IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.17

大辻雄介の教育のIoT思議 第9回:“モノ化”するスマートデバイス
教育現場を変えていくスマートデバイスの新しい形

BY

ものすごいスピードで“モノ”のインターネット化が広がっていく時代。すでに完成形として成り立っていたはずのスマートデバイスを新たに“モノ”化する現象が目立ってきました。

IoTの逆を行く? スマートデバイスの“モノ化”

最近、新しいカメラを購入しました。PanasonicのLumixシリーズDMC-CM10という機種です。このカメラの特殊性はOSがAndroidであるということにあります。通信機能として高速LTEを搭載しているので、撮影した写真をSNSにアップロードしたり、クラウドへの保存が可能になっています。Googleアカウントと連動すれば、撮影後自動的にGoogleドライブに写真を保存することも可能です。

Lumixディスプレイ側

写真をご覧いただくとわかる通り、一見「スマートフォン」にしか見えません。筆者もさまざまなアプリをいれており、写真を撮るよりも「SNSにアクセスする」「動画を楽しむ」「地図アプリを見る」などスマートデバイスとしての活用のほうが頻繁です。感覚としてはスマホにLumixというカメラが付いたという印象のほうが強いです。

このインターネットへのアクセシビリティが高いカメラは「カメラにインターネットが付いた」と見るべきでしょうか。それとも「スマートデバイスに(高性能の)カメラが付いた」と見るべきでしょうか。

従来のIoTの意味である「モノにインターネットが付加される」という文脈ではなく、「スマートデバイスがモノ化する」という新たな文脈が表出しているように感じます。ほかに例を挙げればMotoloraが販売を開始したMoto Zという機種があります。

これはスマートフォンであるにもかかわらず、交換式カバー(Moto Mods)を付けることにより、ステレオスピーカーやデジタルカメラ、さらにはプロジェクターに早変わりします。「スマートデバイスのモノ化」がここにも表れています。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

こんなモノも?セルラー通信搭載で便利に使える36のIoTプロダクトが集結!
富士フイルム、内視鏡予知保全サービスのインフラ基盤にAzureを採用
空調管理が捗りすぎる! エアコンをアプリや音声でコントロールできちゃうIoT化デバイス「SENSIBO Sky」を使ってみた
シチズンが考える光発電スマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver』(8/31まで)
KDDI、ドローンを使った鉄塔点検やインフラ監視サービスを提供
シチズンが考える光発電スマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver』(8/31まで)
KDDI、人口の動態データを提供へ、スマホの位置情報を利用
X Infinity、IoTとモバイルアプリでコインパーキングの価値転換を図る「ParkX」を発表——駐車は管理される時代から、感謝・評価する時代へ
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第16回)周波数利用効率が高く、微弱な信号で通信可能な「Weightless-P」【ネット新技術】
UQ mobile、家庭向けのIoTサービス「UQ×with HOME」を開始
KDDI、ヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化する「KDDI IoTクラウド ~Pocket GPS~」
富士フイルムと日本マイクロソフト、医療現場支援の実現に向けた協業を開始
416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測
スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。