1〜 82 83 84 最新

ワグネルが「完全制圧」宣言、バフムートは本当にロシアの手に落ちたのか

ウ軍関係者は語る「48時間後にどんなニュースが飛び込んでくるか見ものだ」
2023.5.22(月) 木村 正人 follow フォロー help フォロー中
ロシアアジア・オセアニア
シェア38
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
5月22日、バフムート近くの前線のシェルターにて微笑むウクライナの兵士(写真:AP/アフロ)
テレグラムに投稿した動画で「バフムート掌握」を宣言するプリゴジン(筆者がスクリーンショット)
ユーリーと妻のイネス(筆者撮影)
雪に覆われたバフムート(ユーリー提供)
ドローンを抱えるユーリー(本人提供)
部隊の仲間たちと(左端がユーリー、本人提供)
前線で散ったクリブバスの熱烈サポーター(筆者撮影)
ナショナリスト団体のTシャツ姿のクウジャ(左、筆者撮影)
バフムートで暗視スコープを装着する兵士たち(左から2人目がクウジャ、本人提供)
激戦地アブディフカで戦うトマショフ(筆者撮影)
クラブの熱烈サポーターがバンでバフムートやアブディフカに届けている支援物資(サポーター提供)

国際の写真

トランプの副大統領候補者が判明、注目は中西部出身の新進気鋭バンス
中国の台湾侵攻を「地獄絵図」化する米インド太平洋軍の非対称戦略
実話をもとに13歳少女への性暴力描く台湾小説、著者が遺した「あなたは悪くない」という悲痛なメッセージ
頼清徳総統の対日認識は良好も政権内部に日台関係を支える人材は乏しい 李登輝世代に頼ってきた日本にも努力が必要
「日本が北朝鮮と水面下で接触」の一報、「汚物風船」に悩まされる韓国にとっては進展してほしくない悪夢
ハマス指導者シンワル氏の素顔とは…猛烈な報復は想定済み、「イスラエル消滅」のために大勢の子供の犠牲もいとわず
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。