高橋 秀典のプロフィール

1960年、神奈川県生まれ。1983年4月、早稲田大学第一文学部卒業とともに日本リクルートセンター(現リクルート)社に入社。コピーライター、広告制作ディレクター、広報室社外広報担当を経て、1988年4月、日本初のソフトウェア情報誌「パッケージソフト」誌の創刊メンバーに。翌年から「月刊パッケージソフト」誌編集長に就任し、1991年12月、同誌休刊とともに、リクルート社を退社。 1992年3月、IT業界に特化した広告・イベント会社、株式会社タスク・システムプロモーションを設立し、代表取締役社長に就任。米国「ソフトウェアマガジン」誌の日本語版ニューズレターや経営者・ビジネスマン向けIT入門書「タスクIT新書」シリーズの発行など出版事業に進出。 2001年11月、同社代表取締役社長を退任し、2002年7月、ITを中心としたビジネスコンテンツ制作とIT業界向けマーケティングを手掛ける株式会社ナッツコミュニケーションを設立、代表取締役社長に就任。

高橋 秀典の最新記事
ケーススタディ
現場視点のソリューションから新たなビジネスバリューが生まれる
日揮グループに「強みを生かしたビジネスモデルの多様化」を学ぼう
高橋 秀典
日揮グループDX製造DXものづくりDXブラウンリバースINTEGNANCE VR
キーパーソン
前例踏襲型からの脱却に注力するENEOSホールディングス
DXカンパニーへの転身は企業文化の変革から始まる
高橋 秀典
ENEOSホールディングスDX製造DXENEOS-DX CoreENEOS-DX NextAI
キーパーソン
DXという言葉に振り回されず、変えることと変えないことを見極める
日本取引所グループが進める「本来の価値を届けるための変革」
高橋 秀典
日本取引所グループDX金融DXJPX総研arrowhead先端技術開発センター
ケーススタディ
全社一丸で取り組む鉄道事業の構造改革と変化対応力向上のためのDX
JR西日本が厳しい経営環境をバネにイノベーション組織へ変貌している
高橋 秀典
鉄道DXJR西日本イノベーション・マネジメントシステムステージゲート法うめきた地下駅大阪・関西万博
ケーススタディ
デジタルを活用して地域のイベントや飲食サブスク、廃棄物収集業務まで行う
小田急電鉄が鉄道会社の枠を超えて志向する「地域価値創造型企業」の姿
高橋 秀典
小田急電鉄MaaS JapanEMot地域価値創造企業交通DX
ケーススタディ
EX、CXの最大化を図り、ヒト・モノ・コトの距離を縮める社会を目指す
日本航空がDXの先に見据える次世代エアモビリティ事業と社会課題の解決
高橋 秀典
日本航空イノベーションラボ次世代エアモビリティアバターロボット空飛ぶクルマ