文=岡崎優子

父と娘の深く揺れ動く感情、親子の深い絆、優しいまなざしで見つめ合う親子の情が鮮明に映し出される本作に共感すること必至

オスカー史上最大の番狂わせ!?

 現地時間4月25日。例年より2カ月遅れて、アカデミー賞授賞式が開催された。昨年はコロナ禍のため、多くの話題作が公開延期。地味な作品が揃った感は否めず、視聴率は最低だった前年からさらに58%ダウンした。

 そんな中、行われた授賞式での大きな話題は、オスカー史上初めて作品賞が主演女優賞・主演男優賞の前に発表されたことだろう。今年の主演男優賞には『ブラックパンサー』(18)で一躍スターとなったものの、昨年8月に大腸がんで43歳の若さで逝去したチャドウィック・ボーズマンが、遺作『マ・レイニーのブラックボトム』で受賞することが有力視されていた。

 故人が同賞を獲得するのは、『ネットワーク』(76)のピーター・フィンチ、『ダークナイト』(08)のヒース・レジャーに続き3人目。主催者側も感動的なフィナーレをと、主演男優賞を最後にもってきたことは、容易に想像がつく。

 だが、プレゼンテーターのホアキン・フェニックスが名前を呼び上げたのは、史上最高齢の83歳、『羊たちの沈黙』(91)以来、29年ぶり2度目の受賞となった『ファーザー』のアンソニー・ホプキンスだった。しかもホプキンスの姿は会場にも、中継地のロンドンにもなく、受賞スピーチがないまま授賞式は終了。肩透かしをくらった視聴者の不満でネットは炎上、伝統を覆してまでも盛り上げようと先走った、授賞式の在り方への批判も集まった。

 この騒動を収めるかのように、後日、ホプキンスは受賞にあたってのメッセージ映像をインスタグラムにアップ。故郷の英国ウェールズから、オスカーを受賞するとは思ってなかったと、驚きを隠せない戸惑いを見せていた。と同時に、あまりにも早く亡くなったチャドウィック・ボーズマンに敬意を表した。

 このインスタグラムに、ヒュー・ジャックマンが「ゴージャスなパフォーマンス」とコメント。ほか、マイケル・ダグラス、アレック・ボールドウィン、ケイト・ベッキンセイル、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アントニオ・バンデラスらが祝福のコメントを寄せた。

 

認知症患者の視点で描かれたサスペンス!?

 日本でも緊急事態宣言が9都道府県に出される中、5月14日より『ファーザー』が公開。認知症が進む父親をホプキンスが演じているが、なるほど納得のオスカー受賞だった。多くの批評家からも称されているが、確かに、ホプキンスの主演なくしては、本作は成り立たなかっただろう。主人公の名前もホプキンスと同じアンソニー。生年月日も1937年12月31日と、ホプキンスそのもののプロフィールが使われ、彼に当て書きされた作品であることがよく分かる。

監督はフランス人のフロリアン・ゼレール。『危険な関係』(88)でアカデミー賞脚色賞を受賞したクリストファー・ハンプトンがゼレールと共に共同脚本を務めた

 本作はフローレン・ゼレールが2012年に発表し、世界30カ国で上演された戯曲「Le Père 父」を、ゼレール自身が脚色し映画化。これがゼレールにとって、監督デビュー作となった。アカデミー賞では主演男優賞ほか、脚色賞を受賞。認知症の父親の介護で疲弊していく娘を演じたオリヴィア・コールマンが、主演女優賞を獲得した『女王陛下のお気に入り』(18)に続き助演女優賞候補になったほか、作品賞、美術賞、編集賞も候補にあがった。

 本作は認知症の父アンソニーの視点で描かれる。その断片的なエピソードから、アンソニーの記憶が徐々に失われていく過程が分かるのだが、その状況によって、部屋のレイアウト、様子が微妙に変わる。その居空間は長年住み慣れた家なのか、アンソニーが身を寄せている娘たちの家なのか、はたまた別の場所なのか……。アンソニーから見えている世界を視覚的に表現する美術、時空をランダムに組み替え演出する編集の素晴らしさ。オスカーを受賞してもおかしくはなかった、と思う。

 物語はアンソニーの苛立ち、不安、恐怖が相まって、サスペンスフルに進んでいく。いったい何が真実なのか、観客も彼らがおかれている状況が分からないまま……。下手なサスペンス映画、スリラー映画よりも、はるかに緊迫した緊張感が持続する。

