服飾史家中野香織が、〝赤峰幸生現象〟を解説する。

文=中野香織

おしゃれの先生は77歳(前編)

1944年東京都生まれ。1960年代から様々なメンズブランドの企画を手がけ、1990年に自身の会社「インコントロ」を設立。現在はオーダースーツのブランド〝アカミネロイヤルライン〟を運営するほか、様々なアパレル企業のコンサルティングを手がけている。通称「マエストロ赤峰」。撮影はすべて山下英介

Z世代はなぜ赤峰幸生に憧れるのか?

 前編では、〝赤峰現象〟を紹介した。

 77歳の「ローテクで叱ってくれるじいさん」こと赤峰幸生さんが20代30代のスタイルアイコンとなりえているばかりか、生き方そのものの師匠として慕われている一風変わった現象である。

 弟子たちは、スーツスタイルを入り口に、「めだか荘」で師と時間をともにするなかで日本の衣食住の基本を学んでいる。この師弟関係が、一見、時代と逆行しているように見えて興味をひかれたので、お弟子さんのなかの3人に、何を思い、どのように学んでいるのかという話を伺い、それぞれを紹介した。

「めだか荘」の二階には、赤峰氏が半生をかけて築き上げたワードローブとヴィンテージアイテム、そして自慢の生地の数々が収められている。来客たちはここで〝時代に流されない〟装いの極意を学ぶのだ

 彼らの話から、自分でも予想外だったのだが、私は現代日本社会のいくつかの問題に思いが及んだ。さらに、これからの日本社会をどのように築いていくべきなのか、個人に何ができるのか、その方向性について考えざるをえなくなった。

 後編では、〝赤峰現象〟が起きている理由を挙げながら、そのあたりのことをじっくりと整理し、書いてみようと思う。

 

薄っぺらい「コミュニケーション術」ではなく、本物の心の交流

 赤峰現象が起きている理由として、まずなによりも、時代錯誤的なほどの赤峰さんの開放性を挙げたい。

 個のプライバシーが尊重され、スマートな効率の良さがもてはやされる時代にあって、生活をともにしつつ全人格的に教えを伝えていくという徒弟制度のようなやり方は、時代に逆行しているうえ、効率的ではない。

 しかし、自分の経験からも実感するのだが、弟子というものは、師が語らない部分、師が無意識レベルでおこなっている立ち居振る舞いや言葉遣いから多くを学び取っていることに、ずっと後になってから気づくものである。「師」と「弟子」は、「親」「子」に置き換えてもいいし、「兄」「弟」に置き換えてもいい。誰かと生活時間をともにすることが人格に与える影響は計り知れない。効率の論理の圏外にある。

赤峰氏が集めた英国製ヴィンテージ生地の山を前に、「よい生地とはどんなものか?」を学ぶお弟子さんたち。華やかだが繊細ですぐにクリースが抜けてしまうような生地を選ぶか? 一見地味だがハリコシがあって、着るほどに風合いを増すような生地を選ぶか? 生地選びは、生き方の価値観を選ぶことだ

 だからこそ、家族でもない他人に自分を長時間、無防備に開放することには、勇気と覚悟がともなう。赤峰さんはそんな覚悟をもって他人を信頼し、弟子の個性をまるごと受け入れ、自分もありのままで接するのだから、本物の、心の通う交流がそこに成り立っているのではないか。

 前編で紹介した高原健太郎さん(21)は、赤峰さんとの交流を次のように語る。

 「77歳なのだけれど、ふつうに会話が楽しい。赤峰さんは正直な反応をする。マインドが若く、興味の幅が広くて深い。完璧ではないところがあっても、恥じたりしないところがチャーミング」。

 場面ごとに異なる人格を演じることを推奨され、場を盛り上げるための「会話力」を磨けとせきたてる現代社会の薄っぺらい「コミュニケーション術」に、彼らはほとほと愛想がつきているのではないか。インターネットで手軽に情報が集まる時代だからこそ、人が人から学ぶことの厚みと豊かさに、彼らは手ごたえを感じているのだ。

筆者によるリモートインタビューの様子。特段勉強しているわけでもないが、最新アプリやデバイスを拒否することもなく、意外と器用に使いこなしている。赤峰さんの不変の哲学が若者たちに刺さった背景には、こうした柔軟さも確実に影響している

多様性よりもまずは、不変の「楷書」

 次に、価値の多様性という名のもとに何でもありになった時代にあって、不変の一つの価値基準を一徹に貫く、赤峰さんの優雅なる抵抗を挙げたい。

 弟子たちが共通して学んでいるのは、「日本人としてのきちんとしたあり方」というシンプルな、たった一つの価値基準である。

 赤峰さんはその価値基準についてこのように表現する。「クラシックな考え方。ファッションや暮らし方、生き方の『楷書』」と。

団塊ジュニア世代にとってはどこか懐かしさを感じさせる、「めだか荘」の応接室。無機質かつ画一的な住環境に慣れたZ世代にとっては、逆に新鮮なのかもしれない

 いまの20代は、好きなことはどんどんやっていいんだよと一見、自由な育てられ方をしてきた。だから彼らは屈託なく自由に生きているかといえば、実はそうでもない。社会に出ると、「楷書」を知らないことから生まれる混乱や根無し草的な不安が、かえって彼らを苦しめることになる。好きなことが何なのかもわからなくなる。自由な「崩し書き」に価値が生まれるのは、「楷書」をしっかり学んだあとなのだ。そんな厳然たる事実に彼ら自身が目覚めた。あいまいではない「楷書」を一から学ぶための師として、赤峰さんがぴたりと収まっている。

 価値観が多様になり、混迷する時代だからこそ、師が淡々と掲げ続けるクラシックな「楷書」が、彼らを導く松明として輝いて見えるのではあるまいか。

ファッション関連のみならず、歴史や映画、民俗などをテーマにした書籍が並ぶ赤峰さんの本棚