IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.09.18

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか
IoT時代、<融資や信用取引のルール>が変わる

BY

最近よく目にするJ.Scoreのブランド広告(2019年9月筆者撮影、汐留の日本テレビ前で)

(朝岡 崇史:ディライトデザイン代表取締役)

「ねぇAI。押して、私の背中」
「フィンテックで、人に勇気を」

 記録破りの猛暑もようやく一段落した8月の下旬、東京の地下鉄メトロ線内で、二階堂ふみが出演するJ.Score(ジェイスコア)社の動画広告に目を奪われた。

(参考)J.Scoreブランドの動画広告「夢への疾走編」

 J.Scoreは、2016年11月にみずほ銀行とソフトバンクの共同出資(出資比率は50%ずつ)により設立されたフィンテック(FinTech)関連のベンチャー企業だ。

 かつて広告代理店のブランド戦略部門で働いていた著者からすれば、J.Scoreがいかに自社の成長戦略のためとはいえ、既存の金融業の危機がたびたび取り沙汰されるこのタイミングで、リスクを取ってまで顧客の奪い合いに火をつけるキャンペーンを立ち上げることに瞠目せざるを得なかったのである(注)。

(注)J.Scoreは2017年6月の設立期にスプツニ子!をブランドキャラクターに起用して小規模だが最初のブランドキャンペーンを実施している。

 J.Scoreがケンカを売る相手はもちろん、既存のキャッシングサービス業界、すなわち親会社のみずほ銀行を含むメガバンクのカードローン部門やメガバンク傘下の消費者金融サービスだ。

 J.Scoreの最大の武器でもあり、既存のキャッシングサービス業界との決定的な差別点でもあるのが、AIによる「信用スコア」の導入であることは言うまでもない。欧米や中国での導入からはだいぶ遅れてはいるが、J.Scoreの本格稼動で日本でもようやく本格的な「信用スコア」を活用する金融ビジネスが立ち上がった。

 今回はJ.Scoreのケースと、J.Scoreがベンチマークにしている(はずの)アリペイ(Alipay:支付宝)の「芝麻信用」(ゴマ信用)を話題の中心にして、「信用スコア」が持つ破壊力について、マーケティング視点から考察を深めていきたい。

 IoT時代、<融資や信用取引のルール>が変わる。

【破壊力その1】「AIスコア・レンディング」による低金利と即日融資

 J.Scoreの最大の特徴、AIを駆使した独自の「信用スコア」を活用した融資スタイルは「AIスコア・レンディング」(Lending:貸付)と呼ばれている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

AIなどの最新技術で“スマートストア”展開を総合的に支援――、CTCがサービス提供
「異常発生を家族に通知」──クルマの運転、IoTで見守り オートバックスが月額980円で提供
IoT向けWi-Fi「11ah」が実証実験 LPWAで初、2.3kmで動画伝送
アライドテレシス、IoTデバイスの集約などに適した産業用インテリジェントスイッチ
AIとIoTの企業利用に関する最新調査と知っておくべき言葉遣い
SOUSEI Technology、住宅IoTに特化した企業ネットワーク「HOME OSアライアンス」設立
「Formula E」レーシングカーにも搭載、GHSのRTOS
遠隔モニタリングを手軽に、P2Pプラットフォーム
IBM、ドローンによる置き引きの防止技術で特許取得--荷物の高度で持ち去りを監視
TDSL、IoT向け分散データベース「GridDB」を強化、サーバー1台でペタバイト級を管理可能に | IT Leaders
5G時代の到来で、自動車業界から「劇的に消える仕事」「生まれる仕事」
IoTクラウドサービスで大日本印刷とArmが協業
東芝、分散DBの最新版「GridDB v4.3」を提供--内部のデータ管理構造を最適化
IoTが“空気清浄”という体験をネクストレヴェルへ:PARTY伊藤直樹が体験した新たなるAIRMEGAの実力
KCCS、IoTネットワーク「Sigfox」の位置情報サービス--Wi-Fiを活用
大日本印刷、英Armと協業し、IoTデバイスを安全に管理するサービスを開発 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。