パリで10年にわたりテーラーを営み、現地で最高峰の地位に登りつめた天才、鈴木健次郎さん。コロナ禍によって顕在化したというその理想と現実を、服飾史家の中野香織が聞き出すシリーズ。中編は、鈴木さんが当事者となった大事件について告白する。

文=中野香織 撮影協力=ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

衝撃告白!フランスNo.1テーラー、鈴木健次郎の闘い(前編)

メゾンブランドの広告を手がけるアートディレクターや、ユダヤ人の大富豪……。確実なテクニックとセンス、そして流暢なフランス語を操る鈴木さんのもとには現地のエスタブリッシュな顧客が集い、彼らの口コミで「KENJIRO SUZUKI」の名前は広まっていった。撮影はすべて山下英介

ビスポーク業界におけるビジネスチャンスとは?

──鈴木さんはフランス以外では日本にも多くの顧客をおもちですが、この先、スーツを作るお客様を開拓するにあたり、どこの国に可能性を見ていらっしゃいますか?

鈴木 香港、シンガポール、フィリピンといったアジアの国々でしょうか。とはいえ、国というより、もっともいいお客様として想定しているのが、王族の方達ですね。パリやロンドンのテーラーは王族の顧客をもっているのが強みなのです。彼らは1着150万円くらいのスーツを、1年400着~500着くらい作ります。それでビジネスをまわしていくのが理想ですね。

──各地の邸宅にスーツを置くので、そのくらいの着数が必要になるわけですね。

鈴木 はい、ですから大きなビジネスになるのです。ヨルダンの王子は、某ブランドで1回の来店につき億単位の服の買い物をすると聞きます。王族とお店を結ぶパートナーもいて、そうした方は超高級ホテルの最上階に住んでいるなど、パリ独特の文化がありますね。シャンゼリゼ界隈を走っている黒塗りのリムジンが多いのは、だいたいそのような方達が乗っているからです。

  王族の方と繋がるには縁やタイミングが非常に重要で、一度、契約が決まれば、20年は続きます。ただ、夜中の2時に呼び出されて遊ぶということもしなくてはならないし、彼らから「ほしい」と指示されたらすぐに、どの国だろうと飛んで行かなくてはならないなど、たいへんな側面もあります。

 

パリのビスポーク業界の排他性

現在は、ネクタイやポケットチーフ、ソックスといった、パリのエスプリ溢れるアクセサリー類も手がけている鈴木さん。オンラインストアhttps://kssmparis.base.shopで購入できるので、ぜひチェックしてみよう

──縁とタイミングと根性と体力の世界ですね。そんなネットワーク力がものをいう世界で、19年もビジネスを続けている鈴木さんもなかなかすごいと思いますが。

鈴木 19年で「パリNO.1」とお客様が言ってくださるようになったのはありがたいことです。ただ、最初は苦労しました。パリでは基本、技術は見せないし教えないのです。技術の継承なんて、ない世界です。非常に排他的です。

──ええっ?! そんな世界でどうやって技術を身につけるのですか?

鈴木 目で見て「盗む」のです。試行錯誤して、失敗しながら覚えていきます。よく隠されましたよ、「見るな」っていうふうに。嘘を教えたりというのは、日常的でしたね。

──そんな過酷な環境でよくぞ耐えて技術を磨いていらっしゃいましたね。

 

パリで会社を経営するということ

スーツのストライプとソックスのストライプをリンクさせるという、洒脱なセンス

鈴木 当時は同僚からの差別もあり大変に感じましたが、今思うと、そうやって働いているときなんてラクでした。それより何十倍も難しいのは経営です。社員のサラリーを払い、生活を安定させなくてはなりません。現在、社員が4人で、私を入れて5人、外注が3人という中小企業なのですが、その経営が難しいのです。

──たとえばどのような困難がありますか?

