「Scienc-ome」が照らす未来
1 2 3 4 5

オートファジー活性化で寿命を延ばす!専門研究所が誕生、細胞内のゴミをリサイクルする仕組みで老化抑制へ

「Scienc-ome」が照らす未来(5)オートファジーの研究、奈良県立医科大・中村修平氏
2024.5.10(金) 竹林 篤実 follow フォロー help フォロー中
ベンチャー・スタートアップ医療生物学健康学術
シェア36
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
老化抑制に向けて様々な技術の研究が進められている=イメージ(写真:Leszek Glasner/Shutterstock)
中村 修平教授・センター長(なかむら しゅうへい)
1979年、大分県生まれ。2003年、北海道大学理学部生物科学科卒業、2008年、同大学院博士課程修了、博士(理学)。2008年より基礎生物学研究所、2011年よりMax Planck Institute for Biology of Ageingにて研究員を務めた後、2016年より大阪大学大学院医学系研究科の吉森教授研究室でオートファジーと老化の研究に携わる。2023年8月より奈良県立医科大学医学部医学科生化学講座教授、2024年4月よりオートファジー・抗老化研究センター長を兼任。
出所:中村教授提供
拡大画像表示
出所:中村教授提供
拡大画像表示
出所:中村教授提供
拡大画像表示
オートファジー・抗老化研究センター設立記念のキックオフシンポジウム(2024年4月16日開催)では、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典教授(写真上)や吉森保教授(写真下)らが講演を行った。

ビジネスの写真

米独禁当局、NVIDIAやMSなどAI企業を調査
「国宝級」企業の上場計画、基本運賃89ペンスの地下鉄がイデオロギー的な対立の主戦場になるワケ
ベストセラー書籍『ユニクロ』が紐解く、地方商店街の紳士服店だったユニクロが強烈に成長し続ける理由
「戦後初の赤字」から急回復、住友電工の再建を支えた“教育”の大きな力
6000億円を投じて米保険会社株20%を取得、人口減少時代に日本生命が切り開く活路
マスコミからの厳しい批判を鎮静化、「国産ロケットの父」糸川英夫氏が生んだ“突拍子もない発想”

本日の新着

一覧
再選狙う小池都知事がぶち上げていた「満員電車ゼロ」「多摩格差ゼロ」の鉄道整備計画は本当に実現できるのか?
小川 裕夫
“蓮舫新知事”なら神宮外苑再開発は中止? 東京都知事選の注目争点から考える、リーダーが下す「事業中断」の評価
“失敗”か“英断”か?都知事選チャレンジャーの公約「立ち止まる」の意義
吉永 明弘
日経平均712円安の発火点、金融市場を揺さぶった「フレンチショック」はなぜ起きた?
新内閣への不安からフランスはトリプル安、EUの混迷リスクがグローバルな株安に
土田 陽介
身を捨てて部下をかばった、鹿児島県警の本田警視長
「詰め腹」を切って正義を守った「国家老」の魂
伊東 乾
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。