IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.11.26

大辻雄介の「教育のIoT思議」 第4回:AIのある教室
AI・IoT時代の教育現場

BY

Adobe先生誕生!

 最近ニュースでも話題になりましたが、Adobe社がAI(人工知能)を発表しました。その名も「Adobe先生」です(正式な表記はAdobe Sensei)。

 我々、日本人は「なんでも教えてくれる」という畏敬の念を込めて「Googleで検索すること」を「Google先生に聞いてみる」と言いますが、今後は「Adobe先生に聞いてみる」という現象が発生するかもしれません。

 ところでAdobe Senseiとは、どのようなAIなのでしょうか。AdobeといえばPhotoshopなど画像編集ソフトウェアが有名ですが、その編集に活用されるようです。

 例えば1枚の写真の編集をする際、膨大なクラウド上のほかの画像データを突き合わせ適度な明るさに自動調整してくれたり、あるいはそこに乗せる文字の適切なフォントを選んでくれたりもするそうです。

 Adobe社は「クリエイターが本当にやるべきことに集中するため、ほかのタスクをSenseiが引き取る」と言っていますが、逆に言えば「今までその程度(明るさ調整・フォント選び)しかしてこなかったクリエイター」は不要になります。

 今後は「適当にイイ感じ」にまとめるだけでなく、創造性がある(今までないものをクリエイトする)「真のクリエイター」として高次のスキルが求められることになりそうです。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】
IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集
スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売
Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ
「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで
徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング
ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント
IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も
「IoT」はなぜガジェットを面白くしていないのか(佐野正弘)

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。