文=岡崎優子

3DCGで描かれたリアルなドラえもんの世界。38館でのIMAX(R)上映も決定!
(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

誰もが見たかった!? のび太の結婚式

 いまだ新型コロナウイルス感染が収まらず、洋画メジャー作品がなかなか公開されないこともあり、興行通信社が毎週発表する興行収入ランキングは日本映画一色。しかも、11月28~29日はベストテン中6本がアニメ作品。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は歴代ランキングを塗り替え続け、すでに275億円を突破、262億円の『タイタニック』を抜いて第2位となった。第1位『千と千尋の神隠し』の308億円を抜くのも時間の問題かもしれない。

 そんな状況下、11月20日に『STAND BY ME ドラえもん2』が公開。2014年に公開された前作が「ドラえもん」映画歴代1位の83.8億円と大ヒットを記録しているだけに、「鬼滅の刃」の勢いにどのくらい迫るか、気になるところだ。

今回は原作の中でも名作として知られる「おばあちゃんのおもいで」をベースに、新たなオリジナル要素を加えたストーリーとなっている。何と言っても、前作で描かれた「のび太の結婚前夜」の翌日、のび太としずかちゃんの結婚式が舞台に。往年のドラえもんファンはもちろん、子どもの頃から見てきた世代にとっては、夢のような光景であることは間違いない。

 しかも本作は「ドラえもん50周年記念作作品」。今年は「よいこ」「幼稚園」「小学一年生」など小学館の学年誌1970年1月号に漫画「ドラえもん」の連載がスタートしてから50年となる。今やドラえもんは子ども向けの漫画、アニメではなく、大人も楽しめ泣ける作品の一つ。1980年からは毎年3月に長編映画が公開され(今年はコロナ禍の影響で8月に延期)、今年の『のび太の新恐竜』で40作目を数える。その客層はファミリー層だけでなく、大人一人で観に来る人も多い。ファンを自認する知人は涙する姿を見られたくないからと、必ず初日に一人で観に行くと言っていた。『名探偵コナン』もそうだが、ファンは成長しても作品を卒業するわけでもなく、その後も引き続きカップルで観に行ったり、親子二代三代で観に行ったりすることが当たり前になってきた。だからこそ興行収入はファン層の積み重ね、ほぼ右肩上がりで推移しているのも頷ける。

 特に「STAND BY ME ドラえもん」は長編映画とは一線を画した、完全に大人に向けともいえる作品。「ドラ泣き」のキャッチコピーはあざとすぎるという批判も多かったが、ドラえもんとのび太の出会いから別れ、のび太としずかちゃんとの恋愛模様が描かれた前作は、確かに感涙ものだった。

 

呆れたのび太の不甲斐なさ

 それから6年。「ドラ泣き ふたたび」と、またもや確信犯的かつ挑戦的なキャッチコピーで煽る。物語は幼稚園の頃に亡くなったおばあちゃんに会いたくなったのび太が、タイムマシンで過去へ行ったことから大きく動く。成長したのび太に驚きながらも、その事実をすんなり受け入れたおばあちゃん。「今度はあんたのお嫁さんをひと目見たくなっちゃったねぇ」とつぶやいたことから、のび太とドラえもんはその願いを叶えるため未来へと向かう。だが結婚式当日、大人になったのび太は逃げていた……。

大人ののび太の声は前作に続き妻夫木聡が担当。おばあちゃんの声の宮本信子は山崎監督念願のキャスティング

 「のび太、逃げた。」はもう一つのキャッチコピー。果たしてのび太はしずかちゃんと結婚できるのか。おばあちゃんに花嫁姿のしずかちゃんを見せてあげられるのか。過去、現在、未来を股にかけた、のび太とドラえもんの冒険が始まる!

