大内 孝子のプロフィール

ライター/エディター。主に技術系の書籍を中心に企画・編集に携わる。2013年よりフリーランス。技術と人、社会との関わりについての視点から書籍企画、および執筆に携わる。「ビジネス+IT」「日経クロステック」「CodeZine」などに寄稿。著書に『ハッカソンの作り方』(BNN新社、2015)、編著に『オウンドメディアの作り方』(BNN新社、2017)、『エンジニアのためのデザイン思考入門』(翔泳社、2017)、企画編集として『+Gainer』(オーム社、2008)、『ユメみるiPhone』(ワークスコーポレーション、2009)、『iOS×BLE Core Bluetoothプログラミング』(ソシム、2015)、『融けるデザイン』(BNN新社、2015)、『消極性デザイン宣言』(BNN新社、2016)、『エンジニアのためのデザイン思考入門』(翔泳社、2017)、『DevRel エンジニアフレンドリーになるための3C』(翔泳社、2019)、『人工知能のための哲学塾』シリーズ(BNN新社、2016〜2020)などがある。

大内 孝子の最新記事
キーパーソン
AI活用が進めば、損害も病気への備えも全てのリスクを補償する保険も可能に
DXは保険業界の何を変えるのか?
大内 孝子
セゾン自動車火災保険DXほけんnoteSA・PO・PO金融DX金融
理論と知識
大切なことは、通常のビジネスに求められることと変わらない
フィル・ウィックハム氏が語る「ベンチャーキャピタルとのうまい付き合い方」
大内 孝子
シリコンバレーファンドSozo Venturesフィル・ウィックハムベンチャーキャピタルベンチャー
テクノロジー
契約業務を効率化するLegalForceに見る「AIと専門家」の協業の形
リーガルテックは何を可能にするのか
大内 孝子
リーガルテックDX法務DXLegalForceIT・通信・コンサルティング
理論と知識
寺川貴也氏が考える「DX時代のデータとの向き合い方」
われわれは「データの管理」をどうデザインしていくべきなのか?
大内 孝子
データ規制改正個人情報保護法中国サイバーセキュリティ法暗号法データセキュリティ法
ケーススタディ
デジタル活用が働き方改革、技能者の待遇改善、業界の人手不足解消につながる
大和ハウス工業が進めるDXで建設現場の管理はどこまで無人化できるのか
大内 孝子
大和ハウス工業建設DXBIM無人化建設
キーパーソン
業務管理ツールで経営や業務を変革し、より魅力的な法律事務所に
レアラがDXで目指す「泣き寝入りが少しずつ減っていく世界」
大内 孝子
LEALADX法律事務所