IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.06.26

人工衛星「みちびき」で米国頼みのGPS脱却なるか
衛星測位が「位置情報」を持つものにもたらす福音とは

BY

「みちびき」はGPSと互換性を持っており、GPSを補完・補強するように働くという。GPSのように世界中を回るわけではなく、日本のほぼ真上となる準天頂に位置する時間を長く取れる軌道を飛行させる。これによって、GPSの信号が届きにくい場所にもデータを届けやすくなる。

この「みちびき」による測位サービスの誤差は、少なくとも1メートル程度に、さらには国土地理院が設置している電子基準点などと併せることで、数〜数十センチにまで縮めるという。

なお、1基あたりが日本上空をカバーできるのは8時間となるため、24時間サービスを提供し続けるためには最低でも3基は必要になる計算だ。2011年9月の閣議において「4機体制を整備し、7機体制を目指す」ことが決定。また、2013年1月の「宇宙基本計画」においても重要な政策と位置付けられた。

アメリカのGPS衛星と併せて、常に安定測位が可能な機数を確保することを目指す。

 

年内に打ち上げが予定されている「みちびき3号機」(出典:qzss.go.jp)

「みちびき」は2010年の初号機に続き、2017年6月に2号機が打ち上げられ、衛星軌道へ投入。今後、2018年3月までに3、4号機を打ち上げ4基体制とし、2018年4月から測位データの提供を開始する予定だという。

内閣府によれば、この日本独自の衛星測位システムの導入により、2020年時点で年間2兆円以上の市場を創出できると見ているという。また、国内需要だけでなく、経度が近く日本と同じくGPSを利用している東アジアやオセアニアなど諸外国へのサービス提供も視野に入れているようだ。

「みちびき」の導入で我々の生活はどう変わるのか

では、「みちびき」による高精度な位置情報システムは、我々の生活にどのような変化を与えてくれるのか。

まず、自動運転の精度向上が見込める。これまで誤差の影響で捉えられなかった車線レベルの位置把握も実現するため、詳細な制御が可能となり、より高レベルな自動運転を実現できるだろう。

もちろん、タクシーやバスなど公共輸送車両の配車や運行管理にも効果が発揮される。

物流におけるセキュリティの向上にも寄与する。現在でも重要性の高い荷物にはGPSタグを使うことがあるが、高精度な位置情報システムを利用することでより詳細な位置を把握でき、万が一のトラブルの際にも追跡が容易になる。

また、歩行者ナビゲーションへの応用も考えられる。例えば、音声ガイダンス付きの歩行ナビアプリをスマートフォンに搭載しておくことで、視覚が不自由な人にも目的地が見つけやすくなるし、より安全なルートを案内することも可能となる。

あるいは、災害時の安否確認サービスや無人ドローンによる災害救助支援など、より高い精度を求められる現場への導入も進むのではないだろうか。

すでに民生品でも対応は進んできており、内閣府の「みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト」では、対応製品のリストを掲載している。スマートフォンであるiPhone 7のほか、カー用品やデジカメや時計など様々なジャンルの製品が対応していることがわかる。

ようやく手に入る、日本独自の高精度位置データの活用から新たなサービスや製品が誕生するのを期待したい。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

IIJと台湾Kiwitec、LoRaWANソリューション展開で協業

物流クライシスにIoTとデータ活用で立ち向かう--Hacobuが新パートナーシップを発表

2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査

スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IIJと台湾Kiwitec、LoRaWANソリューション展開で協業

物流クライシスにIoTとデータ活用で立ち向かう--Hacobuが新パートナーシップを発表

2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査

スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

IoTニュース

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携
レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売
センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充
マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders
IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ
5Gで「未来の工場」を実現、ドコモ・ノキア・オムロンが共同実験
エンジニア養成のジーズアカデミー、法人向けオープンイノベーション支援プログラム提供
レノボ、ハーフラックサイズのIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売
オープンソースのメッセージングシステムのNATSが2.0をリリース
球速や回転数などの投球データを計測できるIoTボール「Technical Pitch」
中小企業でもIoTで成果は出せますか?――中小企業こそ絶大効果
お酒が苦手な人はぜひ!安心してお酒が飲めるアルコールガジェット
IoTデバイスのリスクって何? アンチウイルスソフト「アバスト」が指摘するGPSトラッカーの落とし穴
プレート1枚で空中映像を実現するアスカネット、球形のスマホ用ディスプレーを公開
日野自動車とハコブが資本提携、オープンな物流情報プラットフォーム形成へ
日本発“IoT基盤”でファナックと日立の最強タッグが誕生か

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。