IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.01.04

Innovators 情熱のカラクリ 第3回:DMM.make AKIBA 岡島康憲氏
DMM.make AKIBAの企画人が危惧する「消耗されるIoT」

BY

ハードウェアスタートアップ(ハードウェアベンチャー企業)を支援するDMM.make AKIBAのコンセプトは「モノを作りたい人が必要とする、全てを」。

延べ床面積2,000平方メートルもの敷地内に設置されている機材や設備にはなんと10億円を投じられたものだ。ここでは利用者が、3Dプリンターや小さな工場などでは高価すぎて導入できない5軸CNC(切削機)など、モノづくりに必要なさまざまな機材を使える。

多くのスタートアップが集まるこの場所で、企画運営に携わっているのが岡島康憲氏(以下、岡島氏)だ。

岡島氏は2006年にNECビッグローブに入社。WEBサービスの企画運営を担当する。その後、2011年に独立しハードウェア製品の開発販売を行う岩淵技術商事を創業し、現在も執行役員として関わっている。

DMM.make AKIBAには2011年から関わっているということだが、全て根底には「ワクワクするものを見たい」という岡島氏の思いがある。

全てのモチベーションは好奇心

「面白いプロダクトを見て、触れてみたいという思いが源泉になっているんだと思います。独立し起業したのもその思いを満たすためで、今は自分で作るよりも、ここから面白いものが生まれる瞬間を見ていたい、という気持ちが強いですね」

岡島氏のあらゆることへのモチベーションは、好奇心なのだ。

「企画や運営でDMM. make AKIBAを手伝ってはいますが、それ以上に、ここに集まっているスタートアップへの期待は大きいです。彼らが何かを生み出そうとしているものを応援するというのに面白さを感じています。自分で面白いものを生み出すという気持ちは今のところ満足していて、そうではなく、自分の見たことのないものに出会えるのではというワクワク感があります」

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も
全米最大のホームセンター「ホームデポ」が発見した“3種のスマートホームユーザー”
日本郵船が取り組む「船舶IoT」とは何か?主要システム「LiVE」「SIMS」の役割とは
エクストリームネットワークス、IoTデバイスを安全にネットワークにつなぐアダプタなどを発表 | IT Leaders
【CES Asia 2019】開幕。自動車技術の出展に日産やデンソーが初参加
マクニカ、IIoT×AIを活用したセンシングを提案

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。