
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】
IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集
スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売
Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ
「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで
徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング
ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント
IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も
「IoT」はなぜガジェットを面白くしていないのか(佐野正弘)
NTT Com、IoT基盤「Things Cloud」がマルチLPWA接続に、LoRaWANとSigfoxに対応 | IT Leaders
長期利用すが必要なIoT機器の信頼性確保を支援、サイバートラストが新サービス「EM+PLS」
IoTプラットフォーム向け通信モジュールを開発

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。