「アンリアレイジ」森永邦彦の思想を、服飾史家中野香織が読み解く。

文=中野香織

デザイナー、森永邦彦氏は1980年東京都生まれ。早稲田大学を卒業後、バンタンデザイン研究所で服づくりをスタート。2003年にアンリアレイジを設立すると、わずか数年で東京コレクションを代表するブランドに成長。2015年春夏からはパリコレクションに発表の場を移し、世界的な評価を獲得する。フランスのポンピドゥー・センター・メスや森美術館で展覧会を開催するなど、その作品はアート的な観点からも注目されている

モードをめぐる冒険物語

 デザイナーが、東京タワーの事務所で土下座しているシーンから物語が始まる。

 森永邦彦と神田恵介が東京タワー大展望台でゲリラ的なファッションショーをおこなった結果、その余波を受けた人たちは激怒している。東京タワーの管理者は、許可を得なかったことに対して。そしてファッションジャーナリストは、バックステージで服が見られなかったことに対して。激しすぎる、暗と明のリアクション。

 映像がありありと眼前に浮かぶようなこの最初のエピソードから心奪われ、アンリアレイジのデザイナー、森永邦彦の人生にぐいぐい引きずり込まれていく。『AとZ アンリアレイジのファッション』(早稲田大学出版部)は、モードとは何かを考えさせてくれるばかりでない。好きなことを仕事にすると何が起きるのか、キャリアはいかに築かれるのか、人生を生きるとはどういうことか、ということまで考えさせる。デザイナーの波乱に満ちた冒険物語をたどりながら、モードという神秘のベールに包まれた世界を創っている人が何を考えているのか、その内側に導かれていく。

アンリアレイジのデザイナー、森永邦彦氏による初の書き下ろし書籍。ブランドの歩みからものづくりのヒントまでを率直に綴ったこちらの作品は、AMAZONや都内の書店を中心に販売されている。990円/早稲田大学出版部

終わりなき非日常を生きるために

 アンリアレイジというブランド名にあまりなじみのない読者のために、簡単に紹介しよう。1980年生まれの森永邦彦は、予備校時代に神田恵介と運命的な出会いを果たし、彼の後を追って早稲田大学社会科学部に入学、在学中にバンタンデザイン研究所に通って服作りを始める。2003年、「ANREALAGEアンリアレイジ」を立ち上げた。ANREALAGEは、A real(日常), Unreal(非日常), そしてAge (時代)を組み合わせた造語である。ミース・ファン・デル・ローエの「神は細部に宿る」という概念を創作の芯にもち、マニアックなほど細かいパッチワークと最新のテクノロジーを用いた洋服づくりを特徴とする。テーマとコンセプトこそ服作りの根幹と言い切り、人間の身体を超えた独創的で挑発的な作品を発表し続け、世界のクリエイターに刺激を与えている。2015年春夏コレクション(2014年発表)よりパリコレクションに参加している。

 ブランド名には、デザイナーの死生観も反映されている。時の移ろいとともに、日常の生は、非日常の死に移り変わる。時の移ろいとともに、枯れた植物は種を残して芽を出す。日常と非日常は時とともに移ろいながらつながっているのだ。藤子・F・不二雄が提唱する「SF(すこしふしぎ)」に近い感覚だと、彼はこの本の中で書く。この感覚は、コロナ禍のまっただなかにある私たちには身をもって理解できるのではないか。非日常が続くあまり、それが日常になっている。新しい日常と言われても、かつての日常とぷっつり分断されているわけでもない。日常と非日常はつながっており、その違いは、ともすると見過ごされてしまうほどに、ほんのすこしなのだ。

アンリアレイジがパリのファッションウィークにデジタルで参加した、2021年春夏コレクションより。「HOME」と題したこちらでは、洋服を移動可能な家と捉えつつも、単なる家の中で着るホームウエアではなく、家のように体を覆うという概念の〝ホームウエア〟を提案。ヘッドピースは建築家の隈研吾と協業している! コンセプトからテキスタイルの機能に至るまで、コロナ禍を生きるためのヒントが詰まったコレクションだ

前衛的な作品とクラシックな倫理観

 アンリアレイジの作品やショーだけを見ると、大展望台でのショーといい、紫外線照射で色が変わる服といい、〇△□のコレクションといい、家のような服を表現したHOMEコレクションと言い、哲学的ながら奇想天外な表現に見える。コンセプトは理知的で洗練されており、常人には思いつかない天才の発想のように見える。

 しかし、本書で明かされるそれぞれの作品の背景から伝わってくるのは、過度なくらいにウェットな、周囲の人との関係である。とりわけ、彼をファッションの世界に導き、キャリアの転機となるポイント、ポイントで常に支柱となってきた神田恵介との絆の濃厚さときたら、血よりも濃いのではないか。マニアックなパッチワークが生まれた背景にも、中学時代からの親友である真木くんがいて、彼とのエピソードもまたじわりとしみいる。

 情が濃すぎるあまり霊界の人との結びつきまで示唆される。アンリアレイジをパリコレに導く後押しをしたのは大塚博美だが、その背後には、すでに故人となっていた堀切ミロがいた。森永邦彦の伯父にあたる森永博志とミロがつながっていたことで、大塚が動いたのである。その伯父にしても、ファミリーとの縁を切っていたので、森永邦彦がみずから動き、探し当てている。

 そんな数々の人間の絆にいろどられた物語に心をつかまれると、前衛的でコンセプチュアルなモードが、一転して、血の通った、むしろ野暮なほどの感情のやりとりの有機的な果実と見えてくるから不思議である。ここにもまた、日常(友人や家族、社員との関係)と非日常(大舞台での作品やショー)が一続きになっていることに気づかされて、やられた、と思わされるのだ。

 日常と非日常が一続きであるように、日々の生活の中で人との関係を慈しんでいくことと、仕事での大きな業績は、実は一続きなのである。本書からはそんな倫理観まで伝わる。

 新しい日常、と躍起に騒ぎ立て、古い人間関係を断捨離することまでを奨励するアジテーションが散見される時代だが、そのような浮薄な流れに抵抗し、まずは自分の周囲を大切にする。人としての基本を守り抜くやさしさの延長に大きな人生の果実が実るであろうことを、森永邦彦は教えてくれる。最前衛を切り開く人は、意外と「古い」のだ。