IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.30

「位置情報」を金にせよ。新規参入続々で活況のワケ
「バイトル」のディップが“ジオロケーション”で新事業

BY

「位置情報」を用いたリアルアドネットワークビジネスを展開

アニメ聖地巡礼の取り組みを通して、位置情報の活用によって送客ができる感触をつかめたという山根氏。検索による情報取得が飽和状態の中、「ユーザーに検索させずに、今いる場所でスグに使える情報を届ける方法」を考えた時、出来上がったサービスが「Social_Ad」だという。

これは、Web上のアドネットワークをBeaconによって現実世界で構成させるというもの。たとえば、渋谷にいる時に渋谷の情報が自動でスマートフォンに通知されるという具合だ。

Beaconに対応しているアプリをインストールしてあれば、ディップが設置したBeaconに反応して広告が受け取れる仕組みになっている。「Google Chrome」や「駅すぱあと」等が対応しているという。
 

左:スマートフォンにプッシュ通知が届いたイメージ 右:スマートフォンアプリ内に表示された広告イメージ

「Social_Ad」の特徴は成果報酬型であり、広告配信までは0円というところ。

「一般的な集客メディアや屋外広告などのOOHメディアでは、初期費用や月額利用料など成果が見える前にコストがが発生していました。Social_Adは実際に何人が広告を見て、どれくらい集客ができているのかを可視化し、クーポンを持って来店した数に応じて広告費が決まるので、集客コストの見直しや削減へと繋がる可能性がある」と山根氏は話す。

また、Beaconは集客だけでなく空席案内や多言語対応など利用用途は幅広く、置いたら後は店舗側で何もしなくてよい手軽さも今後のBeaconニーズの高まりに繋がりそうだ。

2017年6月時点で、渋谷、新宿、池袋、秋葉原などの飲食店を中心に400社700カ所の導入実績がある「Social_Ad」。従来のWeb広告の場合、広告をクリックされるのが1%以下。それに対し、駅に隣接している場所でクーポン型の広告を「Social Ad」で配信しているところでは、最もよいところで10%ほどの送客率があるといい、導入した店舗からの反応は上々だ。

海外と違い、日本は「声を出さずに情報取得」がなじむ

自動販売機に埋め込まれたBeaconと連動したサービスや、通常個別の企業がそれぞれで管理しているBeaconを自由に使えるようにするプラットフォームなど、Beacon周りのサービスがすでに展開されている。さらなる広がりを見せそうだが、ディップとしてはどのような展開をしていくのだろうか?

「今後Beaconがもっと流行ってきた時に、接触できるBeaconをすでに置いているというのが強みになるのではないでしょうか。ブームが到来した時に、Beaconを置こうといってすぐに数千個単位で置ける企業はそうはいない。

Beacon事業でよく聞く失敗として、そもそもBeacon対応アプリをインストールさせる段階でつまづいたという話を良く聞く。こうなると、Beaconを設置してもユーザーに使ってもらえない。だから我々は色んなアプリ事業者と連携し、彼らのBeacon事業をサポートするプラットフォーマーというスタンスを守っていきたい。

また、ディップの強みである営業リソースを使い、Beaconの設置やメンテナンスなどまで補うのが我々の目指しているところです。その他に、アプリ以外の方法でBeacon対応できないかも検討しています。たとえばWebブラウザ上でBeacon反応させるモデルなどを考えています」

山根氏はWi-fiスポットのような形で、自分の欲しい情報を検索ではなく、Beaconスポットから受け取るという世界が理想だと話す。最後にBeaconの今後について、日本人の気質とともに語ってくれた。

「将来的にはBeaconを人工知能化したいと考えています。人工知能化されたBeaconが、エリア内の天気やツイート、SNSにアップされた写真などを吸収し、ユーザーのアクションに合わせて最適な情報を配信してくれる世界にしていきたいですね。音声認識機能が普及しても、日本人がスマートフォンに話しかけているイメージが沸きません。声を出して情報を取得するよりも、声を出さずに情報を取得できるBeaconのほうが日本人のキャラに合っているなと思います」
 

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ

5Gで「未来の工場」を実現、ドコモ・ノキア・オムロンが共同実験

エンジニア養成のジーズアカデミー、法人向けオープンイノベーション支援プログラム提供

レノボ、ハーフラックサイズのIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

オープンソースのメッセージングシステムのNATSが2.0をリリース

球速や回転数などの投球データを計測できるIoTボール「Technical Pitch」

中小企業でもIoTで成果は出せますか?――中小企業こそ絶大効果

お酒が苦手な人はぜひ!安心してお酒が飲めるアルコールガジェット

IoTデバイスのリスクって何? アンチウイルスソフト「アバスト」が指摘するGPSトラッカーの落とし穴

プレート1枚で空中映像を実現するアスカネット、球形のスマホ用ディスプレーを公開

日野自動車とハコブが資本提携、オープンな物流情報プラットフォーム形成へ

日本発“IoT基盤”でファナックと日立の最強タッグが誕生か

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ

5Gで「未来の工場」を実現、ドコモ・ノキア・オムロンが共同実験

エンジニア養成のジーズアカデミー、法人向けオープンイノベーション支援プログラム提供

レノボ、ハーフラックサイズのIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

オープンソースのメッセージングシステムのNATSが2.0をリリース

球速や回転数などの投球データを計測できるIoTボール「Technical Pitch」

中小企業でもIoTで成果は出せますか?――中小企業こそ絶大効果

お酒が苦手な人はぜひ!安心してお酒が飲めるアルコールガジェット

IoTデバイスのリスクって何? アンチウイルスソフト「アバスト」が指摘するGPSトラッカーの落とし穴

プレート1枚で空中映像を実現するアスカネット、球形のスマホ用ディスプレーを公開

日野自動車とハコブが資本提携、オープンな物流情報プラットフォーム形成へ

日本発“IoT基盤”でファナックと日立の最強タッグが誕生か

IoTニュース

IoTデバイスのリスクって何? アンチウイルスソフト「アバスト」が指摘するGPSトラッカーの落とし穴
プレート1枚で空中映像を実現するアスカネット、球形のスマホ用ディスプレーを公開
日野自動車とハコブが資本提携、オープンな物流情報プラットフォーム形成へ
日本発“IoT基盤”でファナックと日立の最強タッグが誕生か
IoT技適の新基準認定サービスをプレスタート、ビューローベリタスとセキュアイノベーション
エッジの先端技術を見せる、ET 2019も「ET×ET」で
IoTでイノシシを自動捕獲、KDDIが実証実験
“IoT人材”が社内にいません――人材登用に3つの条件
鍵の閉め忘れから鍵の紛失、家の監視までIoT機器におまかせする-倶楽部情報局
欧州をカバーするeSIMサービス「Stork Mobile」がドイツで活躍:週刊モバイル通信 石野純也
アルコールのセルフケアができる学習型IoTアルコールガジェット
「自分で作るホームオートメーション」、エンジニア視点で使ってみた! IoT向けのオープン技術「MQTT」「OpenHAB 2」はどういうものなのか?
リゾートで仕事と休暇を満喫 NTTコミュニケーションズ推進テレワーク
KDDI、企業向けに3つの「映像×5G」ソリューションを発表--AIカメラや3Dホログラム
イーソル、IoTに関するイベント「eSOL Technology Forum 2019」を開催
酒飲みなら試したい学習型IoTアルコール検知器「TISPY2」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。