『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅
1〜 47 48 49 最新

「はやぶさ2」の快挙に思う、幕末に訪米した侍の志

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第48回)
2020.12.8(火) 柳原 三佳 follow フォロー help フォロー中
歴史
シェア0
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
*イメージ写真
1860年11月、遣米使節団を江戸まで送り届けたアメリカのナイアガラ号。使節らを下船させるためのはしけ船も描かれている(東善寺ウェブサイトより)
左から副使・村垣範正、正使・新見正興、目付(監察)・小栗忠順(1860年)
東京タワーからほど近い増上寺前に立つ万延元年遣米使節団の記念碑(筆者撮影)
「万延元年遣米使節の記念碑」除幕式の際の一枚。村垣範正のひ孫・村垣正澄さんと娘の万里子さん(宮原万里子さん提供)
英語訳説明板の完成を見て感慨にふける村垣正澄さん(宮原さん提供)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

これは名品か?それとも迷品か?サントリー美術館の知られざる秘蔵コレクションが勢揃い
首都圏から秩父を走るレストラン列車・西武鉄道「52席の至福」の魅力、客席はまさに豪華レストランそのもの
【波乱の日経平均】徹底解説!暴落相場の乗り越え方 S&Pなどインデックスファンドはいま、売却・買い換えるべきか
データ上も進む世界経済の分断と減速、IMFの世界経済見通しで再び注目されるスローバリゼーション
Z世代に教える、入試「現国」頻出東大教授の「役に立てる国語」
文楽の「大名跡」が57年ぶりに復活、4月大阪、5月東京で開催される十一代豊竹若太夫の襲名披露の愉しみ方

本日の新着

一覧
【波乱の日経平均】徹底解説!暴落相場の乗り越え方 S&Pなどインデックスファンドはいま、売却・買い換えるべきか
頼藤 太希
プーチンが仕掛けた落とし穴にはまり、晩節を汚したドイツのシュレーダー元首相
「自分たちは親友だ」と考えていたのはシュレーダー氏だけ
新潮社フォーサイト
実は仲がよかったイランとイスラエル、領土の直接攻撃にまで発展した憎悪の連鎖はなぜ始まったか?
山中 俊之
【衆院補選と漂流する自民党】唯一の与野党対決になる島根1区と、うっかり解散に踏み切りそうな俺たちの岸田文雄
【山本一郎の“炎上商法”】滅びゆく地方と混乱する政治の雑感
山本 一郎
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。