 それにしても、あのしずかちゃんと結婚することになりながら、その責任に押しつぶされそうになり逃げ出してしまうなんて。あまりに不甲斐ない大人ののび太に正直イラっとした。前作の感動的な話はなんだったんだ、と。結局、のび太はちっとも子どもの時から変わらない、これまでの数々の冒険は糧になっていなかったのかと苦々しく思う一方、しずかちゃんの変わらない愛に心を打たれる。おばあちゃんもそうだが、のび太の根底にある深い優しさと強さを理解する女性に支えられるのび太はなんて幸せなのだろう。まさにダメンズの希望の星。しずかちゃん、そしておばあちゃんの優しさの奥にある芯の強さ、その包容力にはただただ敬服するしかない。

しずかちゃんの花嫁姿が見られるとは! 結婚式場となったプリンスメロンホテルも前作は外観だけだったが、本作では内部も描かれ

 そして今回はタイムマシンが大活躍。見ていると、未来へ行くときはトンネルがくねくねとし、過去に行くときは真っ直ぐになっている。未来はこの先どうかなるかが分からないため不安定に曲がってしまうのだが、過去は確定しているため真っ直ぐ進めるのだそう。細かな設定に思わず唸る。

 SFファン的には、同じ時間軸にのび太が二人同時に存在し、会話していることに違和感を覚えるが、『ドラえもん』なのだから目くじらを立てるのは野暮だろう。二人は相談し協力しながら、あるべき未来を再構築していく。

 例えば、アナウンサーの羽島慎一が吹き替えを担当したことでも話題になった、入れ替えロープ。このひみつの道具を使って大人ののび太と小学生ののび太が入れ替わる。ただ、このロープは不良品で、入れ替わっている時間が長ければ長いほど、元には戻れなくなってしまう代物。さて、入れ替わったまま行方が分からなくなった大人ののび太を二人は必死で探すのだが、タイムリミットが近づいてきて……。

誰もが楽しめるエンタメ作品に

 本作の脚本と共同監督を務めたのは「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ(05、07、11)はじめ、昨年は『アルキメデスの大戦』『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』『ルパン三世 THE FIRST』を手掛けたヒットメーカー、山崎貴監督。ドラえもん以外にもルパン、ドラクエ、宇宙戦艦ヤマトなど、往年のファンがたくさんいる名作の映画化に果敢に挑戦する、日本でも数少ないエンタテインメントに徹した監督だ。ヒットさせることを責務として全うする監督はそうそういない。

 「何かを残せれば凄くいいけれど、まずはエンタメ。誰もが楽しめるものにしなきゃいけない」との姿勢にも好感が持てる。そこは絶対に守りたいとも。感心するのは脚本。どの作品にも言えるが、山崎監督&脚本作品は大風呂敷を広げながらも、見事に撒いた種を最後には回収、爽快感すらある。監督自身がその作品のファンだからこそ、押さえるツボも心得ている。

 山崎監督はVFX集団、白組に所属。1986年に入社後、CFなどを手掛ける一方、『マルサの女2』(88)『大病人』(93)など伊丹十三監督作品のVFXやデジタル合成を担当してきた。その時の経験が今の山崎監督に多大な影響を与えていることは言うまでもない。

 「伊丹さんが凄いのは、まだペーペーのVFXの駆け出しだった僕をかなり初期段階から呼んでいただいたこと。こんな若造を中枢部分として起用してくれたことが強く印象に残っていて」と大感謝。助監督経験がない山崎監督ではあるが、伊丹組出身を自負していると語っていた。山崎監督のエンタメ哲学、その根源がよく分かるエピソードだ。

 今回、おばあちゃんの声を務めたのは伊丹監督夫人でもある宮本信子氏。伊丹映画のミューズに託した思いは見事に実を結び、印象深いおばあちゃんが物語を盛り上げ、締めてくれる。また一つ、私たちが見たかったドラえもんの物語が誕生、新たな伝説ができたのでは、と思う。

 

『STAND BY ME ドラえもん 2』
2020年11月20日(金)より全国東宝系にてロードショー