IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2019.02.08

未来は不透明、8K・ドローンの持続的イノベーション
IoT時代、<イノベーションの成果>が変わる

BY

アップルとは休戦協定? サムスンの差別化戦略

 続いて同じ韓国勢・サムスンはどうだったか。

 サムスンの大画面8Kテレビも自社開発のAI・Bixby(ビクスビー)を搭載し、音声操作が可能、という触れ込みである。

 このサムスンで筆者が驚愕したのは、8K画質うんぬんよりも、スマートフォンの特許をめぐる法廷闘争で長い間、「犬猿の仲」だったはずのアップル社のコンテンツ対応を差別化ポイントとして訴求していたことだ。

 あろうことか、サムスンの8Kテレビはアップルのストリーミングシステム AirPlay2に対応するほか、iTunesがコンテンツメニューにビルトインされるのが大きな特徴としてフィーチャーされていた。

 お互いに楽ではない台所事情、名を捨て実を取るのはアップルも同じなのかもしれないが、アップルファンなら複雑な気分になること間違いなしだ。

 サムスンブースでの技術面での注目ポイントだが、筆者はやはり8K大画面テレビよりも、新技術のマイクロLEDテレビ「ウィンドウ」に軍配を上げたい。

 マイクロLEDは、渋谷のスクランブル交差点や野球場で使われている三菱電機やソニーの大型ビジョンスクリーンの技術を高精細化した技術であり、CES 2018のサムスンブースで展示されていた「The Wall」のコンセプトを引き継ぐものだ。

 サムスンの「ウィンドウ」はベゼル(枠)をなくすことに成功、基本モジュールを組み合わせることで画面のサイズや形を自由に変えることができるという点で非常にユニークな提案だと感じた。

サムスンのマイクロLEDディスプレー。モジュールを組み合わせることで、サイズや形を自由に変えることができる。(出典:Samsung Newsroom

 最後に、日本勢のソニーはどうか。日本人にはおなじみのブラビア(BRAVIA)もお約束通り、グーグルアシスタントを搭載し、音声によるテレビ操作やYouTubeからのコンテンツ検索が可能になることが強調されていた。

 とはいうものの、ハードウエアとしてのソニーブランドのテレビに、かつての圧倒的な優位性は感じられなかったというのが正直な印象だ。

 しかも、LGやサムスンのように「スマート家電のラインナップがブランドの傘下にない」ことが現在のソニーの弱みになっていると映ってしまうのは、穿った見方だろうか。

 さて、百花繚乱の8Kテレビだが、気になる値段はというと、最低でも15000ドル以上、日本円では軒並み200万円を超えるのでは、と噂されている。

 そこにお客さまニーズがあるだろうか。

 8Kテレビ量産化の前提となるコンテンツ配信が、日本では昨年12月からBS放送でようやくスタートしたばかりという現状(米国ではディレクTVやNetflixの一部プログラムで配信済み)では、企業が8Kテレビで事業収益を上げることができるようになるのはまだまだ先のことだ。

 しかしそうなる前に、筆者はクリステンセンの予言がどうも悪い方向で的中するような気がしてならないのだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

河川水位監視や路線バス運行管理も、オートバックスセブンの見守りIoT…CEATEC 2019

アクセルラボ、スマートホーム向けIoT機器の展示やコンセプトルームを展開【CEATEC 2019】

「CEATEC 2019」レポート。ANAが初出展でアバター技術を披露

日立ソリューションズ東日本、製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション「WellLine」

