あのガイ・リッチーが、英国紳士の今を笑い飛ばす! 最新作『ジェントルメン』の楽しみ方を、服飾史家の中野香織氏が教えます。

文=中野香織

『ジェントルメン』
全国ロードショー公開中。上映館については、各映画館にご確認お願いいたします。
配給:キノフィルムズ
© 2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.

ガイ・リッチー、会心のブラックコメディ

  ガイ・リッチー監督の『ジェントルメン』(2020)は、ロンドンとその周辺を舞台に、一癖も二癖もある「紳士」たちがだまし合いの抗争を繰り広げるクリミナル・ブラックコメディである。

 一代でマリファナ王にのしあがったアメリカ人が引退しようとしたことで、巨額の麻薬ビジネスを有利に継承すべく、ユダヤ人の大富豪、中国マフィア、ロシアンマフィア、ストリートギャング、私立探偵、タブロイド紙編集長らが入り乱れ、マフィア王の妻やストリートギャングの親玉がからんで、誰が最後に笑うのか、いや誰も生き残らないのではないかという血まみれの駆け引きやどんでん返しが展開していく。

 ガイ・リッチー印全開の饒舌な語り口もさることながら、イギリスの階級に紐づいた現代的なメンズファッションも見ごたえがある。リッチーはファッションにもこだわりが強く、本作でも各人物の服装を立場に応じて細かく着分けさせている。衣装デザイナーは、マイケル・ウィルキンソン。『アメリカン・ハッスル』(2013)でオスカーにノミネートされており、ガイ・リッチーと組んだ『アラジン』(2019)ではサターン賞を受賞している。

 

細部にまでこだわった、現代の英国紳士スタイル

 ロンドンで成功した成り上がりのアメリカ人麻薬王、ミッキー(マシュー・マコノヒー)が着るのが、クラシックな英国テイラリングによる上質な英国紳士スタイルである。ウール、カシミア、シルクが多用され、ウィンドウペーン、プリンス・オブ・ウェールズ・チェックなど英国的な柄が印象的に使われている。ただ、深い赤の重ね着をはじめ、イギリスの伝統にはあまり見られない色使いや細部が時折、出てくることで、<英国上流紳士世界に憧れている、外の人>感をさりげなく伝えている。

 ミッキーの片腕、レイ(チャーリー・フナム)は、実務家の英国紳士らしいスタイル。テイラードウェアにバブアーのコート、ニットタイやツイードベスト、シグネットリングをつけて靴は上等なカスタムメイド、というあたりにリアリティがある。

 ゲスな私立探偵、フレッチャー(ヒュー・グラント)は映画好きという設定で、1970年代の映画監督風スタイルで登場する。ハイネックセーターに着古したレザージャケット、クロコのブーツにレイバンのウェイファラーという、こてこてな70年代風である。そのうえ、サングラスの色がグレーがかったパープルときているので、いかがわしさを最大限に醸し出している。この嫌われ役を演じているのが、かつてはロマンティックコメディの貴公子だったヒュー・グラントであるということに、往年のファンは少しの痛みとともに人生の長さを思う。アジアのロマコメスター、ヘンリー・ゴールディングもこの映画では中国のチンピラ役で、ファンの落胆を思うと心が沈む。

 出色なのが、ストリートギャングや彼らのコーチ(コリン・ファレル)が着るトラックスーツである。英国スーツに使われる古典的チェック柄にひねりをくわえた柄物の生地で作られたトラックスーツなのだ。映画用に生地から作りあげたという。これが妙に新鮮で、いいな、私もほしいなと思っていたら、映画にヒントを得たトラックスーツを販売するECサイトを発見した。ウクライナの「MG」というブランドが、チェック柄のトラックスーツを作って販売していた。イギリスではロンズデールというスポーツブランドがすでにこの手のウェアを作っている。映画のなかでは下層階級のギャングのユニフォームのように着られているが、英国の階級とは紐づかない他の国では、ワンマイルウェアとして人気が出そう。

 特徴あるメンズウェアの面白さをひときわ引き立てるのが、「コックニーのクレオパトラ」ことミッキーの妻ロザリンド(ミシェル・ドッカリー)が着る大胆なハイブランドの数々。肩がシャープなバルマン、ラルフ・ローレン、キャロリーナ・ヘレラなどを、赤い靴底のルブタンのハイヒールでシャープに着こなす。夫に「I love you」と言われるたびに「もちろんそうでしょ」と高みから返す肝の据わった振る舞いは、「ダウントンアビー」の長女メアリーの強さにも通じるところがある。こういう自信にあふれた女性に支配されるのが好きな「紳士」は、時代を超えて、実に多い。「あなた好みに」合わせるのが女性の美徳であるかのように歌われてきた日本では、こういう傾向をもつ「紳士」は少数派なんだろうか。

キーワードは「ジェントリフィケーション」

 失礼、話がとんだ。そのように衣装だけでも語りがいのある映画なのだが、社会批判もなかなか痛烈である。キーワードは、セリフとして頻繁にでてくる「ジェントリフィケーション(Gentrification)」である。

 ジェントリフィケーションとは、ある地域に富裕な階層が住み始めると、建物の改修や周囲の再開発が進んで地域の居住価値が向上する現象である。よいことばかりでもなく、元から住んでいた住民が家賃を払えなくなり転出を余儀なくされるという副作用も起きる。