 初のオスカー受賞となった『羊たちの沈黙』のレクター博士とは全く異なるキャラクターではあるが、表情だけで観客を緊張させるホプキンスの圧巻の演技は変わらない。現実と幻想の世界が交錯、その境界線が徐々に崩れていく過程が怖すぎる。まさに超高齢社会の現状下、現実的なホラーとして、受け止められる。

 

自分事として体感できる物語

 「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」の推計によると、2020年の65歳以上の高齢者の認知症有病率は16・7%。約602万人と、6人に1人が認知症を患っていることが報告されている。この状況は世界も同様で、WHO(世界保健機関)によると、2015年の認知症有病者数は5000万人。毎年1000万人が認知症になっているとも。

 個人的な話ではあるが、今年79歳になる私の母は健康で、会話のやりとりも普通にできるのだが、数秒前、数分前の記憶がきれいに飛んでしまう。何度も何度も同じ話を初めて話すかのように繰り返すため、こちらとしては不安になるし、苛立ちもする。診察を受けても、年相応の症状だと言われるのだが、絶対にそんなことはない。明らかに認知症の症状は進行している。

 だが、本人は大丈夫だと、その心配を受け付けず、心配しすぎると機嫌が悪くなる。状況や症状の違いはあるが、娘アンの苛立ちと不安は、決して他人事ではない。その一方で、認知症を体感させる演出にも唸らされる。解決されることのない認知症状。じわじわと迫りくる恐怖もまた、将来の自分事のように思える。

 

現実と幻想が交錯する中にある真実とは…

「史上最高の演技」と絶賛する声も多い、父アンソニー・ホプキンスと娘オリヴィア・コールマンの競演も大きな見どころの一つ

 冒頭、アンソニーの娘アンは、介護士をクビにした父親を心配して訪ねてくる。聞けば、腕時計を盗んだと思い込んだことが発端なのだが、腕時計はいつもアンソニーが保管している場所にあった。この頃はまだ認知症の症状が出始めた頃だったのだろう。激しい思い込みによる不信感は高齢者にありがち。その症状は大した問題でもなさそうだった。

 そんなアンソニーに、アンは新しい恋人と一緒に生活をするため、パリへ引っ越すことになったと報告。ショックを受けながらも、アンソニーはジェームズと結婚していると思っていたという。だが、アンは5年前に離婚。アンソニーもその事実は知っているはずだと言う。思えば、この時に受けたショックが認知症を加速させることになったのか。

 また別の日。居間には見知らぬ男性がいて尋ねると、アンと結婚して10年以上ここに住んでいるのだと言う。フランスに新しい恋人と引っ越すのではと聞くと、そんなはずはないとアンに電話。その電話を受け、急いで戻ってきたアンは、別の女性だった。混乱するアンソニーがようやく落ち着きを取り戻すと、見知らぬ男の姿はなく、アンも一緒に住んでいる夫はいないと言う。

 また、診察を受けている際、アンソニーは医者にアンがパリへ引っ越す話をするのだが、アンは否定。ここで観客は、アンは結婚しているのか離婚しているのか、パリに行くのか行かないのか、混乱してしまう。

 そういった意味でも、本作は真実を紐解いていく面白さもある。舞台原作らしく、登場人物は6人と少ない。アンの恋人に『ジュディ 虹の彼方に』(19)のルーファス・シーウェル、新しい若い介護人の女性ローラに『ビバリウム』(19)のイモージェン・プーツ、突然アンソニーの前に現れた謎の男に『プーと大人になった僕』(18)のマーク・ゲイティス、見知らぬ女性に『ゴーストライター』(10)のオリヴィア・ウィリアムズ。中には複数の役どころを演じる役者もいて、アンソニーと同じく、観客自身も混乱してしまう。

 自分の人生を選ぶべきか、父親の世話をすべきか。超高齢社会にあって、誰もが向かい合うジレンマ。そんな人生の岐路に立った娘の苦悩も垣間見える。

 映画は時代を映す鏡と言われるが、まさに今の時代に生まれた佳作と言えるだろう。

TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開中(配給:博報堂DYミュージック&ピクチャーズ)
© NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF  CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION  TRADEMARK FATHER LIMITED  F COMME FILM  CINÉ-@  ORANGE STUDIO 2020