文=岡崎優子

監督は2010年「世界でもっとも成功したホラーシリーズ」としてギネスブックに掲載された「ソウ」シリーズ全作の脚本ほか、出演、製作総指揮などを手掛けたリー・ワネル 
© 2020 Universal Pictures

エンターテインメントの代表的存在のひとつなのに、autographではなぜか、これまで純粋な映画記事がなかった。しかし、ついに始めることとなった。これからはじまる岡崎優子さんの連載では、ジャンルにとらわれることなく、さまざまな映画を取り上げていきたいと考えている。ご期待ください。

 

約3カ月ぶりに洋画メジャー作品が公開

 「文化通信」の発表によると、新型コロナウイルスの影響で公開が延期・中止になった映画は5月17日現在、累計219本。試写も2月末から続々中止となり、新作を紹介しようにも、限られた情報の中ではなかなか厳しく、実際、いつ公開されるかも分からない状況だった。

 そして5月25日、ようやく緊急事態宣言解除が発表され、「近日公開」となっていた新作の公開日もこれから続々決まることだろう。そんな中、いち早く3月27日から延期されていた『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』の公開が、晴れて6月12日に決まった。洋画メジャーで全国公開する新作は、3月20日公開の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』以来、実に3カ月ぶり。

 改めて言うまでもなく、本作は19世紀を代表するイギリス女流作家ルイーザ・メイ・オルコットの世界的ベストセラー小説「若草物語」を映画化したもので、これまで何度も映画、TVドラマ、舞台・ミュージカル、アニメ、漫画で描かれてきた。ハリウッド映画だけでも、『マイ・フェア・レディ』(64)のジョージ・キューカー監督がキャサリン・ヘプバーン主演で映画化した1933年版、ジャネット・リー、ジューン・アリソン、マーガレット・オブライエン、エリザベス・テイラーの四姉妹で描いたマーヴィン・ルロイ監督の1949年版、ウィノナ・ライダー、スーザン・サランドンらが出演したジリアン・アームストロング監督の1994年版など、いずれもアカデミー賞各部門で候補に挙がった名作揃いだ。

 

オリジナルは1933年!?

 同様に、まだ新たな公開日は決まっていないが、これまで何度も映画化されてきた世界的な有名小説を基にした作品がいくつか待機している(前置きが長かった~)。その筆頭は、5月1日に公開が予定されていた『透明人間』だろう。原作は1897年に発表されたH・G・ウェルズの古典的SF同名小説。

1933年版『透明人間』は『チップス先生さようなら』(1940)のR・C・シェリフが脚色、『カサブランカ』(1944)のアーサー・エディソンが撮影を担当した

 これまでも、『フランケンシュタイン』(31)などホラー映画監督として知られるジェームズ・ホエールが1933年に映画化したほか、ポール・ヴァーホーヴェン監督、ケヴィン・ベーコン主演の『インビジブル』(00)などがあった。後者はその後、ヴァーホーヴェン製作、クリスチャン・スレーター主演で続編『インビジブル2』(06)も作られた。

 さらにはバッド・アボット、ルー・コステロの喜劇『凸凹透明人間』(51)、原作こそ違うがジョー・カーペンター監督の『透明人間』(92)、それこそ日本映画にも円谷英二特撮監督が手掛けた『透明人間現わる』(49)『透明人間』(54)、大映映画『透明人間と蝿男』(57)などなど。それだけ“透明人間”にはサスペンスを盛り上げる、キャラクターとしての魅力があるのだろう。

『透明人間』 Blu-ray: 1,886 円+税/DVD: 1,429 円+税 発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント ※2020年6月の情報です
Film (C) 1933 Universal Studios. Renewed 1961 Universal Studios. All Rights Reserved.