 たとえばNYのソーホーがよい例である。かつては倉庫だらけの廃墟だった。1950年代以降、そんな場所をおもしろがった画家やミュージシャンが住み始め、カウンターカルチャーの拠点になっていく。するとボヘミアン文化へのあこがれから富裕層が住み始める。結果、ソーホー全体の居住環境が改善されて家賃が上昇し、1980年代には高級住宅地になっていた。こうなるとかつて住んでいたアーティストたちは家賃が払えず、転出せざるをえなくなる……という皮肉な現象が生まれた。

 資本がたっぷり流入することで、質は向上し、経済価値は上がるが、もとからあったものが追い出されてしまう現象、と言い換えてもいい。ガイ・リッチー自身も、かつてディズニーの『アラジン』を撮ったときには「ジェントリフィケーションがおこなわれた」と批判されたことがある。潤沢な資金をもつスタジオの仕事をしたことで、英国映画界のアンファンテリブル(恐るべき子供)と呼ばれたころの毒気が浄化されて、万人受けの「すてきな」映画を撮ってしまった、という含みである。それがカチンときたのかどうかわからないが、本作では、かつての毒気を取り戻し、富裕なアメリカ人によるイギリス紳士世界の「ジェントリフィケーション」を描いているのである。

 イギリスのカントリーサイドに大邸宅をかまえる貴族は、広大な土地を所有するものの、実はお屋敷の維持管理が十全にできるほどの経済状態にはなく、屋敷の改修費もままならないほど困窮していることが多い。一部の貴族は、邸宅の一部を公開して観光客に見せて金をとり、自分たちはお屋敷の片隅の部屋でひっそり暮らしている。壮麗なお屋敷を見学すると、「プライベート」と書かれた立ち入り禁止部屋を見つけることがある。その奥にお屋敷の主と家族が暮らしているというわけである。

 この映画のなかでは、アメリカの麻薬王が、この困窮した貴族たちを「ジェントリファイ」するのだ。この仕組みが痛快なのである。詳細を書くとネタバレになるので曖昧にしておくが、とにかく、富裕なアメリカ人が困窮する英国貴族に資金を流し込むことで、荒廃しかけていた貴族のお屋敷は改修され、価値を上げる、つまりジェントリフィケーションがなされるのである。結果、お屋敷の体裁と英国貴族としての体面は一時的に保たれるが、その内実はぼろぼろで、英国貴族などいなくなっていく未来が見える。代わりに住むのはおそらく、ジェントリフィケーションを行いながら虎視眈々とそのお屋敷を狙っていた富裕なアメリカ人であろう……。

 アメリカ人による、英国紳士世界のジェントリフィケーション。これを描くガイ・リッチー自身が、準男爵の爵位をもつマイケル・レイトンの継息子なので、いわば「身内」に向けた皮肉のようにも見える。ブラックな笑いが誘われる。

 

「ジェントリフィケーション」によって救われたサヴィルロウ

 現実の世界においても、ジェントリフィケーションという視点を入れることで見えてくる風景がある。たとえば、クラシックな英国スーツの聖地、ロンドンのサヴィルロウである。パンデミックによってスーツが世界的に着られなくなり、地価の高いサヴィルロウにあるテーラーたちは存続の危機下にあったはずである。テーラーが散り散りになってもおかしくはなかった。しかし、この地の文化と、それが生む価値は、守られた。守ったのは、ノルウェーの1.1兆ドルの政府系ファンドである。このファンドが、400年近く前からサヴィルロウなどロンドン中心部の不動産を所有するポーレン・エステートの最大株主なのである。

 映画「キングスマン」(2014)で有名になった「ハンツマン」のオーナーも、2013年以降はベルギー人のヘッジファンドマネージャーである。老舗テーラーを斬新なスパイ映画の舞台にするという冒険ができたのも、オーナーがハーレー乗りのベルギー人だったゆえなのではないか。この映画の効果によって、英国スタイルのスーツのイメージがアップデートされた。

 つまり、極端な表現であることを承知でいえば、北欧やベルギー、そして中華系のマネーが、「クラシックな英国紳士スタイルの世界」なるものをジェントリフィケーションし続けている、という見方ができるのではないかということである。

 おっと、連想が飛躍しすぎてしまった。英国文化ファンにとってはそれほどインスピレーションに満ちていた映画ということである。

 土地持ち貴族はじめ、イギリスの各階級の人々に対する痛烈な目線、敏感すぎる人種差別に対する皮肉、「ベニスの商人」式リベンジなど、リッチー印のぎりぎりの笑いで、頭と心の弾力と抵抗力を鍛えてください。

監督・脚本・製作:ガイ・リッチー
撮影監督:アラン・スチュワート 美術デザイン:ジェンマ・ジャクソン 
衣装デザイン:マイケル・ウィルキンソン 
編集:ジェームズ・ハーバート、ポール・マクリス
音楽:クリストファー・ベンステッド

出演:マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム、ヘンリー・ゴールディング、ミシェル・ドッカリー、ジェレミー・ストロング、エディ・マーサン、コリン・ファレル、ヒュー・グラント
【2020年|英・米合作|カラー|スコープサイズ|DCP|5.1ch|113分|字幕翻訳:松崎広幸|原題:THE GENTLEMEN|PG12配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ】