IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.11.18

フェイクニュースはどこから来るのか
国内外で問題視され、流行語大賞にノミネートされたが

「フェイクニュース」という言葉を聞いたことはあるだろうか。読んで字のごとく「嘘のニュース」、デマ情報だ。欧米のニュースでは少し前から社会問題として取り上げられている単語だが、昨今国内でもこの単語をよく見聞きするようになってきた。

なぜ今、世界中で話題になっているのか、きっかけとなった出来事はあるのか。その辺りの事情も含め、本記事ではフェイクニュースについて解説していく。

まずは言葉の意味をもう少し詳しく見ておこう。朝日新聞社『知恵蔵』を見ると、フェイクニュースとは下記のように定義されている。

「虚偽の情報でつくられたニュースのこと。主にネット上で発信・拡散されるうその記事を指すが、誹謗(ひぼう)・中傷を目的にした個人発信の投稿などを含む場合もある」

つまり、ある程度社会的に認められているメディアが発信する情報でなくとも、またニュースの体裁がとられている記事でなくとも「フェイクニュース」たり得るというわけだ。

たとえ個人による何気ない十数文字のSNS投稿、写真一枚であっても、拡散されれば十分「フェイクニュース」になってしまう可能性はあるのだ(もちろん、誰が見ても明らかに「うそ」とわかるものは除く)。それを念頭に置いた上で、読み進めてみて欲しい。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

UQ mobile、家庭向けのIoTサービス「UQ×with HOME」を開始

KDDI、ヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化する「KDDI IoTクラウド ~Pocket GPS~」

富士フイルムと日本マイクロソフト、医療現場支援の実現に向けた協業を開始

416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測

スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い

IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破

「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も

中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方

これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供

IoTは誰のため

東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始

マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 

エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント

「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く

台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める

Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)

モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス

米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入

東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース

UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

UQ mobile、家庭向けのIoTサービス「UQ×with HOME」を開始

KDDI、ヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化する「KDDI IoTクラウド ~Pocket GPS~」

富士フイルムと日本マイクロソフト、医療現場支援の実現に向けた協業を開始

416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測

スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い

IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破

「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も

中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方

これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供

IoTは誰のため

東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始

マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 

エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント

「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く

台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める

Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)

モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス

米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入

東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース

UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

IoTニュース

UQ mobile、家庭向けのIoTサービス「UQ×with HOME」を開始
KDDI、ヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化する「KDDI IoTクラウド ~Pocket GPS~」
富士フイルムと日本マイクロソフト、医療現場支援の実現に向けた協業を開始
416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測
スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。