白鳥 和生のプロフィール

流通ジャーナリスト。1967年長野県生まれ。1990年明治学院大学国際学部卒業後に日本経済新聞社入社。専門は流通、消費。2020年日本大学大学院総合社会情報研究科でCSR(企業の社会的責任)を研究して博士(総合社会文化)の学位を取得した。

白鳥 和生の最新記事
ケーススタディ
イオンリテール、ローソン、西友、トライアルカンパニーはこう活用
人手不足の小売りの現場を「AIが救う!」
白鳥 和生
小売りDXリテールDXAIイオンリテールローソン
理論と知識
経済産業省が指針案、9月までに正式決定する
サプライチェーン上の人権侵害防止へ対応急ぐ
白鳥 和生
人権侵害サプライチェーン経済産業省ナイキ技能実習生イオン
ケーススタディ
業種や業態、業界を超えたサプライチェーンの効率化が急務に
広がる「企業や業態を超えたリテールDXでの協業」
白鳥 和生
リテールDXサプライチェーンデータベースプラットフォームGS1 Japan産業横断レジストリーJ-MORA
テクノロジー
コロナ禍でネット販売が急拡大する中、体験を受けるビジネスモデルに注目
一過性で終わらせない「売らない店」への挑戦が活発化
白鳥 和生
Meetz STOREb8ta明日見世売らない店リテールDX
理論と知識
これが実現できれば、2020年代後半の物流クライシスは回避できる
物流の超効率化を目指す「フィジカルインターネット」に官民が動き出した
白鳥 和生
フィジカルインターネット物流DX物流クライシスIoT
ケーススタディ
消費者と取引先の意識が変わり、取り組まないとはもういえない
遅れていた小売り各社が今、サステナビリティに取り組むわけ
白鳥 和生
サステナビリティカーボンニュートラル丸井グループイオンセブン&アイエシカル消費