IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.07

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状
分裂騒動で見えてきた仮想通貨が抱えるリスクと普及に必要な条件

BY

ビットコインを支えるブロックチェーンの存在

「予測不能の値動きやトラブルを敬遠して、ビットコインに手が出せない状態でいるという人は少なくありません。ビットコイン価格の相場は常に揺れ動いています。今のところ、状況にまだ変化の兆しは見られません」

価値が変わり続ける通貨ーー。それは、ビットコインが誕生したばかりの未成熟な通貨であることを意味している。生みの親であるSatoshi Nakamotoがビットコインに関する論文を発表したのが、2008年10月31日のこと。論文を評価した人物たちによりブラッシュアップを重ね、2009年1月9日に、バージョン0.1がリリースされ、誰もがビットコインの取引きに参加できるようになった。

「これだけの短期間のうちにビットコインシステムが構築されたのは、それだけ仮想通貨に需要があったからだと考えられます。仮想通貨の利便性を支持する人や自国の通貨よりも安全だと思う人、値上がりに期待を抱く投資家が世界中にいたということです」(山岡氏)

しかし、2010年にはシステムの脆弱性が狙われ、1840億BTC(BTCはビットコインの単位)が偽造されるという事件が発生。その後も、ハッキング被害やビットコインの盗難など、数々のトラブルに見舞われた。しかし、ビットコインは衰退することなく、年々取引金額を増やし続けてきた。

「なぜ廃れることがなかったのかというと、ビットコインを支えるシステム、『ブロックチェーン』の存在があったためです。ブロックチェーンとは、簡単にいうと低コストで非常に高セキュリティな記録保存技術です。ブロックチェーンに残された記録は、書き換えや改ざんされる恐れがなく、半永久的に残されます。これまでたくさんのトラブルが起きましたが、それらはあくまでビットコインの取引所や、投資家間で起きた問題です。ビットコインそのものの信頼性にはまったく関係していないので、それを理解している投資家などの利用者たちが、変わらず支持し続けてきました」

山岡氏自身、このブロックチェーンの概念に期待を抱き、2015年からビットコインでの積み立て投資を開始した。読みは当たり、資産価値は年々上昇。50万円から始めた投資が今や数千万の資産価値を持つようになった。山岡氏のように、ビットコインの信頼性を理解した投資家たちが、見事、巨額の富を得たのだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査

スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査

スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ

IoTニュース

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充
マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders
IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ
5Gで「未来の工場」を実現、ドコモ・ノキア・オムロンが共同実験
エンジニア養成のジーズアカデミー、法人向けオープンイノベーション支援プログラム提供
レノボ、ハーフラックサイズのIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売
オープンソースのメッセージングシステムのNATSが2.0をリリース
球速や回転数などの投球データを計測できるIoTボール「Technical Pitch」
中小企業でもIoTで成果は出せますか?――中小企業こそ絶大効果
お酒が苦手な人はぜひ!安心してお酒が飲めるアルコールガジェット
IoTデバイスのリスクって何? アンチウイルスソフト「アバスト」が指摘するGPSトラッカーの落とし穴
プレート1枚で空中映像を実現するアスカネット、球形のスマホ用ディスプレーを公開
日野自動車とハコブが資本提携、オープンな物流情報プラットフォーム形成へ
日本発“IoT基盤”でファナックと日立の最強タッグが誕生か
IoT技適の新基準認定サービスをプレスタート、ビューローベリタスとセキュアイノベーション
エッジの先端技術を見せる、ET 2019も「ET×ET」で

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。