師走の都内、首都高速を走らせた、その乗り味をお届けする。師走の東京はLEDに彩られ、今夜8時になれば、サンタがうちにやってくる気配に覆われて始めていた。LEDに彩られた年末年始の東京でドラマが起きるとしたら、レヴァンテのようなムードあふれるクルマのなかで、であるに違いない。

文=今尾直樹 写真=山下亮一

東京駅前を走るレヴァンテ トロフェオの2019年モデル。レース由来のテクノロジーによって、全長5020×全幅1985×全高1790mm、車重2340kgの巨体がコンパクト・カーのように俊敏に反応する。

何事かを予感させる通奏低音

 むおおおおおおおッという、地の底から湧いてくるような力強い胎動を感じる。マセラティ史上初のSUV、レヴァンテの旗艦、トロフェオで最も印象的なのは、ゆったりフツーに走っているときにも常に聞こえてくる、何事かを予感させる、あの通奏低音だ。

 それはフロントに搭載する3.8リッターV8ツインターボから発せられている。最高出力590ps、最大トルク734Nmという膨大なエネルギーを生み出すこのフェラーリ特製エンジンが乗員、ドライバーのみならず、後席に座る人にだって、それが何時だろうと、そうねだいたいね、胸騒ぎの腰つき、と言いたくなるようなムードをつくり出す。いわんや、より近しい人が座る助手席においてをや。

フェラーリがマセラティのために製造している3799ccV8ツインターボ。最高出力590ps/6250rpm、最大トルク734Nm/2500rpmを発揮する。

 もちろん、これらは筆者の妄想であって、そのようなエネルギーを感じない方もいらっしゃるだろう。であるにしても、少なくとも筆者をして、そのような妄想を喚起させる力を、このレヴァンテ トロフェオは持っている。そして、その妄想喚起力こそ、レヴァンテ トロフェオの魅力である、と筆者は申し上げたい。

 ひとたびアクセルを踏み込めば、むおおおおおおっという通奏低音は、音階も音量も一変し、情熱的な咆哮に変わる。8本の猛烈なピストン運動とともに虎のごとく飛びかかり、いや~ん、いやよいやよも好きのうち、というようなことはいけないことですけれど、ともにもかくにもフロント・スクリーンに映る景色をグワッと手繰り寄せる。人間の欲望を手に入れる手段としてマシンがここにある。

東海道新幹線の最高速度を上回る

 カタログの最高速は304km/h(!)。東海道新幹線の最高速度285km/hを大幅に上回る。法律と環境さえ許せば、大人5人を乗せて、東京から大阪まで、のぞみスーパー・エクスプレスより早く到着できる(可能性がある)。0-100km/h加速、すなわち停止状態から時速100kmに至るまで、3.9秒しかかからない。「4つ数えろ」とボギーがいっている間に、日本のたいていの高速道路の最高速度に到達する。車重2340kgという巨体にして。

 空気抵抗は速度の2乗に比例するので、速度が上がれば上がるほど、空気は壁となる。レヴァンテのように車高の高いクルマならなおさら。トロフェオは、その巨大な空気の壁をぶち破るパワーを持っており、そのパワーが、繰り返しになるけれど、私をして妄想に駆り立てる。

 もう少し順序立てて語ってみよう。マセラティ初のSUV、レヴァンテの旗艦であるトロフェオを走らせたのは、マセラティが創立105周年を迎えた2019年12月の某日夜のことである。師走の東京はLEDに彩られ、今夜8時になれば、サンタクロースがうちにやってくる気配に覆われて始めていた。

前265/40R、後ろ295/35の、ともに21インチという巨大なタイヤが、相対的に巨象を仔象に見せている。

 マセラティ ジャパンが2019年モデルとして導入したレヴァンテ トロフェオの広報車は、ネロ・リベッレ(Nero Ribelle:反乱の黒)と名付けられたボディ色に、単にロッソと呼ばれる内装色というステキな組み合わせである。聖職者の服の色である黒、に対する、軍人の服の色である赤。いや、サンタクロースの色である。夜の帳に包まれたその赤は黒みがかかってボルドーにも見える。それはあなた、ワインの色だ。

