3年間、中国本土との移動が制限された香港が受けた打撃

2020年以来の再訪で目にした香港の変貌ぶり
2023.2.11(土) 加藤 勇樹 follow フォロー help フォロー中
中国
シェア72
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
香港のヴィクトリアハーバーから香港島を望む夜景(筆者撮影)
香港GDPの前年比の変化(Hong Kong GDP Growth Rate 1962-2023より筆者作成)
かつて観光客でごった返していた九龍半島の広東道では、小売店が閉店し、空いたままになっているテナントビルがあちこちにあった(筆者撮影)
暗号資産を組み込んだ金融商品なども、香港では中国本土に先駆けて販売が始まっている(香港の地下鉄にて筆者撮影)

国際の写真

「美魔女」韓国大統領夫人が4カ月ぶりに表舞台、「タマネギ男」と疑惑の美男美女対決か 与党大敗で政権崩壊の断末魔
Z世代について楽観する理由、今の若者の将来はそんなに暗くない
長屋王の子孫・春枝王に見る、平安時代における皇親の政治的役割と没落
Appleのアプリ削除がもたらす「代償の増大」
今度は亜細亜大の中国人教授が中国で“失踪”、中国共産党の権力抗争に巻き込まれた可能性も
「打倒プーチン」の狼煙に?獄中死したナワリヌイ氏の「遺言」が今秋出版、妻ユリア氏を軸に反体制派は集結できるか

本日の新着

一覧
憧れて入社した会社の「耐え切れない」働き方、有望な若手記者はなぜ新聞社を去ったのか?
「生きていてよかったと思えるような時間を増やしたい」小山美砂さんの場合
韓光勲
【最終回】小池百合子「カイロ大卒」の真偽
卒業証明書、卒業証書から浮かび上がる疑問符【JBpressセレクション】
黒木 亮
幸せってなんだ?時代のムードに流されて「幸せへの道筋」を見失わないために
朝比奈 一郎
Z世代について楽観する理由、今の若者の将来はそんなに暗くない
The Economist
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。