「5Gで何が変わる?」ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのトップが激論 #CEATEC

大成建設、建物の運用・保守業務をAIとIoTで効率化、日本マイクロソフトと協業 | IT Leaders

【CEATEC】AI+IoTプラットフォームを提供するTuyaが、多彩なIoT製品を展示

マイクロソフト、大成建設、NXPジャパンが協業--IoTデータ活用体制を拡大

AIロボにひとめぼれ オートバックスセブン発IoTプラットフォーム構想の本気度

企業のデジタルシフトはIoT、5G、サブスクリプションが牽引。マインドセットを転換せよ──ITRのアナリストが提言

ウーバーの無責任な「ドライバー雇用」は許されない

“IoTファーストクラスシート”登場 乗客の眠りを検知しCAに報告 機内食で起こされず快適な旅

アルプスアルパインはCASEやインターフェイス技術を訴求へ…CEATEC 2019

シャープ、AIoT活用しスマートライフのプラットフォーマーに−−2つの子会社設立

家庭向けにIoT社会で息を吹き返す、パナの「IoT-PLC」

インフォマート、IoTを活用した在庫管理ソリューションサービス

「いまはベンチャーが大手を選択する時代」超先端分野で東芝がNextremerと組んだ理由

NEC、IoT機器の改竄を検知可能な軽量・高速ソフトウェアを提供 | IT Leaders

シャープ、COCORO VISIONの機能強化、音声認識でレコメンド登録

富士通SSL、IoT機器のセキュリティ対策をトータルに支援する「IoTセキュリティサービス」を提供開始

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

河川水位監視や路線バス運行管理も、オートバックスセブンの見守りIoT…CEATEC 2019

アクセルラボ、スマートホーム向けIoT機器の展示やコンセプトルームを展開【CEATEC 2019】

「CEATEC 2019」レポート。ANAが初出展でアバター技術を披露

日立ソリューションズ東日本、製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション「WellLine」

「5Gで何が変わる?」ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのトップが激論 #CEATEC

大成建設、建物の運用・保守業務をAIとIoTで効率化、日本マイクロソフトと協業 | IT Leaders

【CEATEC】AI+IoTプラットフォームを提供するTuyaが、多彩なIoT製品を展示

マイクロソフト、大成建設、NXPジャパンが協業--IoTデータ活用体制を拡大

AIロボにひとめぼれ オートバックスセブン発IoTプラットフォーム構想の本気度

企業のデジタルシフトはIoT、5G、サブスクリプションが牽引。マインドセットを転換せよ──ITRのアナリストが提言

ウーバーの無責任な「ドライバー雇用」は許されない

“IoTファーストクラスシート”登場 乗客の眠りを検知しCAに報告 機内食で起こされず快適な旅

アルプスアルパインはCASEやインターフェイス技術を訴求へ…CEATEC 2019

シャープ、AIoT活用しスマートライフのプラットフォーマーに−−2つの子会社設立

家庭向けにIoT社会で息を吹き返す、パナの「IoT-PLC」

インフォマート、IoTを活用した在庫管理ソリューションサービス

「いまはベンチャーが大手を選択する時代」超先端分野で東芝がNextremerと組んだ理由

NEC、IoT機器の改竄を検知可能な軽量・高速ソフトウェアを提供 | IT Leaders

シャープ、COCORO VISIONの機能強化、音声認識でレコメンド登録

富士通SSL、IoT機器のセキュリティ対策をトータルに支援する「IoTセキュリティサービス」を提供開始

IoTニュース

IoTBASE、「ELTRES」対応のIoTサービスを提供開始
KDDIら、“IoTボール”でアスリートの育成支援--球の軌道や正しい姿勢をAIで解析
IoT家電を使うとギフトカードがもらえる?経産省主導の「LIFE UP プロモーション」とは 
NTTのIoTシステム向けメッセージ認証技術「LightMAC」 ISO/IEC 29192-6に採択
ルネサス、Armマイコン「RAファミリー」を発表
自動で衣類を折り畳んで収納するタンス「INDONE」、CEATEC 2019でアップデートモデルを発表
IoT、Mobility、Wellnessなど7分野の製品展示、TDK
富士通と名古屋市、地下鉄駅構内の混雑状況をIoTで可視化する実証実験
Gunosy、フラーの「App Ape」を導入 スマホユーザーの分析にライフログデータを活用へ
セニアカーの状態をリアルタイムで検知、スズキとNTT Comが実証実験へ
住友ゴム、AI/IoT基盤を活用したタイヤ生産システムを構築 | IT Leaders
安価なIoT機器でも安全なライフライクル管理を実現、サイバートラストがLinux用にSDKを提供 | IT Leaders
規制緩和で実現なるか 日本発都市型スマートシティの現在
5Gのオフロード用としても存在感を高める「Wi-Fi 6」の最新動向
ITシステム戦略で遅れた企業は売上増の機会を大きく逃す可能性--アクセンチュア調査
サイバートラスト、IoT機器のセキュアなライフサイクル管理を実現する「セキュアIoTプラットフォーム」をLinuxに対応

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。