文=松原孝臣 写真=積紫乃

2020年11月、NHK杯のエキシビジョンで演技する村元哉中・髙橋大輔組。写真:西村尚己/アフロスポーツ

コロナ禍での試合開催「みんなに感謝」

 新型コロナウイルス感染拡大は、社会全体に大きな影響を及ぼした。フィギュアスケートもまた、その影響を免れなかった。緊急事態宣言が発出すると、各地のリンクは閉鎖され、氷上への練習はストップした。

 そんな中、宮本は、

「どこにも行かず、早朝に走って体力づくりをして、次に振り付けがあるときに動けるようにしていました」

 宣言が解除され、振り付けに出向くようになった。

「できるだけ新幹線や飛行機に乗らず、自分の車で動いていました」

 そして「例えば」、と続ける。

「東京から岡山に行ったときは、休憩を挟んで10時間くらいかかりました。けっこうしんどかったです。いちばんは『この距離を帰るのか』と思ったときがしんどかった」

 楽しい話をするような笑顔を見せた後、こう語る。

「みんなが『うつさない、うつらない』を実行していたじゃないですか。選手のためでもあるし、もちろん自分のためでもありますから」

 リモートでの振り付けによって行なうケースも見られたが、宮本はしなかった。

「一度チャレンジしてみたけど、やっぱり細かなニュアンスを伝えるのが難しかったですね」

 だから移動がしんどくても、現場に赴くことにこだわった。

 コロナ禍にあっても、シーズンは開幕し、大会が始まった。宮本は選手に何度も伝えた。

「『知らないところでいろいろな人が携わって、力を注いで試合ができているのだから感謝しようね』と言ってきました」

 大会での光景が心に残っているという。

「観客の方々が声を出さず、拍手だけにおさえていたじゃないですか。フィギュアスケートを観る人は、ほんとうにマナーがいいなと思いました。それでもあれだけ、盛り上がったのも素晴らしいなと思います」

 

日本アイスダンス界に起こった大きな波

 今シーズン、ということで言えば、宮本が選手として打ち込んだアイスダンスでの変化も見逃すわけにはいかない。大きな波が起きた、と言ってもよいかもしれない。

 波を起こしたのは昨シーズンの全日本選手権をもってシングルから退き、村元哉中をパートナーとしてアイスダンスに転向した髙橋大輔だ。

 宮本は、髙橋が銅メダルを獲得したバンクーバーオリンピックのショートプログラム『eye』の振り付けをしたのをはじめ、深いかかわりを持つ。しかも宮本が打ち込んできたアイスダンスへの転向だ。強い関心を持って見守っていた。

2010年バンクーバーオリンピック、SP『eye』を演技する髙橋大輔。写真=アフロ

 デビュー戦となったNHK杯を観たときには、「ほっとしました」。

「とても緊張していたのが公式練習で分かりました。たしかにミスもあったけれど、ちゃんと最後まで滑りきったし、ほんとうによかったなと思います」

 エキシビションのプログラムは宮本が振り付けを担ったが、その過程でハプニングもあった。

「実は同じ曲は曲でも、使いたいと言っていたのと、僕が振り付けの前に聴いていたのと、ボーカルが違っていたんです」

 宮本が聴いていたのは男性一人のボーカルだった。だが実際は、デュエットのバージョンだった。

「振り付けのとき、あれ? と思って。『もしかしてデュエットの曲?』と聞いたら、『そうです』、と。めちゃめちゃ焦りました(笑)」

 食い違いが生じたのは、「送られてきた曲のファイルが開けなかった」ことによる。タイトルは分かっていたから、宮本は自分で調べた。そして男性ボーカルバージョンに行きついたことから起きたハプニングだった。

「ただ、デュエットの方が実は合っていたので、結果的にはよかったんですけど・・・」

 そのプログラム、『You Are The Reason』はNHK杯後のエキシビションで披露され、大きな拍手を浴びた。

 閑話休題。

 解説者の立場でNHK杯を見守った宮本は、大会を振り返りつつ、こう語る。

「(村元/髙橋は)1年であれだけうまくなったのは素晴しかったし、もちろん優勝した小松原さんたち(美里・尊)も素晴らしい演技でした。簡単には勝たせないぞという気迫も見えたし、2位の深瀬さん(理香子/張睿中」もよかった」

 そこに期待がふくらむ。

「切磋琢磨していってほしいし、たくさんカップルが出て競い合うのはアイスダンスの発展にとって、必要なことです。今のアイスダンサーたちが先輩として演技を見せることで子供たちが憧れて、もちろん大人の人にももっとアイスダンスに携わってほしいですし、楽しみですね」

 自身、アイスダンスで格闘したからこそ、長年、日本では注目されにくかった状況が変化することを楽しみにする。

 そこに夢もふくらむ。

「アイスダンスの振り付けも、もっとやりたいですね。教えてみたいという気持ちもあります」

 振付師・宮本賢二は、自身の、フィギュアスケートの未来を思い描いていた。

 

宮本賢二(みやもと・けんじ)振付師。シングルに取り組んだあとアイスダンスに転向、全日本選手権優勝、世界選手権出場など数々の活躍ののち、振付師として活動。羽生結弦、荒川静香、安藤美姫、髙橋大輔などトップスケーターの振り付けを行なう。