幡鎌 博のプロフィール

静岡県出身。富士通株式会社の在職中に筑波大学大学院を修了し博士号(システムズ・マネジメント)を取得。2003年4月より文教大学情報学部助教授。2011年より教授。2014年4月より経営学部教授。IT経営関連の教育・研究に従事。2020年4月より 合同会社デジタル・ビジネスモデル研究所代表。DXのビジネスモデルの方法論やAIを活用したビジネスマッチングの手法などを研究。著書に『eビジネス・DXの教科書』『ITマネジメント・エッセンス(通信研修用)』『DXのためのビジネスモデル設計方法』など。

幡鎌 博の最新記事
ケーススタディ
「デジタルゼネコン」へ自己変革するためのビジョンづくりと展開状況
〔建設業〕 清水建設のDXから「デジタルの力を信じる姿勢」を学ぶ
幡鎌 博
建設業DX清水建設デジタルゼネコンビジョン
ケーススタディ
デジタルで作品主義を磨き、まちづくりでも社会貢献する作品を創造へ
〔建設業〕 竹中工務店のDXから「作品主義」企業の事業創造を学ぶ
幡鎌 博
建設業DX竹中工務店作品主義BIM建物OS
ケーススタディ
建物・建設物とそのデジタルデータが一体化し、次世代の方法へ進化
〔建設業〕 DXは建物・建設物の施工・運用方法をどう変えるのか?
幡鎌 博
建設業DXBIMCIM建物OS
ケーススタディ
多くの顧客とつながり、共創することで、新たな価値を創造する
〔製造業〕 ヤマハ発動機のDXから「未来を創る」方法を学ぶ
幡鎌 博
ヤマハ発動機DXDX銘柄Y-DX1Y-DX2Y-DX3
ケーススタディ
生産性向上とソリューション事業に注力、AI活用でも成果
〔製造業〕 JFEのDXから「生き残りをかけたIT活用」を学ぶ
幡鎌 博
JFEホールディングスJFEスチールJFEエンジニアリングDXCPSAI
ケーススタディ
目指す姿は「命を支えるプラットフォーマー」
〔製造業〕 クボタのDXから「未来を構想する方法」を学ぶ
幡鎌 博
製造業DXデータ駆動型経営クボタ自動運転AI