「社会が必要とするものを全てやる」セコム創業者の飯田亮が前のめりで描き続けた企業のグランドデザイン

警備保障から巨大企業グループに拡大したセコム「成長の軌跡」(後編)
2024.5.30(木) 関 慎夫 follow フォロー help フォロー中
経営人物サービス業
シェア9
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
飯田亮氏(撮影:横溝敦)
巨人元監督・長嶋茂雄さんがイメージキャラクターを務めるセコムの看板(東京ドーム、写真:時事通信)
写真:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

ビジネスの写真

米独禁当局、NVIDIAやMSなどAI企業を調査
「国宝級」企業の上場計画、基本運賃89ペンスの地下鉄がイデオロギー的な対立の主戦場になるワケ
ベストセラー書籍『ユニクロ』が紐解く、地方商店街の紳士服店だったユニクロが強烈に成長し続ける理由
「戦後初の赤字」から急回復、住友電工の再建を支えた“教育”の大きな力
6000億円を投じて米保険会社株20%を取得、人口減少時代に日本生命が切り開く活路
マスコミからの厳しい批判を鎮静化、「国産ロケットの父」糸川英夫氏が生んだ“突拍子もない発想”

本日の新着

一覧
何もしないのに勝ち切りそうな俺たちの女帝・小池百合子と、都知事選は落ちてもいい蓮舫の残念な現状
【山本一郎ズアイ】鳥獣戯画化する東京都知事選と困り果てる東京都民、もうちょっとマシな戦いにはならなかったのか
山本 一郎
米独禁当局、NVIDIAやMSなどAI企業を調査
司法省とFTCが連携、狙いは優位性拡大の阻止
小久保 重信
英国総選挙に立候補したAIスティーブとは何者?政治の世界に入り始めたAIと、問われる政治家の存在意義
【生成AI事件簿】米国ではチャットボットが市長選に出馬、既に始まっている政治におけるAI活用の是非
小林 啓倫
再選狙う小池都知事がぶち上げていた「満員電車ゼロ」「多摩格差ゼロ」の鉄道整備計画は本当に実現できるのか?
小川 裕夫
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。