高橋 秀典のプロフィール

1960年、神奈川県生まれ。1983年4月、早稲田大学第一文学部卒業とともに日本リクルートセンター(現リクルート)社に入社。コピーライター、広告制作ディレクター、広報室社外広報担当を経て、1988年4月、日本初のソフトウェア情報誌「パッケージソフト」誌の創刊メンバーに。翌年から「月刊パッケージソフト」誌編集長に就任し、1991年12月、同誌休刊とともに、リクルート社を退社。 1992年3月、IT業界に特化した広告・イベント会社、株式会社タスク・システムプロモーションを設立し、代表取締役社長に就任。米国「ソフトウェアマガジン」誌の日本語版ニューズレターや経営者・ビジネスマン向けIT入門書「タスクIT新書」シリーズの発行など出版事業に進出。 2001年11月、同社代表取締役社長を退任し、2002年7月、ITを中心としたビジネスコンテンツ制作とIT業界向けマーケティングを手掛ける株式会社ナッツコミュニケーションを設立、代表取締役社長に就任。

高橋 秀典の最新記事
ケーススタディ
情報システムグループは場とビジョンを示して現場発のイノベーションを促す
星野リゾートが「ダツコモ山ノボレ作戦」で取り組むDX
高橋 秀典
星野リゾート情シス内製化DX
ケーススタディ
”稼げる”仕組みの構築がSDGsに直結する
墨田区が「暮らしのアップデート」から描く持続的な産業復興
高橋 秀典
墨田区SDGs産業復興ものづくり
キーパーソン
事業のコアを見つめ直し、それを持続可能にする
サントリーHD 藤原正明が考える「サステナビリティ経営の鍵」
高橋 秀典
サントリーホールディングスサステナビリティ経営SDGsアイデンティティ
ケーススタディ
人中心の建設業界を「DXで魅力的に変える」極意とは?
大成建設が10年後の環境変化を見据えて推進する「3つのDX」の切り札
高橋 秀典
大成建設経営基盤生産プロセスサービス・ソリューション
ケーススタディ
京急が目指す「過去をつなげて続ける」持続的な価値創造
三浦半島の観光型MaaSは「すでにある新たな価値」をDXでつなぐ
高橋 秀典
京浜急行電鉄MaaS三浦COCOON
理論と知識
自治体初のマーケティング課が取り組むブランディングと価値の向上
人口増加数1位の流山市が行った「子育て世代への訴求」とは
高橋 秀典
少子高齢化人口減少流山市マーケティング課シビックプライド