文=岡崎優子

ありふれた尊さ──そんな体験や感覚を分かち合えるラブストーリーとして話題に
©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

“鬼滅”を抑え興収首位奪取

 日本での歴代興行収入ランキング第1位を獲得し、いまだ記録更新中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。一度『銀魂 THE FINAL』に首位を明け渡したものの再度返り咲き、そのまま突っ走ると思いきや、1月29日公開の『花束みたいな恋をした』が首位を奪取した。さらに驚くことに、本作の興行収入は2週目に入ってもその勢いは落ちていくどころか前週比116%に伸長、2週連続首位の座をキープしている。

 タイトルからも一目瞭然だが、本作はド直球の恋愛映画。個人的に恋愛映画はあまり得意ではなく、お金を払ってまで観たいと思う作品はごくごく限られている。しかも近年の日本における恋愛映画は少女コミックやライトノベルを実写化した“キラキラ映画”が多く、一時期なぜこんなにヒットするのか知りたく集中して観たことはあったが、今や食傷気味。改めて劇場まで行こうという気にはなかなかなれなかった。

 ところがいきなり興収ランキングの首位につけた本作は妙に気になった。普段、SFやサスペンス、ホラーなどジャンル映画を好み、恋愛映画をほとんど観ない知人まで劇場に行っているのだから、この気になり方は私だけではないのだろう。

 TVドラマ「東京ラブストーリー」(91)、「Mother」(10)、「最高の離婚」(13)、「カルテット」(17)など、数々の連続ドラマの名作を手掛けてきた脚本家・坂元裕二のオリジナル作品ということも大きい。しかも坂元はインタビューで「映画は向いていない」と語っているが、実際、映画の脚本を手掛けたのは『西遊記』(07)以来。恋愛映画に至っては共同脚本として『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)に携わったくらいと、映画作品に絡むことはほとんどなかった。それだけに、世間的にも公開前から注目が集まっていた。月刊誌「ユリイカ」最新2月号では丸ごと坂元裕二を大特集。「『東京ラブストーリー』から『最高の離婚』『カルテット』『anone』、そして『花束みたいな恋をした』へ…脚本家という営為」のサブタイトルが、ドラマファンの心をざわつかす。

 

TVドラマの名手が手掛けた恋愛映画

 90年代の連ドラ黄金期、「東京ラブストーリー」にハマった世代にとって、坂元裕二はずっと気になる脚本家の一人だった。加えて監督の土井裕泰もTBSのTVドラマ・ディレクターとして「愛していると言ってくれ」(95)をはじめ、数々の話題作を手掛けている。代表的なTVドラマは「青い鳥」(97)、「ビューティフルライフ」(00)、「GOOD LUCK!!」(03)、近年では「逃げるは恥だが役に立つ」(16)「凪のお暇」(19)などの話題作が記憶に新しい。しかも坂元とは「猟奇的な彼女」(08)でタッグを組み、二度目の「カルテット」(17)でチーフプロデューサーを務めている。

 また、土井は映画監督としても力量を発揮。『いま、会いにゆきます』(04)でのデビュー以来、「涙そうそう」(06)、「ハナミズキ」(10)、「映画 ビリギャル」(15)などヒット作を多数手掛け、昨年は「罪の声」が話題となり、報知映画賞、日刊スポーツ映画大賞で作品賞、日本アカデミー賞ではスタッフ&キャストが優秀賞を受賞するなど高評価を得ている。

 予告編を見る限り、死や病や事故といったネガティブでドラマチックな仕掛けは何もない。いわゆるごく普通の若い男女の恋話のよう。それなのに、あの『鬼滅の刃』旋風を抑えるほどの力が、この恋愛映画にあるなんて。一体どんな力が秘められているのか。好奇心もあった。もしかしたら、90年代に「東京ラブストーリー」が社会現象を巻き起こすほどの話題作となったように、時代と世代を映した“今の”恋愛映画に立ち会えるかもしれない。そんな期待もあった。

主演は今や押しも押されぬ人気実力派俳優、菅田将暉&有村架純。その安定した演技力は確かで、脚本はこの二人を想定して当て書きされたというから、さらに期待値は上がった。

舞台は東京。拠点となるのは多摩川沿いの広いワンルームマンション。21歳から26歳までの二人がここに暮らす ©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

きっかけは押井守だった!?

 物語は、大学生の二人が終電を逃したことから始まる。駅に取り残されたのは男女4人。彼らは仕方なく深夜のカフェへ。その別席に居合わせたアニメーション演出家の押井守が、本人役で出演しているのがツボだった。押井を知らない男女は別話で盛り上がってタクシーで帰り、テンションがあがった二人は居酒屋へ。好きな音楽、映画、本について話は尽きず、気付けば二人は恋に落ちていた……。

 恋の始まりをはたから見ているのは楽しい。だが、その煌めきが色褪せていき、二人の生活が変わることで余裕がなくなり、時間ばかりか心まですれ違ってしまう。誰が悪いわけでもないのに、思いやりの言葉も少なくなる。そこには二人の5年間の恋の軌跡が凝縮されていた。

「トレンディドラマ時代のような話は今の日本では嘘になってしまう」と、社会とうまく折り合いをつけ生きていく若者が描かれる ©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

 リアルな恋の話が共感を生んでいる、と言われるのもなるほど納得がいく。喧嘩一つをとっても、身に覚えのあるようなシチュエーションだったり、台詞だったり。劇中に出てくる作家、映画、TV番組、ファッションなどなど、自分も好きだったトピックがバンバン出てくる。それも坂元裕二のこだわりだった。「脚本を書く前に、観察をもとにした5年分の固有名詞をすべて書き出して、年表を作ってから進めた」と、坂元はインタビューでその制作過程を明かしていた。

 世代を象徴するポップカルチャーに身を置き、嗜好が似ている者同士が惹かれ合う。その符号として、挙げられた固有名詞は観客の個人的体験や嗜好も巻き込み、共感を生み、二人の5年間に自分事を重ねていく。

©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

仕事人間は“パズドラ”にハマる!?

 菅田将暉演じる麦が好きだったイラストで身を立てることを諦め、一般企業に就職。仕事に忙殺され読む本も小説から自己啓発本に。映画に行くことも少なくなり、アート系映画を楽しむことすらできなくなってしまう。時間をかけてステージをクリアし物語を進めていくRPGゲーム“ゼルダ”から遠ざかり、反射神経で楽しめる“パズドラ”しかやりたくなくなる……。嗜好や考え方まで変わっていく過程が、その符号によってリアルに見えてくる。

 好きなことを仕事にしたい。仕事は遊びじゃない――二人の溝が徐々に深まり、決定的ともいえるぶつかり合い。恋愛のステージを終わらせ、結婚へと進めば恋愛とは違う感情が生まれ、うまくいくのか。別れを意識し始めながらも、今度はそのきっかけがつかめない。

 同棲と結婚には大きな壁があり、別れのタイミングを失い、時間ばかりが過ぎていくこともままある。別れは一緒になることよりも何倍ものエネルギーが必要なのは確か。そんな葛藤や悲しみを経た、二人の現在はいかに。

 『花束みたいな恋をした』。そのタイトルにふさわしく、過去の楽しかった日々を慈しむことができる恋愛の愛おしさ。サスペンスもホラーもアクションも絡まない“普通のありふれた”恋愛映画もまだまだ行けるんだなと、嬉しくなった。

1月29日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開中(配給:東京テアトル、リトルモア)
©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会