三浦一族の生き残りをかけ、長老がとった驚きの行動とは

鎌倉殿への道(8)8月26日 三浦義明、衣笠城にて壮烈な討死
2021.8.26(木) 西股 総生 follow フォロー help フォロー中
生活・趣味歴史
シェア264
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
神奈川県横須賀市にある衣笠城跡。撮影/西股 総生(以下同)
埼玉県の菅谷城跡に立つ畠山重忠の像。のちに頼朝に従って多くの合戦で活躍し、鎌倉武士の典型と言われる。
衣笠城跡の城内。戦国時代以降の城と違って、自然地形を利用した防戦陣地のようなものだが、騎馬武者主体の戦いでは効果的な「城」となった。
衣笠城跡の東木戸推定地付近。画面奥のあたりで三浦義澄や佐原義連が防備を固めており、写真のあたりで激戦となったはずだ。
同じく西木戸推定地付近。城の裏手に通じる山道に対し、画面右手の高台から金田頼次・和田義盛らが矢を射かけて防戦したのだろう。
満昌寺にある三浦義明墓所伝承地。衣笠城の東に位置する満昌寺は、三浦義明・義澄らの屋敷だったと言われている。

ライフ・教養の写真

映画『フェラーリ』は自動車のプロを納得させられるのか?
【定番名品シリーズ】どんなファッションにも合う黒縁メガネは?日本人顔も考慮したトムフォード、ayameなど5選
次のパンデミックか?米国で鳥インフルH5N1が急拡大、乳牛→ヒトに感染も…本当に危ないのは研究所から「新種」流出
50%を割った首都圏タワーマンションの契約率、もはやタワマンというだけで評価される時代ではなくなった!
482億円相当が不正流出したDMMビットコインは氷山の一角、なぜ暗号資産取引所で流出事件が相次ぐのか?
飛んで火に“炒る”夏の虫?長野県産カイコ入りポップコーン発売に見る、信州に昆虫食文化が根付いている理由
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。