阪田 史郎のプロフィール

1972年に早稲田大学理工学部電子通信学科、1974年に同大学院理工学研究科修士課程を修了後、NECに入社。以来、同社中央研究所にてコンピュータネットワーク、インターネット、マルチメディア通信、モバイル通信などに関する研究に従事。1991年に工学博士。1996からNECパーソナルC&C研究所所長やインターネットシステム研究所所長を歴任。2004年から千葉大学大学院教授として、ユビキタスネットワーク、IoT/M2M、LPWA、次世代移動通信システム(5G=IMT-2020)などに関する研究に従事。2014年より同大学グランドフェロー。IEEE Fellow、電子情報通信学会フェロー、情報処理学会フェローなどの要職も務める。情報ネットワーク関連の著書が多く、単著と共著を合わせて45冊。最近の単著に「M2M無線ネットワーク技術と設計法」(科学情報出版、2013年)、「無線通信の本」(電気書院、2015年)、共著に「情報通信ネットワーク」(オーム社、2015年)、「IoTビジネス・機器開発における潜在ニーズと取り組み事例集」(技術情報協会、2016年)、「IoT小型アンテナハンドブック」(共立出版、2017年)などがある。http://sakatashiro.com/