窓の自動制御で実現する“安心・安全”な住まい

次に紹介していただいたのが、窓の自動制御システムです。今回COMMAハウスに伺い、まず最初に驚いたのが窓の多さでした。COMMAハウスの窓は、外気気温と室内気温を検知し、自動的に開閉して室温を調整してくれるので、自主的に窓を開け閉めする手間がありません。

さらに、室内が快適な温度に保てるようにエアコンを適宜稼働してくれるので、無駄のない室温調節が可能に。冷暖房運転時間削減効果も期待されます。

センサーで自動的に開く窓

スマートハウスと聞くと、電力の最適化に力を入れているイメージですが、COMMAハウスにおいて実験されているのは、それだけではないとのこと。

「窓の自動開閉システムは、冷暖房機能の省エネという利点だけではありません。たとえば、高齢者は体温調節機能が鈍り、気づかないうちに熱中症になって命を落としてしまうケースが度々ありますよね。そのような事故を防止できる“安心・安全”な住環境の提供も、スマートハウスの目指すところです」(片岡氏)

スマートハウスは、高齢者の生活を守ってくれる可能性まで秘めているんですね。