IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.08

AIと人間の脳の到達点はどこへ 茂木健一郎氏が語る人工知能
「AWS Summit Tokyo 2017」特別講演レポート

BY

5月30日から6月2日まで開催された、Amazon Web Services主催の「AWS Summit Tokyo 2017」が閉幕した。世界最大規模のクラウドカンファレンスとして、最新クラウド導入事例やAWS(アマゾンウェブサービス)クラウドの最新技術が紹介されたイベントの最終日には、脳科学者の茂木健一郎氏を招いての特別講演が行われた。

すでに人工知能は人間の脳を超えている!?

茂木健一郎氏(以下、茂木氏)は、さっそうと壇上に上がると「人工知能(以下、AI)のシンギュラリティは、もう起きている」と語った。AIと人間のシンギュラリティとは、技術的特異点を指し、テクノロジーの進歩によって2045年頃にはAIが人間の知能を超えると予測されている。

脳科学者・茂木健一郎氏

「先日、Googleが開発した囲碁AI『AlphaGo』が中国の世界チャンピオンに勝ったことが話題になりましたが、人工知能の研究者の間では予想された結果でした。そもそも人間の脳とAIを比べること自体がナンセンスだと思います。人間の脳ってそんなにスゴいものでしょうか?」

人は、囲碁や将棋を極めるために一生をかけて修行をしなければならないが、AIならば1ヶ月ほどでプロ棋士のレベルまで育成することが可能なはず、と茂木氏。

「心理学者のチクセントミハイ氏は、人間の意識が処理できるデータ量はだいたい1秒あたり128ビットほどだろう、という論文を発表しています。そのため、人間の脳は人と会話をすると、そのうちの半分くらいが使われてしまうので、そのほかのことに意識を向けることが非常に難しい。処理能力という観点では、人間の脳なんかたいしたことないんですよ」

AIの処理能力を持ってすれば、同時にいろいろなことができるが、人間の脳には限界がある。そのため、囲碁や将棋、チェスなどでAIと人間が同じ土俵で戦うという今の状況そのものに疑問を感じているという。

現在、Amazonが米国でのみ提供しているAIを使ったサービス「Amazon Echo(エコー)」のスキルについても、いまだ“人間の脳”という限られた範囲に向けられて開発が進められているようだ、と茂木氏は嘆く。

「もちろん、人間に合わせてサービスを作ることはマーケティングとして大切なのですが、エンジニアのみなさんには人間の脳のことは気にせず、突っ走ってほしいんです」

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IDC Japan、国内でIoT事業を手掛ける企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第20回)単三で20年の電池寿命、最大150kbpsのIoTアプリ向けネットワーク「Milli 5」【ネット新技術】
DHT、IoTシステムの保守や連携検証などを行える月額制のマネージドサービス
製造業におけるERP-MES-FA間の「垂直統合」、代替できない“あの業務”がカギとなる
マウスコンピューター、IoT製品「スマートホーム」を販売終了
「mouse スマートホーム」の製品販売が終了 サービスも2022年6月30日終了に
2024年にセルラーIoT接続デバイスが41億個に、鉱工業、自動車が主役
意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏
PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。