文=岡崎優子

ディズニープラス会員、プレミアアクセスにて公開中 *追加支払いが必要です。 詳しくはdisneyplus.jp へ 
© 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

製作費2億ドルの超大作が配信に!

 1998年に公開され、世界興行収入3億ドルの大ヒットとなったディズニー・アニメーション作品『ムーラン』。その実写版が製作されると報じられたのは2015年に遡る。それから5年。当初、2018年11月2日に全米公開予定だった本作の製作は遅れに遅れ、2019年12月20日、そして2020年3月27日へと延期された。

 さらにコロナ禍の影響で7月24日、8月21日と公開日が変更され、ついには無期延期を発表。アメリカをはじめ、カナダ、ニュージーランド、欧州では公開を断念、ディズニーのストリーミングサービス「Disney+」での有料配信が決まった。

 一方、中国、シンガポール、マレーシアなどアジア地域で劇場公開を決定したことから日本での公開も期待されたが、9月4日より追加料金でのプレミア配信に。2億ドルの製作費がかかった超大作だけに、やはり大画面で観たかった!

 しかも昨年以来、『ムーラン』にとってありがたくないニュースばかりが取り上げられている印象は否めない。それでも配信・公開前は美しい映像美、手に汗握る戦闘シーンなどが世界の評論家たちに高評価を受けていたのも事実。それだけに、バイアスがかからない状態で、純粋に映画を楽しみたい!と思う人も多いだろう。ところがいったんネガティブな要素が噴出すると、批判ばかりが目立つのは、いかんともしがたい。だからこそ、話題の『ムーラン』を見ようと思った。

 

映画に望まれた伝説のヒロイン

 そもそも「花木蘭(ムーラン)」とは、中国人なら誰もが知っているヒロイン。南北朝時代の北魏の民謡「木蘭辞」が脚色されて広まった伝説である。北方民族の侵略に対抗するため、各家庭から男一人を徴兵するよう朝廷から命令が下る。病弱な父に代わりムーランが男装して入隊。戦場での功績から朝廷は高官のポストを用意するが、ムーランは固辞して故郷へ戻り女性に戻る。本作ではさほど長い期間に見受けられないが、もともとのオリジナルは出征から退役まで、12年の歳月を描いている。

 ヒロインの花木蘭はこれまで何度か映画化された、映画化にはもってこいのキャラクター。1927年のサイレント映画『花木蘭従軍』はじめ、1939年『木蘭従軍』、1941年に上演された女性歌劇『木蘭従軍』など。そして最も有名なのは、1998年のディズニー長編アニメーション『ムーラン』だろう。本作はアカデミー賞音楽賞(ジェリー・ゴールドスミス)にノミネート。2004年には続編がOVAとして製作された。

 その後も2009年にヴィッキー・チャオ主演、チェン・クン、フー・ジュン、ジェイシー・チェン、ユー・ロングアンなど人気俳優が出演した香港映画『ムーラン』がある。同作は長春映画祭、百花奨、上海映画批評家賞などで最優秀主演女優賞を獲得。香港版アカデミー賞と言われる金像奨にもノミネートされるなど、ヴィッキー・チャオのムーランは凛々しく、壮絶な戦闘シーンを果敢に演じていた。日本では残念ながら未公開だったが、2012年にDVD化されている。

 

中国のこだわりを意識!?

 そして再びディズニーが手掛けたアニメーションの実写版『ムーラン』にはコン・リー、ジェット・リー、ドニー・イェンなど大物中華スターが出演。主演のリウ・イーフェイは中国系アメリカ人で、ディズニーが1年かけて選出した候補者1000人から抜擢された。明確な英語が話せ、武術ができ、スター級の素質がある人材を探していたとあり、イーフェイは乗馬、剣術、武術、戦闘シーンの9割をスタントなしでこなしている。女性ならではの軽量級アクションは見ていて清々しい。しかも、彼女は香港映画版『ムーラン』のオーディションにも挑戦していたというから、この役にかける思いは半端なかっただろう。その覚悟が随所に見える。