オリジナル版も無料配信中

 新作『透明人間』は1933年版を「ソウ」シリーズの脚本家リー・ワネルが監督・脚本を手掛け、現代風にリブート。オリジナルは現在Amazon Primeで無料配信中だが、徐々に透明人間化に成功した主人公の博士が狂気に走り、躊躇なく人を殺していく様子がサスペンスフルに描かれる。

 何よりもサイレントからトーキーに変わったばかりの30年代初頭、服を着た透明人間を映し出した視覚効果に驚かされる。今でこそCGで簡単に人間は“透明人間のように”消せるが、当時は大変な撮影だったに違いない。資料によると、俳優は全身黒いベルベットのスーツを着用。光を当て、つや消しの用法で撮影現場の光と合わせたという。

 新作も透明人間は世界的権威の科学者である主人公が開発したスーツを着用しているが、実世界でも通用する技術なのではと思えるほど緻密に作られている。そして、このスーツがドラマの重要な鍵を握る……。

 大富豪の天才科学者エイドリアンに束縛される生活を送るセシリアはある夜、計画的に家から脱出。失意のエイドリアンは自殺するが、セシリアは彼の死を疑っていた。やがて彼女の周囲で不可解な出来事が次々起こる。これは透明になる方法を発明したエイドリアンによる仕業だと、セシリアは懸命に訴えるが……。

 冒頭から台詞はほとんどなし。緊迫感だけで、ヒロインの差し迫った状況が把握できる。特撮やCG以上にカメラワークといった視覚的演出が奏功しているのだろう。加えて、ストーキングされる恐怖は現代社会にも潜むだけに、その異常な執着はリアルに映る。まさに人の目に映らない粘着質な嫌がらせこそが現代の透明人間と言えそうだ。

 そして、ヒロインは精神的に追い込まれ、その言動、彼女がしたように仕向けられた行動から次第に孤立していく。最後の驚くべき展開まで決して目が離せない、2時間超のSFホラー・ミステリーだ。

主演はホラー映画『アス』やHuluドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」でゴールデングローブ賞最優秀女優賞(TV部門)に輝いたエリザベス・モス
© 2020 Universal Pictures

『透明人間』に続き『ドラキュラ』準備中

 日本では公開が延期されたが、アメリカをはじめ世界各国では既に公開済み。わずか700万ドルの製作費ながら、2月24日に全米公開された本作は第1位を獲得、世界興収1億2300万ドルをたたき出している。さらには新型コロナウイルスの影響から3月20日、異例の速さでデジタル配信をスタートした。これに激怒した世界最大のシネコンチェーン、AMCはユニバーサル・ピクチャーズ作品上映のボイコットを表明する事態にまで発展している(が、これはまた別の話)。

 一方で、このヒットに手応えを感じたユニバーサルは『ドラキュラ』のリブート版を準備中。企画・開発を手掛けるのは本作を製作し成功に導いたジェイソン・ブラム率いるブライムハウスというのも心強い。同社は『パラノーマル・アクティビティ』(07)をはじめ、アカデミー賞作品賞候補となった『セッション』(14)『ゲット・アウト』(17)など低予算・高品質の作品で高評価を得た気鋭のプロダクションとしても知られる。

 

新機軸でモンスター映画をリスタート

 実は2012年、ユニバーサルは大成功を収めたマーベル・シネマティック・ユニバースに追随すべく、往年のホラー映画を連続リブートする“ダーク・ユニバース”計画を発表。だが、第1弾『ミイラ再生』(32)をリブートしたトム・クルーズ、ラッセル・クロウ共演の『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』(17)が興行的に失敗、評価もさんざんだったことから、続くハビエル・バルデム主演『フランケンシュタインの花嫁』、ジョニー・デップ主演『透明人間』の製作が中止に追い込まれた苦い経験がある。

 その後、改めて単独作品として仕切り直し、監督の作家性を打ち出した新機軸のモンスター映画は、『透明人間』の全米ヒットを見ても今後の展開に大きな可能を秘める。『ドラキュラ』を開発中のブライムハウス以外にも、ユニバーサル向けのモンスター映画を企画・開発するプロダクション、監督の名前は既にいくつか挙がっているだけに、その後の続報を待ちたいところだ。

 そして、新型コロナ禍明けの公開となる日本での興行は果たしてどうなるか。映画史的にも、モンスター・ホラー映画がヒットする土壌を持つ日本だけに、まずは『透明人間』の公開日を待ちたいところだ。

『透明人間』 監督・脚本:リー・ワネル 出演:エリザベス・モス、オリバー・ジャクソン=コーエン、オルディス・ホッジ、マイケル・ドーマン 
配給:東宝東和 全国にて7月10日公開予定
© 2020 Universal Pictures