IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.08.02

大手も乗り出す「民泊ビジネス」鍵はテクノロジー
管理の煩雑さを軽減させる製品・サービス利用で効率化

BY

民泊ビジネスはIoT利活用なしでは成立しない

そこで期待されているのがIoTの活用である。スマートロックと呼ばれる製品は物理的な鍵は存在せず、スマートフォンアプリで開錠・施錠ができる。これを使えば、物理的な鍵を紛失することもなく、受け渡しもスムーズに行うことが可能だ。

これから新規で建築される民泊向け物件であれば、こうしたスマートロックは標準装備となっていくだろう。しかし、既存物件への後付けができる製品も多いのがスマートロックの特徴だ。

また、デジタルで管理するスマートロックならではのメリットもある。例えば、後付けも可能なスマートロック「Akerun(アケルン)」は、鍵の受け渡しだけではなく、入退室の管理まで一括管理が可能。解錠・施錠した時間がオーナーのスマートフォンに通知されるので、宿泊客の入退室状況を簡単に把握できるのだ。

「Akerun」はスマートフォンで解錠できるスマートロック。後付けで設置も可能。またレンタルプランもあるなど導入しやすいのが特徴

また、自宅以外の物件を民泊で提供する場合、管理人がいない状況で宿泊客だけが物件を出入りすることになる。そうなると、様々な懸念が出てくる。

例えば、宿泊客が人数を偽った場合。宿泊時に人数を確認してから鍵を渡すわけではないので、複数人で宿泊するのに1人と偽って利用すれば、1人分の宿泊料しか請求できなくなってしまう。

さらに、備品を壊したり紛失したりした場合も、すぐには状況を把握できずに請求が遅れ、最悪の場合、賠償請求の権利を喪失してしまうことも起きかねない。

こうしたトラブルを回避するためには、やはり防犯カメラが必要になるだろう。しかし、民泊のオーナーは専業で宿泊業を営んでいるケースばかりではなく、副業あるいは複数の物件で展開しているケースもあるだろう。そうした時、常に監視カメラを目視しているわけにはいかない。

そこで、IoT対応のリモートカメラが活躍しそうだ。「Netatmo Welcome」は、顔認識機能付きの屋内防犯カメラで、登録されていない顔を認識するとオーナーのスマートフォンに通知されるようになっている。したがって、利用開始時までに顔の登録を行うようにしておけば、余計なトラブルを防げるかもしれない。

必要な時にだけ作動することで管理コストも低減できる。このようなニーズに合致する製品こそIoTデバイスの真骨頂と言えるだろう
JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

UQ mobile、家庭向けのIoTサービス「UQ×with HOME」を開始

KDDI、ヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化する「KDDI IoTクラウド ~Pocket GPS~」

富士フイルムと日本マイクロソフト、医療現場支援の実現に向けた協業を開始

416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測

スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い

IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破

「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も

中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方

これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供

IoTは誰のため

東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始

マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 

エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント

「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く

台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める

Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)

モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス

米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入

東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース

UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

UQ mobile、家庭向けのIoTサービス「UQ×with HOME」を開始

KDDI、ヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化する「KDDI IoTクラウド ~Pocket GPS~」

富士フイルムと日本マイクロソフト、医療現場支援の実現に向けた協業を開始

416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測

スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い

IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破

「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も

中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方

これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供

IoTは誰のため

東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始

マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 

エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント

「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く

台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める

Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)

モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス

米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入

東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース

UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

IoTニュース

Interop Tokyo 2019出展製品から探る、IoT/エッジ、SD-WAN、LAN関連のトレンド
1週間分のクスリを管理。薬飲み忘れ防止IoTデバイス『Memo Box』
スマホ連携可のカメラ付きのチャイム、安価に安心を買えるけど設置がネック(すずまり)
電池寿命が約20%向上したIoT紛失防止デバイス
タクシーを活用したAI危険予測サービス、JapanTaxi × ottaが2019年度中に提供
App Service on Linuxに期限なく無料で使える「Free料金レベル」
IoTを生かすAIは「Actionable Insights(実用的なインサイト)」ではないか
KDDIとナビタイムがMaaSで連携--計約9000万人の顧客ビッグデータを活用
IoTを活用した屋外施設の常時監視サービス、日本ユニシスが提供開始
医療現場へのAI/IoT活用がもたらすビジネスチャンスとは
そのPoCが問題かも? 3つのケース別に解説、ファクトリーIoTの導入障壁
ソニー独自のLPWA「ELTRES」、サービス開始へ
Ansibleでネットワークコード化――ネットワンに聞いた「地に足の着いた運用効率化」
セイコーソリューションズ、IoT/M2M向けLTE対応無線ルーターのマルチキャリア対応新モデル「SkyBridge MB-A200/210」
DeNA、AI搭載のドラレコで交通事故を削減する新サービス「ドライブ チャート」。発表会ではデモも実施
戸田建設と村田製作所、建設作業者の熱ストレスをセンサー付きヘルメットで監視するシステム | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。