井元康一郎のクルマ進化論
1〜 32 33 34 最新

今年話題を集めた「デリカミニ」、800km試乗で実感した“三菱らしさ”とは

最小投資で最大効果を得た三菱自動車、見つめ直した「ブランド価値の本質」
2023.12.27(水) 井元 康一郎 follow フォロー help フォロー中
経営研究開発自動車
シェア9
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
三菱デリカミニAWD(群馬・八木沢ダムにて/筆者撮影)
デリカミニの原型となったeKクロス スペース(筆者撮影)
三菱デリカミニAWDのフロントフェイス。原型であるeKクロス スペースからガラリと装いを変えた(筆者撮影)
フロントバンパーに「DELICA」のロゴ(筆者撮影)
リアガーニッシュにも「DELICA」のロゴ。本家デリカD:5のイメージをほうふつとさせる(筆者撮影)
ミニバンでありながら高いオフロード走破力を持つことで知られる本家デリカD:5。デリカミニはその悠然とした乗り味の一部が移植されたようなフィールだった(筆者撮影)
タイヤは165/50R15から165/60R15サイズに大径化された。車高1cmアップの効果を生む(筆者撮影)
内装はeKクロス スペースと同じ。ダッシュボードはアウトドア使用時の清掃の利便性重視でソフトパッドでなくハードプラスチックに(筆者撮影)
リアドア開口部長が軽スーパーハイトワゴン中最大の65cmもある利便性は原型と変わらず(筆者撮影)
荷物を積まない場合は広大な後席(筆者撮影)
後席のスライド幅は大きく、前に寄せると4名乗車+大荷物の積載も可能だ(筆者撮影)
群馬・照葉峽はオフロードのサブルートがあちこちに(筆者撮影)
照葉峽から標高1620mの坤六峠に向けてぐんぐん高度を上げる。敏捷性は薄れたが路面への粘り付き感覚はむしろ高まった(筆者撮影)
未舗装路、奥利根水源の森道路を行く。グラベル(砂利道)程度なら柔軟性が高めらたサスペンションを生かして悠々と乗り越えられる(筆者撮影)
ヘッドランプの形状が目ヂカラ重視に変化。先行車や対向車を避けて照射するアクティブハイビームが仕込まれている(筆者撮影)
八木沢ダムに向かう電源開発道路にて(筆者撮影)
デリカミニのフェイスをデフォルメしたキャラクター「デリ丸」と記念撮影。このキャラクターデザインも秀逸だった(筆者撮影)

産業の写真

「人類絶滅の恐れ」、オープンAI現・元従業員が警鐘
50%を割った首都圏タワーマンションの契約率、もはやタワマンというだけで評価される時代ではなくなった!
レンタルからリユース事業への転換で成長、ゲオホールディングス遠藤結蔵社長が語る「先見力」の源泉
初の5年中計となったしずおかFG・柴田久社長が語る、地域の将来を左右する「地域共創戦略」の重み
職務型人事制度の導入、人材委員会の立ち上げ、社内公募の刷新・・・三菱マテリアルが挑むHRXの全貌
グローバル化とローカル化の両立を深化、「世界No.1」ブランド目指すファーストリテイリングの最新戦略
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。