2020年1月、横浜で開催されたアイスショーにて演技を披露する村元哉中、髙橋大輔。写真=アフロ

 年を経るごとに、と言っていいほど、認知度と人気を高めてきたフィギュアスケート。ただ、脚光を浴びているのは男女それぞれのシングル種目であり、男女ひと組となって行うペアやアイスダンスはその陰に隠れてきた。

 練習する場所など競技環境に恵まれず、競技人口も極めて少なく、シングルのように華々しい成績を大会で残すことができずにきた。それらの要素が関連し合い、悪循環のようでもあった。

 日本スケート連盟も手をこまねいていたわけではない。2014年のソチオリンピックから、シングル、ペア、アイスダンスによる団体戦が行われることが決まったのを受け、2011年からアイスダンスの人材発掘を目的とした合宿を開始した。

 その後、毎年開催され、9回目を迎えた昨年5月の合宿では、7組が参加するまでになった。オリンピックでの団体戦採用もあって、少しずつ、関心を寄せる選手は増えてきた。

 

髙橋大輔、アイスダンスへの転向

 さらにアイスダンスの今後に希望となる出来事が起こった。

 昨年9月、髙橋大輔が2019年12月の全日本選手権を最後にシングルでの活動を終了し、村元哉中をパートナーとしてアイスダンスに転向すると発表したのである。村元はクリス・リードとともに平昌オリンピックに出場するなど、アイスダンスでキャリアを重ねてきたスケーターだ。

 髙橋は2010年のバンクーバーオリンピックで日本男子初の表彰台となる銅メダルを獲得したほか、同年の世界選手権でもやはり日本男子初の優勝を果たした。これらの成績にとどまらず、長きにわたり、牽引してきた1人である。

 まぎれもない第一人者がアイスダンスに挑戦すること、しかも村元というアイスダンスで実績を持つ選手と組むことのインパクトは大きく、その発表は広く報じられることになった。

 きっかけは、クリスとのカップルを解消していた村元からの働きかけだったという。

「髙橋選手がアイスダンスに興味があるということを聞いていて、直接聞いてみようと思い、今年(2019年)の1月に連絡をとりました」

 当初、髙橋はためらった。

「もっとうまい人と組んだほうがすばらしいカップルになる」

 オファーを受けたとき、そんな思いを抱いたと明かしている。

 その後、何度か話し合いの機会を持ったあと、髙橋が主演を務め、村元も出演する公演『氷艶』の稽古合宿中、トライアウトを実施した。

 そのとき、髙橋の心にある思いが芽生えた。

「一緒に滑らせてもらったとき、もっとこの世界を知ってみたいという気持ちが強くなりました」

 こうして髙橋は挑戦する決断に至った。もともと、「引退したらアイスダンスをやってみたい」というほど好きだった素地も影響しているだろう。

 何よりも、驚きとともに迎えられた決断の核にあったのは、取材のたびに何度か言葉にしていた「ずっとスケートがしていたい」という思いだったのではないか。

 スケートが好きで、ずっと滑っていたい、そのための新たな形がアイスダンスであったように思える。つまりは、髙橋本人にしてみれば、とても自然体の、ナチュラルな心情から生まれたものだったのではないか。

 そうであったとしても、周囲から見れば、フィギュアスケートの世界に新たな道を切り拓く意味合いも色濃く持つ、大きなチャレンジである。

 

2020年1月のアイスショーで初披露

 全日本選手権を終えたあと、2020年1月、髙橋が座長を務めるアイスショー「アイスエクスプロージョン」で、髙橋と村元は『美女と野獣』の曲を用いたプログラムを披露。髙橋はアイスダンサーとしての一歩を記した。

 その後、アメリカ・フロリダに拠点を移し、練習に励み、3月16日には、アイスダンサーとしては最初の、34歳の誕生日を迎えた。

 髙橋と村元の足取りには、高い関心が注がれている。それはアイスダンスにとって好材料となる。彼らを通じて、アイスダンスという種目への注目も高まっていくことになるからだ。

 長年、日本のアイスダンスにかかわる人々は、苦闘を重ねてきた。それでも、少しでも前進することを志し、努力してきた。そんな数々の先人がいる。

 その流れの上に、アイスダンスの地位をさらに押し上げ、競技環境を整え、取り組むスケーターを増やしていけるかどうか。日本のアイスダンスの歴史を変えられるか。起爆剤として髙橋、村元の存在がある。