IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.04.23

モビリティとフィンテックをつなぐIoTを推進
ソフトバンク、住友商事、デンソー等がGMSに総額7億円を出資

BY

モビリティの遠隔起動制御を実現する独自のIoT技術などを日本やASEAN各国で展開するGlobal Mobility Service(GMS)が、ソフトバンク、住友商事、デンソー、クレディセゾン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、SBIインベストメント等(その他の事業会社は非公表)を割当先とした総額約7億円の資金調達の実施を発表した。

GMSは、遠隔起動制御を実現する車載IoTデバイス「MCCS」や、IoTプラットフォームを活用した新たな金融与信のあり方を創造するフィンテックサービスを国内外で提供するベンチャー企業。

具体的には、車速コントロールやエンジンON/OFFの制御などを遠隔で行える後付け可能なIoTデバイス「MCCS」を含むIoTプラットフォームシステムを通じ、OpenAPIによる金融機関をはじめとした各企業とのシームレスな連携を可能とすることで、新たなファイナンス与信補強を行うローン・リースパッケージのスムーズな立ち上げを実現する。

この度の資金調達は、このフィンテックサービスの国内外への本格展開と、IoTプラットフォームシステムの開発加速に向けたものとしている。

GMSが解決するモビリティ関連の課題とは

自動車購入時にローンを利用する消費者は多い。しかし同社によれば、従来のローンやリースの与信審査に通過できないために車を購入できないという消費者が世界中に約20億人いるという。

GMSのモビリティ関連IoT技術とフィンテックサービスにより、ファイナンス業界の与信審査の常識を変え、より多くの消費者が自動車を入手しやすくなり、仕事の創出や生活水準の向上を実現するという。

また、低燃費化や環境配慮が進んだ新しい自動車の購入は、排気ガスや騒音問題などに悩む経済発展の著しい国において、それら社会問題の解決手段として期待されている。

これらのことから、世界各国で新車や中古車の販売台数を飛躍的に増加させるビジネスモデルとなる可能性を秘めているというのだ。

さらに、GMSのIoTプラットフォームは、デバイスから収集する多様な情報を価値化・二次活用することで、自動車・農機・建機をはじめとしたモビリティの新たなあり方を模索していくとする。

同社のMobility×IoT×FinTech領域におけるグローバルベンチャーとしての飛躍が期待される。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】
IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集
スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売
Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ
「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで
徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング
ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント
IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も
「IoT」はなぜガジェットを面白くしていないのか(佐野正弘)
NTT Com、IoT基盤「Things Cloud」がマルチLPWA接続に、LoRaWANとSigfoxに対応 | IT Leaders
長期利用すが必要なIoT機器の信頼性確保を支援、サイバートラストが新サービス「EM+PLS」
IoTプラットフォーム向け通信モジュールを開発
ぷらっとホーム、データ連携・利活用を自由に行えるクロスドメインIoTデータ流通基盤「DEXPF」を提供
NTT Com、IoTプラットフォーム「Things Cloud」でSigfoxとの接続に対応
サイバートラスト、IoT機器向け脆弱性対策製品を提供、大日本印刷と提携 | IT Leaders
ATコマンドで動作可能な小型IoT通信モジュール、使いやすさを目指しソフトバンクと村田製作所が開発

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。