幡鎌 博のプロフィール

静岡県出身。富士通株式会社の在職中に筑波大学大学院を修了し博士号(システムズ・マネジメント)を取得。2003年4月より文教大学情報学部助教授。2011年より教授。2014年4月より経営学部教授。IT経営関連の教育・研究に従事。2020年4月より 合同会社デジタル・ビジネスモデル研究所代表。DXのビジネスモデルの方法論やAIを活用したビジネスマッチングの手法などを研究。著書に『eビジネス・DXの教科書』『ITマネジメント・エッセンス(通信研修用)』『DXのためのビジネスモデル設計方法』など。

幡鎌 博の最新記事
ケーススタディ
新たなサブスクリプションサービスを共創によって実現する手法・枠組みとは
〔金融業〕 東京センチュリーのDXから新事業創出を支援する役割を学ぶ
幡鎌 博
東京センチュリーDX金融DXサブスクリプション金融DX Forum
ケーススタディ
地域金融機関としての改革とデジタルバンクへの挑戦で成果を上げている秘密
〔金融業〕 ふくおかFGのDXから「両利きの経営」の実践方法を学ぶ
幡鎌 博
金融業金融DXDX銘柄2022ふくおかフィナンシャルグループ2wayアプローチ両利きの経営
ケーススタディ
注目は「埋込型金融」「顧客接点拡充」「ブロックチェーン技術」
〔金融業〕 DXは利用者との関係や企業をどのように変えるのか?
幡鎌 博
金融業金融DXBaaS埋込型金融ブロックチェーン
ケーススタディ
「デジタルゼネコン」へ自己変革するためのビジョンづくりと展開状況
〔建設業〕 清水建設のDXから「デジタルの力を信じる姿勢」を学ぶ
幡鎌 博
建設業DX清水建設デジタルゼネコンビジョン
ケーススタディ
デジタルで作品主義を磨き、まちづくりでも社会貢献する作品を創造へ
〔建設業〕 竹中工務店のDXから「作品主義」企業の事業創造を学ぶ
幡鎌 博
建設業DX竹中工務店作品主義BIM建物OS
ケーススタディ
建物・建設物とそのデジタルデータが一体化し、次世代の方法へ進化
〔建設業〕 DXは建物・建設物の施工・運用方法をどう変えるのか?
幡鎌 博
建設業DXBIMCIM建物OS