文=中野香織

北海道・池田町にある羊牧場「ボーヤファーム」にて。約800頭の羊が広大な大自然のもとで育てられ、良質な羊肉を日本全国に届けている

 企業の社会的責任、というテーマのもとに語るには、このプロジェクトはロマンティックすぎるかもしれない。

 尾州こと愛知県尾張一宮にある毛織物の老舗、「中外国島」(11月6日より「国島」と改名)の社長、伊藤核太郎さんが始めた、日本の牧羊業を救う一大プロジェクトのことである。

 その名は、J SHEPERDS(ジェイ・シェパーズ)。

 日本各地の牧場から買い取った純国産の羊毛だけを使って生地を生産し、製品販売までをおこなうプロジェクトである。

 J SHEPERDSプロジェクトの過程で最も困難な仕事となるのが原毛の調達である。この点については、他の専門家たちと組んでサブ・プロジェクトを進める。それを、ジャパン・ウール・プロジェクトと名付けた。各牧場で原料管理の知識を広め、原毛を調達しやすくする活動を含む。

 最終的なゴールは、日本の牧羊業のすばらしさを伝え、個性的な羊飼いや羊がいる日本の風景を守りぬくこと。牧羊業の現状を知るにつけ、なんと壮大でロマンティックなゴールなのかと感じ入る。

北海道恵庭市で約1000頭の羊を育てる日本最大級の牧場「えこりん村」。キャンプやレストランなども楽しめるテーマパークとしても有名なこちらには、週末はたくさんの観光客が押し寄せる

羊飼いのロマンを生地に託して

 始まりは、2018年である。伊藤さんが北海道内の牧場を訪問した時に会った羊飼い、松山農場の柳生佳樹さんがぼそっとつぶやいた。

 「羊は、もうからない。でも、北海道の草原には、羊がいちばん似合う。」

 緑が広がる北海道の草原には、白い雲のもとでも赤い夕陽のもとでも、羊はしっくりと美しくとけこむ。乳も肉も毛もまるごと活用できる羊は、北海道の原風景の一部なのだ。羊飼いたちは、牧羊業はもうからない、とぼやきながらも、羊と、羊のいる北海道にほれ込んでいる。自分たちも羊と同様、北海道の自然の一部なのだからという諦念に似た覚悟があるのかもしれない。だから、もうからなくても牧羊業をやめない。

 こんな愛しい羊飼いたちを守りたい。日本の牧羊業がもうかる仕組みを作りたい。日本にこんなにすばらしい羊毛を作っている人たちがいることを、伝えたい。自分の仕事ならば、商品を通じてそのすばらしさを消費者に伝えられるはずだ。伊藤さんの心に火がついて、プロジェクトが始まった。

北海道・美深町の仁宇布(ニウプ)地区にある「松山農場」。羊肉やそのミルクを使った乳製品のほか、じゃがいもや蕎麦などの栽培も手がけている

なぜ日本の羊毛は廃棄されてきたのか?

 現在、北海道で飼育されている羊は1万頭(日本全体では1万7千頭)。オーストラリアの7000万頭、中国の1億6000万頭と比べると、零細ぶりが際立つ。羊毛となると、実はほとんど活かされていない。

 たとえば、北海道の羊はサフォーク種を中心にポールドーセット種などさまざまだが、ほとんど食肉生産のみに利用され、毛の9割は廃棄されてきた。ポールドーセット種はコシハリの強い貴重な羊毛であるというのに、なんと、もったいない。

昭和63年にニット製品用のウールをつくるために創業した牧場、「ボーヤファーム」。国内ウール産業の衰退によって現在はほぼ羊肉に特化しているが、細番手の毛が採れる羊「コリデール」種の末裔も多く、良質なウールを生産するためのポテンシャルを秘めている

 なぜ、これまで羊毛が廃棄されてきたのか。

 毛刈り後の工程と物流に莫大な経費がかかるからである。北海道の零細な牧羊業では、とてもそこまでは手が回らないというのが実情で、泣く泣く捨てられてきたのだった。羊毛には泥やごみ、油が付着しており、羊毛としての商品化を困難にしていたという事情もあった。

北海道・白糠町にある牧場「羊まるごと研究所」の所長、酒井さん。彼は小規模な手織り工房を中心に、羊毛の販売にも注力。顧客ひとりひとりの好みに合わせて選別し、出荷しているという

 伊藤さんは、京都で羊毛輸入業を営む本出ますみさん、名古屋の毛刈り職人山本雪さんら旧知の仕事仲間に相談し、協力をあおいだ。牧場に赴き、毛刈りの技術や選別、管理の知識を指導し、捨てられている原毛を商品化したうえで、羊毛を国島が買い取る。これをジャパン・ウール・プロジェクトと命名した。

 プロジェクトでは、毛が汚れにくい飼育方法も羊飼いたちに伝授していく。これまでは原毛の買い取り先がないために、せっかくの原毛が捨てられていた。国島が買い取りを保証することで、羊毛の扱い方の知識も広めていくことができるのだ。

