IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.26

会津の“幻のトマト”、育てていたのはITだった
土壌の状態をセンシングして水と肥料を自動供給

BY

アルス古川のビニールハウスで栽培されているミニトマト(写真提供:アルス古川)

「これ、トマトじゃないよね!」

 ビニールハウスの中で、穫れたてのミニトマトを口にした小泉進次郎氏は驚きの声をあげたという。

 小泉氏は、本当は生のトマトが苦手だそうだ。「でも、これなら食べられる。もうトマトじゃないね。さくらんぼみたいだ」。トマトであることを忘れさせる、まるでフルーツのような甘さと食感を小泉氏は絶賛した。

会津に来なければ手に入らない

 2016年8月、衆議院議員、自民党農林部会長の小泉進次郎氏が福島県の農業の視察に訪れた。その際、訪問先の1カ所となったのが農業法人「アルス古川」(福島県・会津坂下町)である。小泉氏が試食したのは、同社のビニールハウスで育てられたミニトマト。品種名は「プチぷよ」という。

 アルス古川のプチぷよは、“幻のトマト”と言ってよい。なぜなら食べられるのは1年の中で7~8月だけ、そのうえ会津坂下町まで足を運ばなければ手に入らないからだ。

「皮が本当に柔らかくて輸送できないんです。タオルでふくと皮がペロッと向けてしまうくらい。輸送したらすぐに痛んでしまいます。そんな状態で人に渡したくないので、地元の直売所だけで売っています」(アルス古川の古川純平さん)

 プチぷよが希少なのは、厳しい品質チェックのためでもある。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。