監督は『クジラの島の少女』(02)のニキ・カーロ。製作費1億ドル超のディズニー映画の女性監督としては、エヴァ・デュヴァーネ監督に次いで2人目

 冒頭、ムーランの故郷が映し出される。円形の集合住宅で逃げ出した鶏を追う幼いムーラン(子役のクリスタル・ラオが素晴らしい! 将来が楽しみ)。鮮やかで目にも楽しい舞台美術がこれから始まるムーランの物語を盛り上げてくれる。そして、はねっかえりの彼女を疎ましく思う村人たち。女はつつましく素晴らしい夫に嫁ぐことが名誉とされている時代にあって、彼女は戦士として類まれな才能を隠して生きなければならなかった。

 足の悪い父親に手ほどきされ、ムーランが武術を磨くシーンはさすがディズニー映画! 『スター・ウォーズ』シリーズのジェダイを彷彿とさせる。まさにフォースに導かれ、父親の代わりに自ら戦地へと赴き、訓練の場においても、戦闘においても隠していた才能が溢れ出る。やはり彼女は選ばれるべき戦士だったのだ。

 この実家の様子、見合いの化粧などが史実と異なるとの意見から冒頭シーンは撮り直しされたというが、それだけに見事なオープニングだった。だが、中国ではそんなに史実重視でドラマが作られるものなのか。なんでもありの中国時代劇ファンタジーが大人気なのだから、そこは目をつぶってもよさそうなのに。

アニメーション版では入隊の際、髪を切っているが、実写版は長髪のまま。男性の長髪は昔の中国では一般的だったのでOKとなった

アニメーション版から飛躍した実写版の魅力

 アニメーション版との違いを指摘するファンも多い。ミュージカル要素がなくなったこと、コメディー・リリーフの守護竜ムーシューが登場しないことなどなど。ファンの意見までもがニュースとなるのだから、それだけ「ムーラン」に対する思いが深いということなのだろう。個人的には実写ならではの描写が多い方がより楽しめるのだが。

 村を出たムーランは性別を偽り、男ばかりの訓練所で仲間と友情を深めながら技を磨いていく。アニメーション版ではシャン隊長に淡い恋心を抱いていたが、本作では仲間の兵士に変更。個人的にはドニー・イェン演じる隊長との恋愛模様を見たかったが、隊長一人で敵を全滅させられるのでは?と思えるほど白眉の武術を披露するドニーとの絡みはそれだけでおなかがいっぱいになりそう。仲間と入浴することができず、体臭が匂うとからかわれ、一人水浴びをしているところに仲間の兵士が現れ緊張するムーラン。やはり物語的にはそのくらいの恋愛描写が愛らしく、程よかった。

 そしていざ出陣。ムーランの奇策によって隊は勝利を収めるが、真の女の姿で戦うことを決意したムーランを隊長たちは受け入れず、軍規違反だと追放する。だが、先の戦いは敵の策略で、本隊は皇都へ向かっていると気づいたムーランは再び隊へ戻り進言。先頭に立ち、仲間たちと共に捕らわれた皇帝を奪還する作戦を実行する。

 ここでのキーパーソンはシェンニャンというキャラクターだ。ムーランと同じく、戦士としての才能に恵まれながら軍隊に受け入れられなかった彼女が、ムーランにシンパシーを感じつつ戦い、生き方を指南する。さすがコン・リー演じるシェンニャンは妖艶で、さすがの存在感だった。それだけに、彼女の幕引きにもっと劇的なドラマが欲しかったと思ってしまうのはファンゆえか。

アニメーション版のムーランはコン・リーに似ている(似せている?)と言われていただけに、悪役キャラクター役は皮肉ともとれそう

 そして、皇帝演じたジェット・リーには最初、気が付かなかった。貫録を出すためなのか、ドニー・イェンと『HERO』で戦ったあの雄姿は見る影もなく驚いた。ファンとしてはキレのあるアクションを見せてほしかったが、役どころだから仕方ない。そんな抑えた演技も、「ディズニーが中国文化に光を当てることが重要なのだと娘たちに諭された」からと、一度は辞退したこの役を引き受けたのだと言う。

 ほかにもアニメーション版でムーランの声を演じたミンナ・ウェンがカメオで出演したり、訓練シーンの水バケツが『少林寺三十六房』(77)のオマージュだったりと、本作は配信で何度でも見られるだけに、隠れた面白さを見つけるのも一興だろう。

 コロナ禍の影響による配信での公開、政治がらみの問題で話題が先行したのは至極残念だが、結果的に時代に先駆け配信された作品として、2020年を象徴する映画になったことは間違いなさそうだ。