文=松原孝臣 写真=積紫乃

八方尾根と八方池。写真:natsunokujira/イメージマート

・上村愛子が愛する白馬(1)上村愛子が語る、白馬村がスキーヤーに選ばれる理由
・上村愛子が愛する白馬(2)冬スキーだけじゃない、1年中楽しめる白馬村の魅力

「棚田百選」に選ばれた青鬼集落

 上村愛子は、フリースタイルスキー・モーグルの選手としてオリンピックに5大会連続で出場しそのすべてで入賞、ワールドカップ総合優勝、世界選手権金メダルなど世界のトップスキーヤーの1人であった。

 そして子供の頃から長い年月を白馬で暮らしてきた。

 上村は、山々が形作る魅力を、そのもとでの山々をより感じられる施設やさまざまなアクティビティが生まれていることなど、白馬が魅力を高めてきた裏にある人々の努力を語った。

 さらに、語る。

「(カナダの世界的スキーリゾート)ウイスラーなど外国のスキー場も、夏に遊ぶものを上手に作っていますが、例えばウイスラーは、ビレッジはウイスラーとブラッコムそれぞれの麓にあります。白馬は村だけど、意外と横に広いんですね。スキー場もあちこちにあって、それぞれのところでいろいろなことをやっている。だから楽しみ方もさまざま出てくるんだと思います」

「横の広がり」を感じさせる場所がある。「青鬼集落」だ。青鬼と書いて、「あおに」と読む。白馬駅からだと、車で15分強だろうか。川を越え、細道を進んだ先の集落だ。

江戸時代〜明治時代に建てられた建築物が現存する青鬼集落。

「昔からの民家と田んぼがあって、そこからは白馬の山も麓も見渡せてとてもきれいです」

 約200枚の大規模な棚田は日本の「棚田百選」に選定されているほか、集落、棚田、用水路、山林などを含めたエリアは重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

棚田からも北アルプスが見える。

「横に広くて、スキー場も1つじゃない。それぞれの場所に楽しみ方がある。やりたいことがものすごくたくさんある。海外の人も1週間くらい滞在するんです」

 村の中心をなす通り沿いには名だたるアウトドアショップが店を連ね、ピザ、カフェなども充実の一途だ。

「おやきをやいてくれるおばちゃんと交流したりもできるし、東京と同じようなサービスを受けられるところもできてきている。どちらの目線でも探せるし、どちらも楽しめるから、リピーターも多いのでしょうね」

 

山があっての白馬村

 サービスの充実も含め、白馬村は変化してきた。でも、そこには、崩れない土台がある。

 上村は言う。

「景観を壊すような作りはしていなくて、どれも上手になじんでいるんです。それにものすごく大きなスキーリゾートだけど、大きな資本が開発すると言うこともこれまであまりありませんでした。外資系の有名なホテルもできたりしていますが、大きく作るわけでもなく、景観も損なわれていないですね」

 景観条例もあるのだという。

「景観にそぐわないものは作らない、6階以上の建物は建ててはいけない、そして色も決まりがあります」

 折しも訪れた白馬駅では、電柱を地中に埋める工事が進められていた。

「(リゾート地として)違うやり方もあるかもしれないけれど、昔から住んでいる、お仕事されている方が白馬村にはたくさんいます。だからこそ、昔からのいいところを残していこう、守っていこうということだと思いますし、守ってくれているのはありがたいことですね」

 白馬が受け継いできた魅力を損なわないようにしよう、それが確固とした土台としてある。その根本にあるのは、やはり、山だ。

「山があっての白馬村です。その麓にいるからこういう生き方ができるんだ、というのをみんなが感じながら生きているんじゃないかと思います。雰囲気も殺伐としていないしお客さんの取り合いもないし、のどかなところであるのも、山への感謝があるからでしょうね」

 山があってこそ、自らの仕事、暮らしが成り立っていることを知るからこそ、景観への自覚が生まれ、妙な張り合いが生まれず、穏やかさが失われない。

 たくさんの人々が訪れ、しかも何度も通う人も少なくないのは、白馬の、広い意味でのそうした空気があればこそだろう。

 今は白馬を離れていても、きっと胸の奥には核として、白馬がある。

 そう感じさせる語り口とともに、さまざまな白馬の魅力を語った上村に、いちばん好きな場所を尋ねた。

「八方尾根と、八方池ですね。八方池はゴンドラで降りて、そこから40分くらい歩けば行けるところです。八方池にたどり着いて池と白馬三山を見ないと、私の1年はない、というくらいです(笑)。必ず1年に一度、行っています」

 これまで何度も白馬に行った経験がある。それでも上村の語る白馬は新鮮だった。また行ってみたい、ここも訪ねてみたい、こんな過ごし方をしてみたいと思わずにいられなかった。

 上村の言葉に、その1つが新たに加わった。

上村愛子(うえむら・あいこ)
フリースタイルスキー・モーグルの選手として冬季オリンピックに5大会連続で出場しすべての大会で入賞。世界選手権優勝、ワールドカップ年間総合優勝を達成。2014年4月に現役引退。次代を担う選手の育成や普及に努めるほか多方面で活躍。平昌冬季オリンピックではキャスターとしてさまざまな競技を現場から伝え、高い評価を得た。