蓄積された「睡眠負債」が命を脅かす!?

睡眠の質向上、鍵を握るのは最新テクノロジー

Kayo Majima (Seidansha)/2017.8.31

いいね ツイートする

厳しい残暑の予報! 熱帯夜で続く睡眠不足……

自分では「充分眠っている」と思っていても、実際は少しだけ睡眠が足らず、その不足分が積み重なっていく「睡眠負債」。現代人の多くが抱える、慢性的な睡眠不足は、さまざまな病を招くリスクがあるという。

上級睡眠改善インストラクター 安達直美さん

「睡眠は日中のパフォーマンスを向上するだけでなく、認知症の予防につながる大切な習慣です。極端な睡眠不足はもちろん、蓄積された睡眠負債も同じように、がんや糖尿病など、さまざまな病気のリスクを上げるといわれています」

そう語るのは、上級睡眠改善インストラクターの安達直美さん。じつは、恐ろしい睡眠負債を負いやすい季節こそが“夏”だという。

「夏は暑さで眠りが浅くなるのはもちろん、日照時間が長く夜が短いので、もともと睡眠時間も短くなる季節です。朝日の光が刺激になり、早朝に目覚めてしまうこともあります。寝不足のままでは脳機能も回復できず、自律神経が乱れているので日中のパフォーマンスが低下し、熱中症などの体調不良を招きやすくなります」

まさに睡眠負債の季節……。真夏のピークは過ぎたとはいえ、9月まで厳しい残暑の予報が出ていることを考えると、他人事ではない。

「深く眠れる室温は26℃という研究結果が出ています。熱帯夜が続く現代では、自然には実現できない室温なので、エアコンを使わずに深く眠る方法はないです。さらにいえば、タイマーを使わずに一晩中かけておくのが理想です」

数時間後に切タイマーを使用している人も多いが、クローゼットや家具に日中の熱気がこもっているため、エアコンが切れるとその熱気が室温を上げる。室温が上がると、夜中でも寝苦しさで目覚めてしまうので、あまりオススメしないという。