IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.17

AIが生み出す「作品」たち、著作権の行方は
AIクリエイターによる創作物は「著作物」となるのか

BY

「AI(人工知能)が人間の仕事を奪う」と言われるようになって久しいが、昨今AIは文章を書いたり芸術作品を生み出したりといった、いわゆる「創作活動」まで行なえるようになってきていることをご存知だろうか。

例を挙げると、2017年1月からサービス開始となった、日本経済新聞社の「決算サマリー」(※1)。このサービスの特徴は、企業の開示情報をAIが自動編集して決算情報の要点をまとめた文章を作成し、配信まで自動で行なってくれる点にある。

また最近では、文学としてはまだまだこれから、という段階ではあるが、Botnik Studios(※2)というコンテンツクリエイター集団がファンタジー小説の名作「ハリー・ポッター」のシリーズ7作をAIに学習させ、ハリー・ポッターの新作を書かせる実験が話題にもなった。

このように、AIが人間の代わりに「創作」する場面が少しずつ増えてきている。そうした際にその作品は「著作物」となり得るのか。そして、もし著作物となった時の「著作権者」は誰のものになるのか。

自動運転の技術が車に取り入れられた際にも、事故が発生した際には保険をどのように適用するのか、免許の「減点」はどうなるのかなど、AIと人間の境界線は実用化に向けて目をそらせない議論だ。

今回は、人間とAIが創り出したコンテンツのあり方を考察していこう。


※1:決算サマリー
※2:Botnik Studios

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏
PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】
IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集
スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売
Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ
「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで
徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング
ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント
IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。