IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.02.26

ブロックチェーンが秘めるものすごいポテンシャル
暗号通貨だけではないブロックチェーンの活用事例その1

BY

暗号通貨とりわけビットコイン市場が加熱している。2017年の12月にはビットコイン及びほかの暗号通貨も軒並み高騰し、1年で20倍になった! と盛り上がった。本稿執筆時点ではそこから約40%下がり、暗号通貨界隈だけではなく投資界隈もざわつかせているようだ。

暗号通貨そのものの価値や、未来にどれだけ需要や可能性が広がるのかはわからないが、その基盤システムである「ブロックチェーン」のポテンシャルはものすごく、既存のシステムや常識などをひっくり返す仕組みであることは断言できよう。

本稿では、そのブロックチェーンについて、すでに世界中で始まっている革命について紹介したいと思う。

暗号通貨はブロックチェーンの産物

まずは暗号通貨とブロックチェーンの関係をおさらいしよう。ここでは暗号通貨の代表例としてビットコインを取り上げる。

ブロックチェーン技術は「分散型台帳」とも言われ、オープンソースかつ、すべての取引が見える透明な台帳となっている。私たちが日常で使っている1万円札は、誰の手に渡ってどのようにして自分の手元に来たかはわからないが、その記録をすべてデジタルデータで保存しているのがブロックチェーン技術だ。

また、従来は中央組織(銀行)がお金の取引を行なっていた。中央組織が本物のお金であることを証明し、流通の管理を行なっている形だ。しかしブロックチェーン技術は分散型(非中央)。データの正しさや流通の管理は中央組織に依存せずに取引ができる。そして、すべての取引データは透明化され、不正やエラーがあればすぐに発覚するような仕組みとなっている。そのため、改ざんや不正は事実上不可能とも言われており、不正をするメリットもない。

この取引データが問題ないかをチェックし、承認するのも中央組織ではなく有志のユーザーが行なっている。でも、そんな面倒なことボランティアではやらないのはおわかりだろう。彼らが面倒なことを引き受けているのには理由があるのだ。

それは、ブロックチェーンの記録・承認を終わらせた人(組織)に報酬としてビットコインを渡しているからだ。こうした仕組みによってビットコインをはじめとした暗号通貨とブロックチェーンが成り立っている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も
全米最大のホームセンター「ホームデポ」が発見した“3種のスマートホームユーザー”
日本郵船が取り組む「船舶IoT」とは何か?主要システム「LiVE」「SIMS」の役割とは
エクストリームネットワークス、IoTデバイスを安全にネットワークにつなぐアダプタなどを発表 | IT Leaders
【CES Asia 2019】開幕。自動車技術の出展に日産やデンソーが初参加
マクニカ、IIoT×AIを活用したセンシングを提案

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。