『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅
1〜 47 48 49 最新

「はやぶさ2」の快挙に思う、幕末に訪米した侍の志

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第48回)
2020.12.8(火) 柳原 三佳 follow フォロー help フォロー中
歴史
シェア0
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
*イメージ写真
1860年11月、遣米使節団を江戸まで送り届けたアメリカのナイアガラ号。使節らを下船させるためのはしけ船も描かれている(東善寺ウェブサイトより)
左から副使・村垣範正、正使・新見正興、目付(監察)・小栗忠順(1860年)
東京タワーからほど近い増上寺前に立つ万延元年遣米使節団の記念碑(筆者撮影)
「万延元年遣米使節の記念碑」除幕式の際の一枚。村垣範正のひ孫・村垣正澄さんと娘の万里子さん(宮原万里子さん提供)
英語訳説明板の完成を見て感慨にふける村垣正澄さん(宮原さん提供)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

文楽の「大名跡」が57年ぶりに復活、4月大阪、5月東京で開催される十一代豊竹若太夫の襲名披露の愉しみ方
世界遺産、非公開寺院、安藤忠雄の初期作品も KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2024はユニークヴェニューが見どころ
幸せってなんだ?時代のムードに流されて「幸せへの道筋」を見失わないために
日銀が買ったETF、いまやプライム市場全株式の時価総額の7% 世界に例のない中央銀行の株価下支えスキームの出口は
長屋王の子孫・春枝王に見る、平安時代における皇親の政治的役割と没落
玄人好みの名城の代表格・福井城がたどった数奇な運命、徳川家康の次男・結城秀家を配したタダモノではない城

本日の新着

一覧
長屋王の子孫・春枝王に見る、平安時代における皇親の政治的役割と没落
平安貴族列伝(49)
倉本 一宏
幸せってなんだ?時代のムードに流されて「幸せへの道筋」を見失わないために
朝比奈 一郎
iPhone、世界市場で首位陥落 1~3月9.6%減
世界スマホ世界出荷7.8%増、3四半期連続増加
小久保 重信
日銀が買ったETF、いまやプライム市場全株式の時価総額の7% 世界に例のない中央銀行の株価下支えスキームの出口は
【やさしく解説】ETFとは
フロントラインプレス
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。