文=岡崎優子

『ノマドランド』は3月26日より全国にて公開。IMAXでも上映が予定されている
(配給:ディズニー・スタジオ・ジャパン)
© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

賞レースを席巻する中国女性監督作品

 3月15日、第93回アカデミー賞ノミネート作品が発表された。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、授賞式は2月28日から4月25日(現地時間)に延期。今のところ、関係者が会場に集まりテレビ中継する、例年と同じ形式で行われる予定だという。

 だが、2020年はニューヨークやロサンゼルスなど大都市圏の映画館が休業していたこともあり、メジャースタジオの大作はほとんど公開されなかった。一方、配信作品は活況を呈し、今回のアカデミー賞には最多10部門にノミネートされたデイヴィッド・フィンチャー監督『Mank マンク』を筆頭に、Netflix作品が35部門にノミネートされている。もはや、映画はメジャースタジオの独壇場ではないということか。

 そんな中、25周年を迎えたサーチライト・ピクチャーズ提供、ディズニー・スタジオ配給の『ノマドランド』が作品賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞の6部門にノミネート。監督のクロエ・ジャオは中国出身の女性監督ということもあり、注目を集めている。

 監督賞に女性がノミネートされるのは彼女が6人目。今年はジャオのほか、『プロミシング・ヤング・ウーマン』の女性監督エメラルド・フェネルも候補となり、オスカー関連のニュースはこの話題でもちきりだ。ジャオまたはフェネルがオスカーを獲得すれば『ハート・ロッカー』(09)のキャスリン・ビグローに次ぐ快挙となる。

 また、昨年は韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門を受賞。オスカーの歴史を変えたサプライズとして話題となったが、今年、ジャオがオスカーを獲得すれば、アジア人監督の連続受賞となる。同じく6部門にノミネートされている韓国系アメリカ人のリー・アイザック・チョン監督作『ミナリ』と共に、その行方が気になるところだ。

 そういった意味でも、ハリウッドは今、大きな変革期を迎えていると言えるだろう。

 

F・マクドーマンド3度目のオスカー獲得なるか?

 『ノマドランド』はジョシカ・ブルーダーが2017年に発表し、世界的ベストセラーとなったノンフィクション「ノマド:漂流する高齢労働者たち」をフランシス・マクドーマンド主演で映画化。マクドーマンド自身が映画化権を獲得し、製作者としてクロエ・ジャオを監督に起用した。

 マクドーマンドは後に夫となるジョエル・コーエン監督の『ブラッド・シンプル』で84年に映画デビューし、89年に『ミシシッピー・バーニング』でアカデミー賞助演女優賞に初ノミネート。96年『ファーゴ』、17年『スリー・ビルボード』で主演女優賞を受賞している。加えて、00年『あの頃ペニー・レインと』、05年『スタンドアップ』でも助演女優賞候補となった、世界最高の演技派女優の一人だ。

 本作でも主演女優賞候補となっているが、製作者としての才能も持ち合わせているのだと驚かされる。マクドーマンドはトロント映画祭でクロエ・ジャオの『ザ・ライダー』を観て感動し、彼女に監督してもらいたいと思ったところから、この企画がスタートしたと語っている。

 この『ザ・ライダー』はカンヌ国際映画祭監督週間でアート・シネマ賞を受賞。全米批評家協会賞作品賞も受賞している。まるっきり無名の新人を発掘したわけでもないが、彼女の手腕を高評価したマクドーマンドの識見は見事だったといえるだろう。

 第3作となる『ノマドランド』はヴェネチア国際映画祭最高賞である金獅子賞を受賞したのを皮切りに、ゴールデン・グローブで作品賞(ドラマ)、監督賞を受賞したほか、賞レースを席巻。オスカー大本命と言われている。

フランシス・マクドーマンドもスタッフの一員となり、旅をしながら本作を撮影したという

ノマド生活を営む人々を追う

 物語は地平線が見渡せる大平原の中、用を足しているマクドーマンドの姿から始まる。「え、いきなりそんなとこを?」と意表をつかれたが、これこそ彼女の覚悟だったのではないか。ハリウッドを代表する女優がノーメイクであるのはもちろん、排泄行為すらさらけ出す勇気。もちろん、そんなことを気にする次元で、この壮大なドラマは語れるはずもない。

