アナログ有線「第3放送」が北朝鮮の体制維持に果たしている役割

金正恩が国内限定のデジタル有線放送の整備に躍起になる理由
2021.9.17(金) 金 興光 follow フォロー help フォロー中
韓国・北朝鮮政治時事・社会
シェア6
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
北朝鮮で重視される有線放送。体制の本音はこちらで流れる(写真:AP/アフロ)
7月4日、北朝鮮の逓信部(情報通信部門)における党、内閣、軍の関連幹部を招集した現場で、金正日総書記が直々に語ったことを記録した極秘資料。タイトルには「敬愛する最高指導者 金正恩同士の主体」とある
左の女性が持っているのが、新型のデジタル有線放送用受信機
北朝鮮の地上波、朝鮮中央放送。こちらは国外でも視聴できるが、有線放送になるとそうはいかない(写真:Photoshot/アフロ)

国際の写真

イラン大統領選は「出来レース」か、改革派ペゼシュキアン氏の勝利はハメネイ師の思惑通り?選挙操作の可能性も
中国が仕掛ける「法律戦争」、日本人はいつ逮捕されてもおかしくない!超法規的「法治国家」の世界標準化という謀略
なぜ民主党議員はバイデン降ろしに走るのか、背に腹は代えられない事情とは
マクロンの大失敗、「EUの大黒柱」フランスの政治漂流は国際政治に深刻な不安をもたらす
実行危険度急上昇、ここにきてプーチンが盛んに発し始めた核使用のサイン
静かに始まったウクライナ軍大攻勢、ロシアの防空レーダー基地を次々破壊
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。