採取した羊毛にはたくさんの皮脂やゴミが残っている。このような大きい釜で洗浄した後で染色することで、私たちが普段見慣れたウールフリースが誕生する。大抵の生地づくりにおいてはこのとき、ウールを脱色する「さらし」という工程が加わるが、自然の風合いを大切にするJ SHEPERDSにおいては、あえて未脱色のまま染色する。写真は愛知県一宮市にある「森保染色」

純国産のツイード、誕生

 2019年には、北海道の恵庭市で飼育され毛刈りされた羊の毛を中心に北海道全土から羊毛を集め、帯広市で洗毛し、大阪府泉大津市で紡績し、愛知県一宮市でツイードを織り上げた。すべての工程を日本国内でおこなったツイードが誕生した。

 羊毛や糸を輸入して、生産工程の一部を日本でおこなうという意味での日本産ならば、これまでも存在した。だが、国島が手がけた「北海道ツイード」は、原料生産から製品生産・販売までのすべてのプロセスを日本でおこなった初めてのツイードとなる。

 かくして北海道ツイードは2020年1月に完成した。洗毛過程で化学染料を使わない100%オーガニックな生地。牧草作りから始まるすべての生産プロセスを現地で確認しているので、伊藤さんにとっての愛着はひとしおである。

 初の純国産ツイードは、弾力のある原毛を活かした厚みのある生地で、素朴な風合いに仕上がった。生地を顔に近づけると、そこはかとなく牧草の香りがする。

染め上がった状態のウールファイバーをチェックしていく。写真は「森保染色」で技術顧問を手がける梅原博士だ

 このツイードで織られたコートを羽織ってみた。原毛を多く投入して高密度に織り上げており、海外の有名ツイードと比べ2割ほど重いはずだが、予想よりも軽い着心地。ボールドーセット種の羊毛はちぢれが強く空気を多く含む。その風合いを生かすようにやさしく洗毛するなど、こだわりぬいて試作を重ねた成果である。

 いち早く生地を採用したテイラーからは「温かく深みのある風合いながらハリとコシがあり、パリっとシャープに仕上がる」との声が上がった。羊飼いたちが羊に注いだ愛情を感じ取っていただけたらうれしい、と伊藤さんは話す。

染め上がったウールは大阪の紡績工場「泉州羊毛」に運ばれ、撚りをかけて糸になる。写真は針がたくさんついた機械に通すことで、塊状の羊毛を均一な厚みに伸ばす工程

ジャパン・ウール・プロジェクトの可能性

 2020年は、北海道、宮城、高知など全国12カ所の牧場がプロジェクトに賛同し、国島に原毛を提供した。国島は総量で2トンを購入した。すべて化炭処理なし、薬剤使用なしのオーガニックな羊毛である。

 参加牧場の拡大に伴い、羊毛の品種も多様になった。ポールドーセットの使用量はほぼ昨年並みだが、サフォークとコリデールが増加しており、いずれもポールドーセットと比べると毛質が柔らかい。そのため、今年、生産されたツイードは毛羽が抑えられ、ソフトな風合いが前面に出ている。そんなふうに、毎年、異なる風合いのツイードが生まれてくることにもワクワクする。ワインの当たり年みたいに、「2020年もの」のツイードは将来、価値を帯びるかもしれない。将来はさておき、国島は、牧場の朝、昼、夜をイメージした美しいツイードを10種類、織り上げた。

 製品化した生地は、J SHEPHERDSのスタイリッシュな織ネームをつけられ、同社店舗や都内の百貨店など7カ所で販売される。

牧場から染色工場、紡績工場を経てつくられたウール糸は織物工場「中外国島」に納品され、ようやく1枚のツイードが織り上がる。さらにその生地を仕立て屋が縫製することで、一着のスーツは完成するのだ。ふんわりとした原毛を生かすために空気をたっぷりと含ませながら織ったJ SHEPERDSのツイードは、ヘビーながら素晴らしいハリ感で、仕立て栄えも着心地も抜群だとか。生地やスーツについての問い合わせは中外国島(https://www.ckktex.co.jp)へ

 世界各地のツイードは、土地に根ざした野趣が魅力である。ツイードは土地の物語と共に伝承され、文化的価値を帯びていった。スコットランドでは、同じ地域で働き生活する人たちを特定する織柄(エステートツイード)の生産も盛んである。チャールズ皇太子がこの織柄を率先して保護していることでも有名である。

 日本のツイードも、各地の物語とともに伝承されていくことで、ラグジュアリーな価値を帯びる織物になる可能性を秘めているのではないだろうか。少なくとも、産声をあげたばかりのツイードは、それを着る私たちが積極的に守り育てていくものでもある。このプロジェクトに賛同した私も、微力ながら応援したいと思い、ジャパンツイードを着る予定である。ジャケットやコートを着ることで、北海道の羊や羊飼いたちとつながることができるって、やはりちょっとロマンティックだ。

 始まったばかりのジャパンツイードの物語は、消費者が産地とのフェアなつながりを実感しながら紡いでいく、持続可能な社会の物語でもある。