 夫に先立たれ、リーマンショックの影響で住んでいた炭鉱町までもが完全閉鎖。住所が消滅しまう現実にも驚かされるが、61歳の主人公ファーンは家を手放し、唯一手元に残ったワゴン車に家財道具を詰め込み、放浪の旅に出る。

 本来、ノマドには遊牧民、放浪者の意味があるが、アメリカでは季節労働の現場を渡り歩く生活者のことを指すという。本作でもファーンはアマゾンの配送センターやアカカブの収穫工場、観光向けカフェ、国立公園のキャンプ指導員として働いていた。

 私もかつてバックパッカーとして数カ月、アフリカ、インド、中国を旅してきたが、そこで多くの長期旅行者に出会った。なかには3年、10年選手もいた。彼らはとても自由で、その気ままな暮らしぶりにロマンを感じ、憧れもした。

 だが、自分には決してその選択はできなかった。社会から孤立する恐怖、孤独、蓄積する疲労……。実際、その現実は厳しく、ましてやアメリカでのノマド生活=高齢者の車上生活は体力的にも精神的にも相当な負担がかかる。経済的な事情から、図らずも車上生活を余儀なくされる事実も、社会問題としてある。

 

米国魂を刺激するネオ・ウエスタン

 その現実に向き合いながら、ノマドたちと出会い、交流を重ね、ファーンは自分の居場所を見つけていく。「ホームレスじゃない。ハウスレスなの」と知人に語るファーンの言葉が胸を衝く。ノマドは決して蔑まされる存在ではない。自らの責任と覚悟のうえで、彼らは誇り高い旅を続けているのだ。

21世紀の路上サバイバーを映したロードムービーとして世界の共感を生んだ

 もともとアメリカ人は遊牧民だった。西部開拓時代、彼らは馬車にやはり家財道具一式を詰め込み、家族で旅をしてきた。馬車からワゴン車へ。家族から単身に。サウスダコタのバッドランドからネヴァダの砂漠、さらには太平洋岸の北西部まで、ファーンは旅を続ける。そこには息をのむような、美しく壮大なアメリカの原風景が広がる。ネオ・ウエスタンともいえる、本作の真骨頂だ。

 さらに本作には実在のノマドたちが多数、実名で出演している。彼らの達観した人生観、智慧、包容力――どんな名優でも彼らのような演技は望めないだろう。言葉の重み、豊かな表情から、その感情や言葉が決して嘘でないことが分かる。

 そんなノマドたちが参加する集会にファーンは身を置き、彼らの話をじっと聞き入る。ちょっと疲れたような、哀愁漂う佇まい。その中にも凛とした強さ、美しさがにじみ出る。そんな彼女に魅せられ、デイヴィッド・ストラザーン扮するノマド仲間が、共に健やかな安定した暮らしをしようと誘うが、彼女はもはやふかふかのベッドで安らかに眠ることができなくなっていた!?

 

孤独でも不幸でもない女性高齢者の生き方

 彼女が旅をし続ける理由――彼女自身すら分からなかったその理由が、終盤、明らかに。その切ない想いに胸が熱くなる。これから中期、後期高齢者へと人生の終焉に向かう中、彼女の生き方は、決して他人事ではない。ノマドとして生きる道。それは決して不幸でも孤独でもなく、むしろ豊かに思える。それは自身が“選択”した道だからだろう。

クロエ・ジャオは『アベンジャーズ』シリーズに続く最新ヒーロー超大作『エターナルズ(原題)』の監督に大抜擢

 と同時に、私にはノマドの世界観が、アフター・コロナ世界、近未来のアメリカの姿にも思えた。本作が新型コロナウイルス感染拡大前に製作されたことを考えると、クロエ・ジャロのアメリカを映す目の確かさ、予見する力にただただ驚くばかりだ。しかもアメリカ人ではなく、中国人であるという事実。

 近未来にも、西部開拓時代から続く原風景にも見えるアメリカの大自然。いつまでも見ていたいこの風景と、そこに息吹く人々――。賞レースの行方も気になるが、本作はそれ以上に、ひりひりとした感覚が残る、個人的に忘れられない作品になる予感がする。