 マセラティは風にちなむ名称を、1963年発表のミストラル以来、モデル名に使っている。レヴァンテとは、地中海西部に吹きつける東風だという。東風というと、菅原道真の句「東風(こち)吹かばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」を思い出す人もいらっしゃるかもしれない。道真の句はいささか怨念込みのようにも思えるけれど、東風は春を告げる、その意味ではたいへんゲンのいい名前だといえる。

堺さんはなぜマセラティが好きなのか

 タレントの堺正章さんはマセラティの熱烈なファンとして知られている。その堺さんに、なぜマセラティが好きなのか、訊ねたことがある。マセラティ関連の洋書が数冊置かれたご自宅の居間で、そこには堺さんの愛するクラシック・マセラティが2台置かれていたけれど、堺さんはこんな内容のことを語った。

「マセラティ兄弟の悲劇的な物語にひかれるのですよ」

 男ばかり7人兄弟の20世紀初めの物語である。長男のカルロは、17歳にして単気筒のモーターサイクルをつくり、レースに出場した。後には木製シャシーにエンジンを載せたクルマを製作したりした。当時の最先端マシンである自動車に魅せられた彼は、兄弟な多大な影響を与えつつ、肺の病気で30歳になるのを待たずに早逝する。

 カルロの推薦によってイソッタ・フラスキーニで働き始めたアルフィエーリを中心に、エットーレとエルネストの3人でワークショップを設立したのが1914年のことで、これが正式なマセラティのスタートとなる。

 第1次大戦後、アルフィエーリは1926年にマセラティ・ティーポ26というレーシング・カーをつくりあげると、自らドライブしてタルガ・フローリオに参戦し、クラス優勝を遂げる。レーシング・ドライバー、エンジニアとしてあまたの勝利を挙げるけれど、レース中のクラッシュで負ったケガが原因となって、1932年、44歳で亡くなる。

 幸いにしてエルネストがエンジニア、ドライバーとして跡を引き継ぎ、マセラティの名前を轟かせる。彼ら兄弟は同時代のエンツォ・フェラーリほどマネージング能力に長けておらず、1937年、実業家のアドルフォ・オルシに会社を売却することになる。しかも10年間は残るという条件で。契約が終わった1947年、兄弟はマセラティを去ることになる。

兄弟のひとりがデザインしたマセラティのシンボル、三叉の銛(トライデント)。創業地ボローニャの広場にあるネプチューン像に由来する。trofeoとはトロフィーの意。

スムーズな駆動系に惚れ惚れ

「どんなに悔しかったでしょうねぇ……」と堺さんは遠い目をしたのだった、と筆者は記憶する。もしもカルロやアルフィエーリがもうちょっと長生きしていたら、マセラティはまた別の道を歩んでいたかもしれない。

 レヴァンテ トロフェオのスムーズな駆動系に惚れ惚れとしながら、筆者は夜の首都高速をしばし走らせた。エア・サスペンションと可変ダンピングがもたらす乗り心地は、21インチというビッグ・サイズの薄っぺらいタイヤにもかかわらず快適で、じつにゆったり贅沢な時間が過ごせる。全長5メートル、ホイールベース3メートルちょっと、という巨体だけれど、その身のこなしはエレガントかつスポーティで、おとなのムードが漂う。4WDのシステムは普段は100パーセント後輪駆動で、状況に合わせて前後トルク配分を50:50まで自動的、かつ瞬時に切り替える。大パワー、大トルクを支える、鍛えられし足腰を持っている。

赤と黒のインテリアは、ドライバーを現代のジュリアン・ソレル気分にしてくれる、かもしれない。要所に用いられたカーボンのパネル(オプション)と、シルバーに輝くペダルは高性能車の証。

 スポーツ・モード、コルサ・モードにすれば、エンジンのサウンドはいっそう大きくなり、乗り心地は俄然硬くなるけれど、それはそういう気分のときに切り替えればよいことである。私はV8ツインターボの奏でる通奏低音に胸騒ぎをおぼえながら、同時にきわめてリラックスした気分で、師走の慌ただしさとは別世界にしばし、どっぷりと浸る。

 LEDに彩られた師走の東京でドラマが起きるとしたら、レヴァンテのようなムードあふれるクルマのなかで、であるに違いない。