鈴木 経営をする上で、日々の経費がとんでもないのです。社会保険料込みで、職人さんへ支払う給料は、日本の3.5倍ほど。しかも労働時間は週35時間と短い。税理士も高く、日本の6倍ほどかかります。所得税もとんでもなく高いので、少しよい給与をもらえば50%は持っていかれます。私が1着100万円のスーツを作っていても、利益はほとんど残らないのです。

 また、私には日本のお客様も多いので、当然輸出業務になります。フランスと日本両国の輸出入のルールも知らないといけませんし、会計ルールも微妙に異なります。その法律も知らないと、数年後にフランス税務署が監査に入ってきますし、それを知っている人が非常に少ないんですよね。教わりたくても機会がないので、独立してからずっと失敗しながら覚えていきました。

──LVMHの会長、ベルナール・アルノーも税金から逃れるようにフランスを脱出していきましたね。

 鈴木 高額所得者は所得税が75%にもなりますので、国を出るのも当然ですよね。しかも、労働者の権利が強いので、バンバン訴えられます。うちも今、従業員から訴えられているんですよ。弁護士を立てて労働裁判をしています。

 

衝撃の告白! フランスはアルチザンを守らない

──ええっ?! 今日は驚いてばかりですが、裁判ってどういうことですか?

鈴木 日本からやる気のある子を呼んで、労働ビザをとってあげたりアパートの面倒をみたり生活のこまごまとしたことの面倒をみたりと、ひとりの職人をゼロから育てあげています。初期費用にも100万くらいかけます。そこまで期待をして育て上げても、長くは一緒に働けない場合もあります。そうした狭間で常に悩みと儚さを抱えています。

テーラリング業界にはびこる根深いアジア人差別と戦い、跳ね返すことで、現在の地位を築いた鈴木さん。その視線には静かなる闘志がみなぎる

──数年間もゼロから育てたのに。ひどい裏切りに聞こえますが、どういったことでしょうか?

鈴木 職人として未熟なので、ゼロから育てていきますよね。できないので教えたことが、「どなられた」とか。「ほかの従業員の前で注意された」とか。職人の世界ではごく普通とされていることであったとしても、フランスではみんなの前で怒ってはいけないんです。怒るならひとり呼び出して陰で、というのが鉄則ですね。ただふたりきりで注意するとセクハラされた、と後々訴えてくる。それが男性と女性なら勿論ですが、男性ふたりであっても場合によっては問題になりますので、もうひとり証人を脇に置いとくべきだといいますね。

 ふたりで話すとしてもドアは必ず開けっぱなしにして話すなど、細かく注意しないといけないことがたくさんあります。労働者の権利が日本とは比較にならないほど強い国なので、ストも年中ありますよね。ここは労働組合の力が本当に強い国なので、フランスで経営をしていくのは本当に大変だと感じます。

──労働者がそこまで強いというのも、経営者にとっては厳しいですね。

鈴木 労働裁判はあるし、コロナで70%売り上げが落ちるしで、本当に厳しいです。また、フランスは週35時間労働で、日本に比べずっと労働時間が短い。そんな中でものづくりをしていくのは、とても困難です。

 従業員に残業をさせるとまた問題になるので、結果自分が代わりに働きます。オーナーが従業員の倍、働いているのですが、結果オーナーの方が、給料は少なくなる。従業員に残業させると社会保険料がとんでもなく高くなるこのシステムでは、ものづくりをする職種は絶対に回らない。特に私のように個人資本でやっている場合はなおさらですね。理不尽ですが、そういう仕組みです。当初はそんなのありえないと思っていましたが、まわりのアルチザン達も、多くの場合同じような状況に置かれています。それがフランス。

 国がアルチザンを助ける方向がないので、中小のテーラー、アルチザンも消えていっていますし、今後も消えていくでしょうね。非常に残念ですが、この国は社会党なので従業員の権利がとにかく強いのです。だからいまだに大手のフランス企業はストライキばっかりやっていますよね。他国にはあまりないことですよ。

(後編に続く)